中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタント、NGOシェアーズで音楽教師&日本語教師をしているソリス麻子のブログです。


手書きのTOYOTA20161230_132536


文字が抜けてるMIT BISHI
20170212_092000


子供たちに人気のチョコレートバス
20170211_145909

Chocolate













ベリーズ未だに動いている信号の数はゼロ・・・

だけど、こういう感じがいい、って言ってくれる人は
ベリーズが楽しめる。

ツッコミどころ満載の国。

これからもこのままでいてほしいな。

皆さんは、「海島綿」ってご存知ですか?1


イギリス王室御用達のこのコットンは、繊維が最も細く長い綿で、 柔らかく、強く軽く、現在はカリブ海に浮かぶ西インド諸島のジャマイカ、そして ベリーズでしか育たない幻のコットンと言われています。



綿がはじけるところ3


ここベリーズで、海島綿の栽培に成功したのが、現ベリーズの日本人会会長でもある井上堅介さん。英国領だったベリーズに45年前UNDPの技術者として世界気象機構から派遣され最初に永住した日本人で、ベリーズで「ケンスケ」さんは超有名人です。

また、日本の海島綿協会の現地法人である「ベリーズシーアイランドコットングロワーズ(株)の社長でもあります。

今は、ベリーズから北へ80Kmほど行ったオレンジウォークの自社農場とメノナイト農家、ベリーズ人農家とも委託契約をし、海島綿栽培をしています。

15


ベリーズの国土は、大きく4つに分けると西半分が山地で、東半分の南が雨が多くて、このオレンジウォークのあたりの北東半分が、平地で雨が少なく、綿花の栽培に適しているんだそうです。

コットンの花2


それでもこの最高級の品質ができるまでに10年の歳月が必要だったそうです。英国王室をはじめ、貴族社会のステイタスとして君臨したそのコットン(V−135)が、栽培の難しさなどから姿を消して半世紀。しかし、憧れをもう一度、夢を再び―。密かに受け継がれてきた種子に注がれた情熱で、不可能と言われた奇跡を、ついにベリーズで現実のものとした綿花栽培はロマンだそうです。



ちょっとその工程を見せてもらいました。5
まず収穫されたコットンを天日干しにします。雨に濡れるとダメになってしまうので、ケンスケさん考案のサッとしまえるビニールシートカバーもあります。

充分に乾燥させた綿を綿繰り機にかけ種と繊維に分けます。そして固く圧縮し、綿俵を作ります。

8


9






12


そして日本に輸出され海島綿協会会員が製品化をし、日本の高級品市場に供給されます。



※海島綿を使った製品例
http://cp.miguide.jp/globalgreen/nihombashi/contents/item06.html

item06




西印度諸島海島綿協会

http://www.kaitoumen.co.jp/home-jp.html



ぜひ皆さんもケンスケさんの農場を見に行きませんか?

ラマナイ遺跡に行く時の、ハイウェイ沿いにあって、要予約で先方とアポイントがとれれば、遺跡帰りでも農園を見学させていただけます。

収穫期は、11月〜3月です。開拓者のケンスケさんと温かい奥様のマサコさんに会えるだけでも、大きな収穫となるでしょう。



ご予約は、ベリーズコンシェルジュinfo@bzeconcierge.comまで。

ベリーズ発祥の産業を盛り上げましょう!

IMG_7581
下手な写真でゴメンなさい。これは昔、ロングキーに来ていたサルティネーハの人を
島から撮ったもので、「今時の海賊」かと思いました。

この時、サルティネーハというのが村の地名で、
地元の人は、彼らが帆船にカヌーを乗せて団体で移動しており、
1週間から10日間かけてベリーズの海を、ロブスターやコンクを
求めて素潜り漁しながら船の上で生活をしている、ということを知りました。

20170120_070808
彼らは、ユカテックマヤの血筋をひいており、一般的に農耕を主とするマヤ族に比べ、漁業を中心として暮らしています。村は、コロザルタウンからオフロードで入り、道路も舗装されてないのでなかなか行きにくい場所にあります。

車よりコロサルからボートの方がアクセスがいいということで、私たちは船で行きました。毎朝7時に、この写真のような水上ボートがコロザルーサンペドロ間を結んでおり
帰りは夕方に1本です。

