中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、観光開発コンサルタントしているソリス麻子のブログです。

20180610_073859DAY2  朝4時に目が覚める

宿はつぶれてたけど、ごはんはやってるGOYA GONAで朝ご飯(6US)♪

快適だった空からの入国の昨日とはちがって、今日はバス移動日。
Googleで7時間って出てくるけど、ピックアップはいつも遅れるのが
グアテマラタイムとか、途中で運転手さんがマックに寄って、休憩で遅くなるとかネットで聞いてたので大丈夫。20180610_082210
バスって言っても、来たのはやっぱりワゴン。お客さん12人びっしり座る真ん中席で、こんな感じの旅スタート。
20180610_082323
8:15頃 ピックアップ、1回目はお客さんが川を渡ったところでトイレ行きたいと言い出し、停車。2回目は11:00頃、運転手と助手がガススタンドで定食風のごはん食べるのに、停車。3回目は、モールで下ろされて、運転手が家に着替えを取りに行くからって40分休憩、みんなブーブー言ってたけど、私はまた銀行行って100ドル両替したり、結局1時間くらい車は動かず、ランキンに着いたのが17時くらい。もはや9時間バスの旅。

そして、本日の最終目的地、セムックチャンペイの宿までは、トラックの後ろにでしか乗っていけないというので・・・・・
きゅうりとかビールとか荷物と一緒にトラックの荷台に乗せられる。
20180610_171708
そしてあれよ、あれよという間に地元の皆さんが乗ってくる。
地元の人は、トラック荷台乗車無料。
これは、とてもいいシステムだと思う。なぜなら、通常こんな僻地に観光地や
宿泊地を作ると、通常はホテルのオーナーやビジネスをする人だけが利益を得て、シャトルバスだと観光客だけが乗せられて、地域とビジネスをする人が確執になるのだけど、この地域はバスもタクシーもなくて、インディオ(マヤの原住民)は、そんなお金もないので、こんなふうに朝と夕方に観光客が通るトラックに同乗できると新しいインフラとして、地元の人も恩恵を受けている。
20180610_180420

日本人としては、お客様はこっちなのに、おいおいスタッフは中なの〜!って思いますが、いいとしましょう。
すごいガタガタ道ですが、山をいくつか越えて素晴らしい景色が楽しめました。
 




そして、18:30頃ようやく到着したのが、このユースホステル(1泊$24)。
El portal De Champey セムックチャンペイまで徒歩圏で、谷底近くの河原に木製のカバーニャが並んでいて、とてもいい感じ。電気が使えるのは、18時–23時まで。Wi-Fiはなし。たまには、インターネットと離れて電気の有り難さと自然を満喫。

20180610_181736リバービューのみんなで集えるレストラン





20180610_182230






シンプルイズベストの宿。
20180610_183225









次の日のセムクチャンペイのツアーを申し込んで、20時になる前に寝ました。
いよいよ次の日は、絶景セムックチャンペイ!

guatemala
こないだ21歳の世界旅行中の青年から、
「ベリーズだけじゃ来ないと思います」とはっきり言われて、
そうだよな、日本からわざわざベリーズのためだけに来ないよね、
一緒に周りの国の魅力も伝えて、一緒に見れるっていうんじゃないと・・・

そこでベリーズから5泊6日で、ちょっくらグアテマラとホンジュラスに行ってきました。本当は春休みに行きたかったけど、行けなくなって、夏休みに行こうかと思ったけど、なんだか予定が入っちゃいそうで。よし、それなら、
時間は作るもの、来週行こう!みたいなノリで出かけました。IMG_20180609_202730
まずは、ブルーホールの次に絶景として、前から注目していたのは、
グアテマラのセムックチャンペイ。

これもまたベリーズから教師を退職して、世界の回っていたおじさまに
教えてもらって、私も「井の中の蛙、大海を知らず」じゃダメだ、と思って
私はバックパッカーじゃないので、国内は飛行機を利用してさくっと飛んで、
外国は、旅行情緒を楽しむためにバスで、帰りは使ったことのないルート、
南のプエルドバリオスからフェリーで帰って来る予定にしました。

20180609_164212 1 16:40 ベリーズ国際空港ーフローレス17:15到着
35分のフライトでした。
うちは、国際空港から5分の距離にあり、ベリーズの航空会社トロピック航空は
国際線でも1時間前のチェックインで間に合う(国内線は10分前でOK)ので、
15:00まで日本語のクラスを終えてから、飛びました。空きれー。

バスだと4時間で25ドルくらいらしいですが、私は200ドルくらい払っても
時間短縮と体力温存できること考えたら、価値あると思いました。
12人乗りのセスナで、私は一番後ろの席だったけど、ゆったり足伸ばせるし、
持ち込みのスーツケース開いたり閉じたりできるくらいビジネスクラスないけど、ゆったりのフライトでした。

人数少ないので、入国手続きも速攻突破。
USドル→ケツアール両替したいんですけど・・・って聞いたら、
空港の外に銀行あるよ、でもそこは税金払うだけだから、隣のモールに行ったらいいよ、って言われて、思いがけずモール見学。
こんなん何もなさそうなところなのに、マックがあるのに反応してしまう。

銀行のお姉さんがめちゃくちゃ可愛くて、両替終わった時に20180609_174114「写真とっていいですか」って聞いたら、「いいわよ。」って
めっちゃ目線パチり。
ありがとうございますー。

旅行の時は、安全上あまり目立たないように、女の気配を消して移動してるんですが、グアテマラのお姉さんのバッチリメイクとか見ると、あんなチークとかやってみたい〜、と刺激になるのでした。

肝心の両替なんですが、「シンコ(5)だけ」と言われて、
300ドル両替したかったのに、100ドル(20USx5枚)しか両替できなかった。
もし私が100US札もってたら、100USx5枚両替できたのかな・・・?
両替の限度が100ドルまでなんてあるのかな?

でも、100US = 715 ケツアールになったので、なんだかお金持ちになった気がして、そのあとのタクシー(10ケツアール)、ホテル(300ケツアール)、夕食(117ケツアール)、屋台のイヤリング(25ケツアール)、調子にのってボートでフローレス観光(50ケツアール)散在。

フローレスの宿は、決めてなかったので、日が暮れる前にとっとと荷物を置きたかった。ネットで適当に調べた宿GOYA GONA(1泊10ドルくらい)がもう閉まっててなくなってたので、ちょっと歩く間もなく、良さそうなところに決定。
次の日のバスも予約できたし、一安心で就寝。
久しぶりに湖畔に沈む夕日を見ながら、旅行情緒を楽しむ。

グアテマラのトュクトュクタクシー20180609_174239
20180610_07282620180609_191037
DSCN0947













湖畔の宿(Casa Aenelia)









湖畔を見ながらポークbbqの夕食









ボートから見たフローレス島
20180609_175934

メキシコにお住まいの日本人の方へ

まずは、隣国メキシコに住んでいる方にベリーズを訪れていただきたいと
メキシコシティからの便を調べてみました。

メキシコシティ〜ベリーズ国境の町チェトマルまでは、一日3本LCCの
インタージェットさんが飛んでいて、US$100前後!(たったの2時間)

それなら、チェトマルまでお迎えにあがります!キャンペーンを実施します♪
チェトマル(空港でもホテルでも♪)ーベリーズシティまで専用車1台$175(3時間で10人まで乗ることが可能)もしくは、
チェトマルーサンペドロまでボート利用の場合は$50 /一人当たり


   2泊3日ビーチリゾートモデルプラン ※2名でお越しの場合
    (メキシコ国境より陸路で入国&出国パターン)

★★★キーカーカーエコノミープラン 計$730($365/一人当たり)
含まれるもの:
チェトマルよりベリーズシティまでの専用車(3時間)
ボートにてキーカーカーへ 水上バス(1時間)往復
ホテルレインボーのスタンダードダブル(2泊)
キーカーカー〜ベリーズシティのボートとチェトマルまでの専用車

利用できる追加オプション:アルトルンハ遺跡(陸路移動途中)$65/一人当たり
ブルーホール遊覧飛行(ベリーズシティより1時間)$276/一人当たり
ホルチャン海洋公園シュノーケリング(キーカーカーより終日)$84/一人当たり
キーカーカー保護区シュノーケリング(キーカーカーより半日)$56/一人当たり
ボート降り場からホテルまでゴルフカートの送迎をつける場合は、$5ドルx2回になります。