ベリーズのオフロードでは、様々な動物が見られます。数々の鳥はもちろん、こんな家畜にも出会いました。
20170119_163611


そして・・・サルティネーハは美しい漁師町でした。きっとキーカーカーも今は観光町だけど、昔はこうだったんだろうなぁと思わせる素敵な雰囲気。海沿いには、地図あり、公共トイレなどもできはじめていて、これは観光客フレンドリーな土台がバッチリ。
20170120_081112
20170120_080921
男性は漁に行くばかりで、女性には職がない。そんな女性たちの自立支援のために、自宅の家を解放したホームスティプログラムができていました。
マヤの食事、トルティーヤやカルド(チキンスープ)などを楽しみながら、スペイン語の勉強もできる海のそばの町、これは良さそうです。

20170120_091434-1


村から15分くらいのところには、ワイルドトラックという(http://www.wildtracksbelize.org/)
マナティのリハビリテーションセンターもありました。

20170120_113635
これは野生で傷ついたり、親と生き別れて野生に戻れなくなったマナティを保護して自然に返すプログラムをやっているところで、マナティを間近に確実に見られるチャンスです。


ボランティアの人たちがやっているので、マナティのえさやりだけでなく、そうじやマナティのえさとなる草の栽培などボランティアの裏側も見られます。
20170120_123728

昼食には、ライオンフィッシュ(みのかさご)も頂きました。
ライオンフィッシュは元々、太平洋側の魚でしたが、2000年代になってハリケーンか何かで水族館の魚が大西洋側に逃げ出し、天敵をもたないライオンフィッシュがカリブ海でも一気に繁殖し、カリブ海の固有種の魚を殺してしまうことから、ベリーズではライオンフィッシュの駆除は奨励されており、しかも食べると美味しいです。


20170120_135726
ここはまだ未開拓のマヤ遺跡(セーロス↑)このジャングルの中にある
や、水中造形も隠されているなど、観光資源もバツグンです。

近年、サンペドローチェトマル(メキシコ)のボートができ、コロザルが素通り
されて地元に職がない中で、これらの村やコロザルを中心とすることで
新しいツーリズムが開拓できると思いました。

私もまだ未熟者ですが、ベリーズシティでツアー会社を10年運営し、レストランも立ち上げ、貝を使ったアクセサリーのおみあげ品の開発をやってきたので、ぜひここでそれらの経験を生かし、私が乗っ取るのではなく、現地の人に立ち上げを応援していけたらと思っています。

特にベンさんは、今年還暦を迎えられたので、ぜひ講師として若者たちに技術を教えてほしいです。


20170120_130652


そして何より、私自身が今度長めの休みには子供たちを連れて行きたいと思っています。
また来たい、と思わせることこそが、他の人にも薦められる大きな原動力になります。
ポスト・キーカーカー!10年後にキーカーカーみたいな観光地になるかな?

20170119_103841
観光コンサルタントとして、コロザルに行ってきました♪ コンサルというのは、慣れないのでちょっと照れます。

コロザルは、ベリーズ最も北の州で、Tabi Laboで
”少ないお金で、豊かに暮らせる「世界の7都市」”の5位に入ってしまった都市です。
http://tabi-labo.com/183842/live-rich

おいおいおい、世界の7都市にベリーズのこんな田舎町が入るなんて?すごい主観?といいたいところですが、でも確かにいいところです。でも、コロサルじゃなくて、コロザルですよー。

ここはさておき。
20170119_104056
コロザルにも、House of cultureあるんですね。

ベリーズシティのHouse of cultureといえば、旧総督官邸で、民間人が勝手に入れない場所ですが、ベリーズ博物館で私がお気に入りだった海賊展、こっちに来ていてまた見れて感激〜。
20170119_104417


コロザルの明るい未来と観光開発のために、コロザルの副市長さん、次期市長さん、観光局、文化担当など、コロザル開発委員会の皆様とミーティングをさせてもらいました。2日くらい前に決まったはずなのに、すぐ集まってしまうステークホルダー素敵!

20170119_122651
次々にアイディアが出てきて、たのし〜。夢は広がります。

シーフードマーケットやウォーターパークができたらいいね、の場所下見。
20170119_124118

そして文化庁推薦、コロザルに来たら是非見た方がいい!というタウンホールの壁画。

20170119_152248
町から15分ちょっと足を延ばすと、コラソンという海の国境に出る。コラソンは、リタイヤした移住者の人たちの隠れ家リゾートという雰囲気。

20170119_155938

「あ、ダメダメそっちいったらメキシコだよ」というCostom(税関)の
人。釣り糸を直したりして、とても国境を守る人の雰囲気でないのがいい。
20170119_160538



この日は、ホテルマヤに1泊して、明日は未開の村サルティネーハへ。
$50ドルでシャワー付き個室はなかなか。仕事のプロポーザルは英語で堅いものなので、
ブログはあえて、ゆるーく楽しんでもらえるよう砕けて書きます。