     (メキシコ国境より陸路で入国&ボートで出国パターン)
★★★★サンペドロデラックスプラン $814($404/一人当たり)
含まれるもの:チェトマルよりベリーズシティまでの専用車(3時間)
ベリーズシティ〜サンペドロ、サンペドロ〜ベリーズ国際空港までの
マヤアイランド航空(15分)
ホテルカリビアンビラのデラックスダブル(2泊)
サンペドロ〜チェトマルまでの水上ボート

利用できるオプション)アルトルンハ遺跡(陸路移動途中)$65/一人当たり
ブルーホール遊覧飛行(ベリーズシティより1時間)$276/一人当たり
ホルチャン海洋公園シュノーケリング(サンペドロより半日)$84/一人当たり
ブルーホール・ライトハウス環礁シュノーケリング(サンペドロより終日)$283/一人当たり
※但しこちらのツアーは、最低催行人数が8−12名ですので催行されないこともございます。
飛行場からホテルまでは、タクシーでになります。現地にて直接お支払いください。



★★★★★ベリーズシティ贅沢プラン $1617($808/一人当たり)
含まれるもの:チェトマルよりベリーズシティまでの専用車(3時間)
ラマダベリーズシティプリンセス(2泊)(プール、朝食付)
ラマダからマナティウオッチングと無人島ゴフキーへのチャーターボート
ブルーホール遊覧飛行2名様
ベリーズシティから〜チェトマルまでの専用車
※弊社英語ガイドが、一緒に国境を越えますので安心です。

1日3便 メキシコシティ発 6:15、18:25 21:40 があります!

朝一だと8:10にはチェトマルに着くので、ベリーズシティに昼前に来て、島へ行くのも大丈夫ですが、
18時以降の便だとチェトマルに1泊してもらい、翌朝チェトマルに迎えに行くことになると思います。

帰りはチェトマル発6:00、9:00、20:50発の3便です。


カンクンーベリーズ間は、トロピック航空が毎日1便あり、お手配も可能です。
詳しくはご相談ください。

近隣国にお住まいの駐在員の皆様、ご家族、お友達でのご訪問、お待ちしております♪♪♪

Screen Shot 2018-05-19 at 8.18.56 PM
一応社長なのに、いつもホームステイでは、ラグジュアリー向けのお客様におすすめができないと、ちょっと奮発して、ずっと行ってみたかったスリーピングジャイアントロッジに行ってきました。

とても素敵なところで、自分の最近の振返りと新たな決意ができたので、ここに留めておく。

2016年の終わりに結婚していた人とお別れをする決意をして、新しい土地に引っ越し、子供をひきとって、前の会社はたたんで新しい会社に登記し直した。
当たり前だけど、前は、自分の会社でもパートナーと共同名義だったので、資産をいつ使われるかわからない不安と驚きと落胆と心休まらない生活だった。

でも1人で立て直し独立してみて、自分で自分の時間やお金を守れるって素晴らしい。
自分で色々やりすぎて忙しくしてしまう感はあるけれど、やりたいことをやって、今はスタッフへの責任はあるけれど、信頼できるスタッフなので、失敗しても私が償うから「どーんといっておいで」って言えてしまう、責任あるけど、うまくいくと人に幸せが倍々にできるって素晴らしい。

14年前、いつかカリブ海のマザーテレサになるのだと決めてきたけど、そんな一気には何者にもなれないものだ、と自分に言い聞かせつつ、目の前の子供と仕事の両立で精一杯。今年は、昔からお世話になったベビーシッターさんの癌が見つかって、放射線治療のためのグアテマラへの旅費を援助することができた。

昔から道ばたの物ごいに小銭をせびられても、「あなたはこの1ドルに対して、何ができるの?」と無償の愛をあげられず、費用対効果を求めていた私が、返してもらうことを考えず、あげられるようになったのは、ベリーズのおかげだ。

昔から自分には甘く、他人には厳しかった。
「何もできない人に、ただお金をあげても何の役にも立たない」と思っていたけど、ここでは、自分が1ドルしか持っていなくても、隣に欲しい人がいたら、あげてしまう。
助け合いのサークルーができているから、皆、飢えない。

またマヤの人は、収入が1日1ドル以下で暮らしているというけれど、それは決して貧困ではなく、自分たちで自給自足で野菜も、肉も、卵も、薬も森の中にあるし、その術を知っているから、本当に豊かだ。家族と過ごす時間も長い。

お金などなくても、美味しいものを見つけ、自然と共に過ごし、体も健康で行きながられるのだから、うらやましい。それを発展国の人が、お金のまるで成功の軸、経済観点で支援するとか、教えましょうか、というのは本当に腹立たしい。

仕事上、私も観光コンサルタントという肩書きで、現地に入らなくてはいけない時もあるのだが、まず「いさせてくれてありがとう」である。私が外国人でベリーズに来て、生活をさせてもらえるのは、ベリーズが私を受け入れてくれたからである。

もちろん、だまされたことや、色々なものをとられたことや、刺されたことや、ろう屋に閉じ込められた(笑) 波瀾万丈はあるけれど、それでもベリーズを出たいと思わないのは、それ以上に毎日の生活が平穏で豊かで自由だからだと思う。
その上で、自分のできることをして、誰かのために役立って、感謝してもらえれば私も幸せ、そんな日常のくりかえしである。

40代に入る前に、ベリーズで土地を買うことができました。
本当は、自宅を建てようと思ったのだけど、自分のために使っちゃったらジェネレート(波動)しない、と思って、まずは私の得意な音楽とアートとスポーツの文化センターにすることにします。

来月は日本食レストランの改装オープン、夏にこの文化センターオープンを目指して、観光スローシーズンも乗り切りたいと思います。

30代最後の年、改めてノートの投稿でした。

IMG_8111ベリーズ在住14年の「なぜそこ日本人」のゆみちゃんと
「ベリーズ日本人妻」(出戻り。笑)の私と
新米花嫁修業中のみかちゃんで、ベリーズ料理教室に行ってきました。

え、ベリーズの料理は食料調達から?

場所は、ベリーズシティから北へ45分のクロックドツリー村。
ベリーズで2番目にクレオール人種が移住した地域で、周りは湖畔に囲まれており、鳥のパラダイスで現在は、カシューやマンゴの季節です。

Screen Shot 2018-05-19 at 8.15.28 PMScreen Shot 2018-05-19 at 8.15.54 PMまずはお宅訪問。
いきなり豚です。子豚ちゃんも生まれたばかりらしく、はじめてピンクの子豚たち見ました。お母さんお乳が20個以上あって、他にもカモの赤ちゃん、鶏の赤ちゃん、牛とねこと食べる動物とペットと共存しているのが不思議でした。

こちらお料理講師のアバさん。手際が良すぎる。Screen Shot 2018-05-19 at 8.16.57 PM事前に前菜から1つ、メインコースを1つ、デザートを1つ選べるようになっていて、材料を事前に用意してくれているので、流れるように料理がすすむ。

私たちが選んだのは。
ブレットプディング。(パンプディングと日本では呼ばれている新しいデザートです。)
セレ(ココナッツミルクと穀類と魚のスープ)
チップアンドディップ(よく見ますがチーズを

まずはデザートから。
材料:カーネーションミルク、ネッスルミルク、コンデンスミルク
   バニラエッセンス、卵2つ、ラム酒、1/2バター パン1パック

.僖鵑鬚舛ってバラバラにして上記にひたしておく
▲ーブンで焼いたら、できあがり

あとからもらったレシピには、ナツメグとかシナモンとかレーズンを加えるとよいーとも書いてありました。

そして、メインのセレ。
ちょうど、おじさんが庭に魚を売りにくる。即席魚市。
材料:テレピア、コンプリートシーズニング、ガーリックバター、コンソメ、ココ、プランティン、ピーマン、タマネギ、ココナッツパウダー3袋、スケリアン、タイム、塩、こしょう、ココナッツオイル

ゝを綺麗にして、塩とこしょうで味付けしておく
鍋にココナッツオイルを入れ、タマネギとガーリックをいためる
5をココナッツオイルで揚げ、一度型くずれしないようにとっておく
ぅ灰灰淵奪張潺襯と水を注ぎ、野菜を煮込む。
ツ缶N舛鯑れ、スープがとろりとするまで煮込む。
Ε廛薀鵐謄ンは別途茹で、スープがとろりとしたら、4分の1のスープをフードプロセッサーに入れて、プランティンを加える。
IMG_8153
IMG_8159
IMG_8158