コロザル観光開発大作戦はつづく。


2015年8月よりオーナーをしてましたTAKASANに関しても、
社名をTaka Kitchenに変更し、顧問になりました。

Taka kitchen


新オーナーは、料理長のタカさんです。
もともと、タカさんご家族が自分たちの店を持ちたいということを支援するのに
始めたもので、起業家支援の私としては、アメリカにいたタカさんを説得するために
起業資金と立ちあげを支援して、軌道に乗った今、タカさんご家族にお店を渡すことができて本望です。

20170125_154807


2日間ウェイトレスしてみました。
ウェイトレスなんて、10うん数年ぶり。懐かしいような、恥ずかしいような。
でも、こうすることでスタッフが朝からどんな準備をしてくれていたのか、
いつものルーティーンと普段しない部分のそうじとどんなところに落し穴があるとか、
仕事の効率、経営に役立つヒントが伺えます。
おしぼり巻くのも楽しいです。お店を始める時、日本食だけでなく、日本のおもてなしも伝えることもミッションとしてはじめました。

20170126_093549


今年は、新サービス、配達はじめました。
自社で配達するのではなく、ベリーズの企業でバイク便を使って外注。
バイク便の方が、お客様に変わって代金を支払い、届けてくれるので安心です。
配達料金は、お客様が直接バイクの配達やさんに払うことになっています(シティ内1回$2 US)IMG-20170103-WA0000


まだまだ書類とシステムの切り替えとTo do に追われてますが、
2004年にベリーズに来て、起業家育成プログラムを教えに来て、
ようやっと経験が実になってきた感じ。特に最初の12年で1サイクル、観光の基盤と
レストランと輸出業が始まって、今年は人生の第2ステージがはじまったかのようです。

わくわくドキドキ。アラフォー楽しいです。

BC3
2007年より10年間やってきたツアー会社ですが、
本年より1月10日より、社名を以下のように変更いたしましたので、
お知らせいたします。
今後とも変わらずお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

1. 新社名 ベリーズコンシェルジュエキセレント

   (旧社名 ベリーズパブリックリレーションプロダクション)

2 新問い合わせ先: info@bzeconcierge.com

※info@bprp.bz の方はすでにサービスを終了いたしました。

お手数ですが、本年よりお問い合わせの方は新アドレスにお送りください。



オフィス所在地・電話番号に変更はございません。

ベリーズホテル・ツアー・国内線・セスナ・車両・ガイドの予約など、ベリーズのことなら何でも私たちにおまかせください。HPは準備中です。





ベリーズコンシェルジュエキセレント

(旧 ベリーズパブリックリレーションプロダクション)

代表 ソリス 麻子

20161113_122129

ベリーズ人のお客さんとか、ツアーのお客さんとか知らない人が多いんですが、実は
日本食レストランのオーナーもしています。

普段ツアー業で忙しくしていて、お店は矢内さん家族にまかせっきりですが、

私の仕事は、お店が円滑に回る様に仕入れ、特に輸入業者でないと手に入らない
ツナやサーモン、枝豆などの仕入れ、他にもすし米、酒、ラムネ、
国境からみそ、ほんだしなどを持ってくることもあります。

只今、限定で売り出し中なのがこれ。

SAPPRO BEER 8bz
20161227_114846

他にも、メニューに載ってない限定品
20161001_192805


にぎりと押し寿司がありますが、私はこの押し寿司好きです。

今までは、夜に売り上げを受け取って、おしぼりを洗って、
翌朝おしぼりとオーダーの品を渡していたんですが、
ベリージアンドライバーともうまくいかず、体制変更。

そして昨日、料理長と奥様とミーティングをして

新年から、
     重大な変更を決めました。

    「夜の営業を辞めます。」

これは、決して営業がうまくいってないからではなく、
昼も夜もお客さんに来ていただいていて、朝も早くから仕込みで
働いてくださっている矢内さん一家の生活を守るためです。
もし、今後タカさんの弟子になるような方ができて、2シフト体制にいいのですが、TAKASANという名前で出している以上、品質は守られなくてはならないし、ベリーズにせっかく暮らしているのだから、夜は早く上がって、休日は休みにしたい、と考えました。
20161007_114810
ですから、2017年1月3日より
営業時間 火ー土 11:00-18:00
日 12:00-18:00 (ラストオーダー17;30まで)
*毎週月曜・第1日曜 定休

になります。夜 TAKASANの食事を お楽しみになりたい方は、
お電話でお早目にオーダーして、お隣のリビングルーム(写真上)でワインと一緒に楽しむこともできますよ。もちろん、お持ち帰りもしくは、バイク便での配達を承ります。
ひきつづき日本食レストランTakasanをよろしくお願いいたします。