IMG_8164IMG_8166


これは普段全く料理をしない美佳ちゃんのために、ベリーズの料理に興味をもってもらおうと企画したのですが、改めてクロックドツリーの鳥の近さを知ることになり、初めて自分でハチドリが撮影できてうれしかったです。クロックドツリーの紹介とこの料理教室を考案した青年海外協力隊のよしくんのサイトはこちら。http://visitcrookedtree.com/

クロックドツリーは、これからがマンゴーシーズンです。バードウォッチングに料理教室にマンゴー狩りが楽しめるクロックツリー、ぜひおでかけくださいv

DSCN0710

DSCN0544先日、子供達の遠足で「サンアントニオ村の女性グループ」で
やっている陶芸体験とマヤ文化体験に行ってきました。

私の子供が通っているベリーズシティの小学校は、白い子も黒い子も中華系の子もみな混じっているインターナショナルスクールのような学校なのですが、
この国の一番昔からの民族であるマヤ(ユカテックマヤ)は、今ある文化を残そうと現代の子供達にも伝統的な料理の作り方や泥から作ったお皿の作り方を教えています。
DSCN0580 ベリーズには、3種類のマヤ族がいます。
•モパン •ケチ •ユカテックマヤ です。以前にモパンのマヤ文化は、南のプンタゴルタやジャガー保護区のマヤセンターでご紹介しましたが、こちら西のグアテマラ国境に近いのは、ユカテックマヤです。

まずは、ユカテックマヤの民族衣装を来た2人がお出迎え。

そこで料理をするグループと陶芸をするグループに別れます。
小麦粉からトルティーヤを作ったことはありますが、トウモロコシの実から乾燥させて、石で実をすしつぶして粉にし、そこから水と石灰をまぜて、コーントルティーヤを作るのを見るのは初めてです。


これにはベリーズの子供たちも興味深そうに見ています。

DSCN0568
DSCN0574
DSCN0597DSCN0611
 マヤのお母さんが直火の鉄板の上で、焼くトルティーヤを素手でひっくり返していて、
マジックショーを見ているような子供達。




































そしていよいよ陶芸体験です。
20180427_124741
20180427_125408

陶芸は、改めて大人でやってみたいと思いました。ベリーズで採れる土からの素焼き魅力的です。

いろんな子がいるベリーズの学校遠足でした♪
DSCN0583

website collage

人気のラインナップが催行決定です!

4月29日(日)10:00〜11:00 ブルーホール遊覧飛行
       9:00〜15:00 マナティウオッチング&ゴフキーシュノーケルツアー

5月1日(火)10:00〜11:00 ブルーホール遊覧飛行&市内観光
       7:30〜16:00 ラマナイ遺跡&リバークルーズ

5月2日(水)9:00〜10:00 ブルーホール遊覧飛行
       6:30〜16:00 ATM洞窟探検ツアー

5月3日(木)10:00〜11:00 ブルーホール遊覧飛行
       9:00〜15:00 マナティウオッチング&ゴフキーシュノーケルツアー

それ以外でも2名以上で催行できるツアーやブルーホール海のボートツアーは、これからダイビング・シュノーケリング催行が出てきますので、どうぞお問い合わせ下さい。今週末は、土日でも事務作業やっております。駆け込み参加大歓迎です。よろしくおねがいいたします!      

DSCN0521

2019年よりベリーズに日本大使館が新設されることになりました。
今まで在ジャマイカ大使館がバハマとベリーズを管轄しておりましたが、ベリーズの首都ベルモパンに大使館ができれば、観光客の皆さんにも一層、安心ですよね。

衆議院議員 外務大臣 岡本三成政務官です。テレビ等で見た事のある方も多いかも知れません。

お食事会を一緒にさせていただいたのですが、「政務官とは何か」、という外務大臣の補佐のお話から大変わかりやすく、どんなコメントも即座にポジティプに返され、腰が低くて人を本当に大事にされている印象をお見受けいたしました。斜め前に座られても気づくくらい、手相も運命線が突き抜けている方で、やはり特別な方というのは、突き抜けているのですね。

金融の世界から外務省に入られた理由について、
岡本政務官は、911のテロの時にニューヨークで2機目が突っ込んでいくのを見ていたそうです。
それで、何か人の為にできるなら、と思ったそうです。私は、911のテロのあと、安くなったニューヨークへの航空券を使って、跡地を見に行きました。私も岡本政務官の足下にも及びませんが、何かお金の価値よりも何か世界でできることがあるのではないか、と思ったことを覚えています。

私のブログも事前にみてくださったそうで、
「アサコさんのブログを読めば、ベリーズのことがわかる」ともおっしゃってくださり、勉強熱心で芸能ニュースも交えて、楽しく盛り立ててくださいました。

私ももっと勉強していけば良かった〜、と優秀な方に出会うと自分の至らなさも
痛感します。改めて統計を調べたので、皆さんにも参考にしてもらえたら幸いです。

•ベリーズの失業率 2017年 9.7% 参考:ベリーズ統計学サイトhttp://sib.org.bz/ 
389,975人口中 14歳以下 130,125人
就業者 149,994人 失業者 16,056人
数字だけ見ると、結構失業率低いと思うのですが、体感率では3〜4人に一人???

•ベリーズの物価
アメリカの平均27.72%安だそうです。家賃は、アメリカよりも73.49%安という結果が出ました。
参考:https://www.numbeo.com/cost-of-living/country_result.jsp?country=Belize

•ベリーズ人の寿命 
男性 67.5 女性 73.1 平均70.1 参考:http://www.worldlifeexpectancy.com/belize-life-expectancy 日本は、男性80.14 女性87.14才だそうですから、まだまだ医療は改善が望めますね。

57 AM


(左前)外務省中南米局中米カリブ課長の中野さん、(中央)ジャマイカ・バハマ•ベリーズ大使、そしていつもお世話になっている篠崎さん(右前)、営業後のタカキッチン前にて、スタッフの皆様と共に。
 

これからも、ベリーズをよろしくおねがいします!

4B04CE73-533A-4878-A4D6-DE9E5792D8B6今年は、ハセン君、王立音楽検定グレード8受かりました!!!
毎回サプライズをくれる私の特待生徒、ハセン君ですが、試験当日ピアノの楽譜を忘れてくる、というハプニングがあり、私は顔面蒼白でしたが、当日完璧な暗譜でハイスコアで合格してきました。

私は音大出でもないのに、ただピアノを小さい頃から辞めなかったという理由だけで、このベリーズで青年海外協力隊を終えて、まだ日本の観光客もいなくてどうしようという時に、この英国の音楽大学入試に匹敵するグレード8を受けて、
何とか受かって、近所でピアノを教える事を始めたら、首相のお嬢さんにピアノを教えに行ったり、この辺りのお金持ちのお子さんたちに教えてるうちに保護者からの信頼を得て、観光業の方で、ホテルがとれなくてどうしようーとか、急に日本からの取材が来てどうしようーという時に、ピアノの生徒の親御さんが、ホテル持ってるとか、島持ってるとかで、
「あら、麻子先生の頼みならいいわよ」という具合に、おそらくベリーズの長者番付のベストテンに入る人たちに助けられてきました。

かといって、コネのためにピアノを教えているわけではなく、
観光業がメインになって、自分の会社が軌道に乗ってからも、生徒を教える事はやめられず、毎週土曜日は、生徒にピアノを教えています。

1番の理由は、生徒の成長を見るのが楽しいから。

よく思うのは、ピアノを弾くというのは、箸を使うのと一緒で
慣れちゃえば誰でもできること。私がいないとこの子たちは、こんな表現方法を知らないんだ、と思うとやっぱりやりがいを感じます。

2番目は、単純にピアノの音楽を聞いている時間が幸せだから。

小さい子の楽譜ににらめっこから、音がポロンポロンとなって、音楽になっていく過程は面白いし、少し弾ける子になると次々と私が練習しなくちゃいけないような曲をいっぱい聞かせてくれる、その時間だけでも幸せ。