20161007_131854今年も残すところあと5日。年末年始は、毎日お客様のツアー添乗ですが、空港待機の時間を利用して今年のビジネスを振替ってみたいと思います。

まずジュエリー。
これはビジネスというより、フェアトレードの一貫で、カリブ海の貴重な貝たちが、日本のデザイナーによって生まれ変わり、貝を磨く人たちの職の機会が増え、日本のお客様にもベリーズファンが増えるといいなと思って始めました。20161026_165552

もう5年くらい前でしょうか、最初に白木夏子さんという素敵な女性が、ベリーズを訪問してくださって、このウィルクスという貝の可能性に注目してくださり、その後HASUNAという会社を立ち上げベリーズコレクションを発表してくださいました。

その後、こちらもステキな吉井久美子さんという方が、BASEY
という会社を作られて、さらにコンク、ウィルクスと名古屋を中心に展開してくださいました。
20161007_132539しかし、ベリーズでのパーツ制作はそう簡単にいかず、ハリケーンで工房はつぶれるし、職人はなかなか目の前の生きることに必死で、日本の細かい指示の注文にはなかなか応えることができません。

そこでやっぱり私が日本人の目で、工程をチェックして、サイズや品質をチェックして精査しなくてはなりません。リジェクトしても、基本オーダーして作ってもらったものは、すべて買い取りしなければ生活を続けられないので、日本で売れないものでも一度買い取って、なるべく無駄がでないように気が遠くなる作業を何度も何度も繰り返しできたパーツが使われています。

20161115_153659


日本でも、サイズと形が正確になるように、雛形を送ってくれたりするのですが、金縁をつけるため、厚みも2mm以上ないといけないとなると、貝の構造上下の部分になるのですが、それだと白身がおおく、貝本来の黒白の美しさが出せない。そんな葛藤と戦いながら、何度も何度も引き抜いて取り替えて、パーツがそろう。

20161024_132343



そして日本で一層洗練されて輝く。
DSC_0539_2-1
 ベリーズの素材が世界で飛躍してくれるのが嬉しい。
そして、それをまた職人さんに見せるのが楽しみ。

来年はベリーズでも販売できるといいな!

Miraplanet

B61-PqyJlSPL

b5121n9kxGTL


b513EkrSTqrL


_AC_SX75_CR,0,0,75,75_12月13日(水)に発売の講談社「奇跡の絶景」でベリーズが特集されています!
今まで地球の歩き方中米編以外に、ベリーズの情報が買うことができないと言われてきましたが、今回はベリーズだけで30P!
BPRPも微力ながら、取材協力させていただきました。

写真も過去に弊社でタイアップさせていただいた、むらいさちさんや細井健太郎さん、
マイケルヴァスケスさんなど、魅力的な写真がいっぱい。

ここに載っているイメージは、Amazonで公開されているものです。
本誌はここからもご注文できますv


詳しくは、本屋さんで実際お手にとってみてくださいね。きっと買ってもって帰りたくなりますよ(笑)そして、実際ベリーズにきたくなったら、どうぞ E-mail: Info@bprp.bzまでお気軽にご相談ください!皆様の反響、お待ちしています!!!

20161027_122841
2017年よりブルーホール遊覧飛行の料金が変わります。
今年は、ミニシパル空港が新しくなってオープンし、それに伴って
各航空会社も値上げを発表、bprpは変わらずのツアー料金で提供していましたが、
2017年より$276ドルになります。

今年中の実施の方はまだ$240でお受けいたしますので、今のうちに
スケジュールのつく方はお知らせください!

(写真はマヤ航空のパイロット、笑顔で皆さんがよく見えるよう窓拭きのサービスも)

12月10日 9:30−&15:00ー

12月16日 10:00−(残席1名)

12月24日 10:30−

12月27日 10:00−

12月29日 10:00−(残席1名)

12月30日 10:00−(残席1名)

1月2日 11:00−(残席1名)

その他 合流可能なツアー

12月24日 シュナントニッチ遺跡とケーブチュービングツアー

12月25日 ラマナイ遺跡

12月26日 ブルーホールダイブ&シュノーケル(サンペドロ&キーカーカー発)

12月27日 マナティウォッチングとゴフ島tour

12月30日 マナティウォッチングとゴフ島tour

12月31日 ATM

年末は、取材もあり、私もATMやブルーホールに行く予定です。何度行っても飽きない体験
今から楽しみです!!!

↑このページのトップヘ