3番目は、物事を乗り越える力を養えるから。

音楽って真似ることから始まる。譜読みをして、昔に書かれたものが
音としてよみがえらせることができる。自己流だと伸びない。

私は技術的なものは何もないけれど、生徒のメンターとして、
ゴールをセットして、そこに向かってやり続ける、乗り越えられるようにパワーを与えるっていうのは得意。

スポーツでも何でも小さい時は才能でできるものが、大きくなれば
努力でしか続けられない。習慣を作ることの大切さと継続することを楽しく変化をもってやれば誰だってできる。でも、才能のある子には、感動させられちゃう。

今年は、バイオリンの生徒の伴奏で自分もグレード8の曲を弾くという荒波で、毎日音楽プレッシャーの荒波。昔は、伴奏をするとクネクネ動いちゃう自分が嫌だったんだけど、今は楽しんで、魅せるのもお披露目の楽しみだと。先週末は、ベリーズ総督の前で演奏してきました!

今は、80歳でピアノをお披露目される皇后、美智子さまのようになりたいです!

追伸)平日でも演奏会前になると、就業時間中にみんなが働いている中、音出して練習してごめんなさい〜。

amber

29995436_1648720575208937_1796905543_o

イースターの週末にベリーズ内でスペイン語&異文化体験ができるサルティネーハでホームステイして来ました。いいなー、こういう家族の雰囲気。

DSCN0385ベリーズシティから北の町コロザルまでは2時間半、そしてコロザルからオフロードで3つの村を越え、カリブ海にたどり着くのが、サルティネーハです。

昔から、マヤの中でも唯一のフィッシングコミュニティで、男性は2週間くらい帆船で、ロブスターやコンク貝を取りに行き、女性は家を守る、というのが常でした。しかし、最近では女性の自立が見直され、このホームステイグループのように、受け入れ先のイベットさんは女性団体を組織し、各家庭で外国人を受け入れたり、ハンモックや刺繍品などの民芸品を売れるようにしたり、漁業だけに頼らない生き方が見直されてきました。

大人になって、美味しいものとか高級ホテルとかに消費するより、私はDSCN0357人にお金を使いたいし、質素な生活に身をおくことで普段の生活のありがたみもわかるし、何かを学びたい、という欲求はいつになっても変わらないのです。

私もベリーズ生活が14年めになり、ベリーズシティの生活が普通になってしまったのと、日本語と英語は、不自由なく話せるレベルになったので、次はスペイン語を学んでみようと選んだのがここでした。

スペイン語が学べる以外にも、いいことが沢山あったのですが、DSCN0393

•治安がものすごくいい
夜でも普通にブラブラできるくらい、治安がいい

•安い

シティでリンゴ1個 1.25Bz(約70円)なのに、なんでりんご飴(生リンゴにかかってるやつ)1bz(約50円)なんだ?




30074491_1648719628542365_608147207_o

•ごはんがすべて手作り
外にある炭火のかまど料理や、お父さんが穫って来てくれたコンク貝でセビーチェつくったり、お母さんの手作りのトルティーヤ、粉から練って揚げたてを食べたり、幸せが広がります。頂いたあとは、お皿は私が洗います。こういうのを習慣にしていることで、私がホームパーティをしても、友達が洗ってくれたり、いつもギブ&テイクの関係が続きます。


DSCN0398
•時が止まってる
周り見回しても、スマホとかいじってる人がいない。皆家族で止まってる。

イースターのサルティネーハには、レガッタと呼ばれるボートレース、カヌーレースがあるのですが、全然時間になっても始まらない。でも誰も咎めない。
ビジネスで流れ続ける毎日から離れて、自分を見直す機会によい。

30122281_1648721528542175_1778397516_o•子供たちに知られていない秘密の場所に連れてってもらえる

まだ名前のついていない広大なマヤ遺跡。プライベートな土地だからとついたところにたまたま管理人のおじさんがいて、「ある時、竹を切っていたら、そこにマヤの精霊が現れて、ここがどんな土地か教えてくれたんだ」とか発見ストーリーを聞いたり、
子供たちに連れられて行った穴の中には、昔の人たちがつかっていた部屋があって・・・とどこまで映画の中の世界なんだ、というパンドラの箱。

ベリーズの可能性は尽きないです。

↑このページのトップヘ