中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

ジャガー


ツアーガイド仲間が誘ってくれて、この先週末に1泊2日で、
保護区の管理人さんと8人でキャンプをさせていただいた。


ベリーズシティからわずか西のハイウェイに1時間、動物園のちょっと先の
ジャンクションで待ち合わせをして、そこからオフロードを入って、すすんでいく。


※運転しながらの撮影は危ないのでやめましょう。笑


コースタルロードに約10Km入ったところに、6000エーカーも広がるランナウェイクリークという保護区がある。

200年前にログウッドやマホガニーの伐採のために連れて来られた
奴隷たちが逃げ込んだジャングルということで、この名前が着いたそうだ。

no title
実際にマヤの人が使わなかった鉄器やボトルが置かれている洞窟や、AD300年前後にマヤの人が描いたというペイント洞窟などがある。

まだ考古学者の入っていない洞窟も沢山あって、この管理人カル氏によると
ここには、18の洞窟、ジャガー、プーマ、ジャガーランディー、マーゲイ
オセロットなど5種類のネコ科の動物とベリーズの国の動物バク、アグーチなど、
ベリーズに生息する595種類のうちの315種類の鳥が
観測されている、という。

00
会うのは難しいとされているジャガーだけど、ジャングルには沢山ネコの足跡が!

8:00ベリーズシティ出発
9:40 ツアーガイド仲間と合流
10:30 ブリーフィング開始


5つの洞窟を見学
1.キャンプサイト(Camp site)↑ 12:45-
2.ブリーズトンネル(Bleeze Tonnel)13:00-
3.エクストラポット(Extra Pot) 13:55- 14:30
4.洞窟の守り人(Gardian of the cave) 14:55-
5.塗られた洞窟(Painted Cave) 15:20 -000

ケーブパールと呼ばれるこの輝き、見えますか?






11

カルさん、ジャングルを歩きながら、植物も懇切丁寧に教えてくれて、
途中に設置される野生動物のモニターカメラのデータチェックと
バッテリー交換も行う。

Moret クロコダイル
Sterlytail Red Tragon
Scopion サソリぐも

も遭った。夜はバーベキュー。

日本でもキャンプと言えば、バーベキューかカレーライスだけど、
ベリーズはちょっと違う。バーベキューにトルティーヤ。

男は火を起し、女は小麦粉のスクラッチからdoughを練る。
私は、トルティーヤ広げるだけで、彼女が20歳にして、マスターdough
なので助かった(笑)

火を起して3時間。
0000
夜はハンモックと寝袋で寝る。満点の星空、最高。

これなら、テントよりもサソリや蛇からも安心。
隣のツアーガイドのいびきから耳に蓋をして、爆睡。


ところが、朝、起きて衝撃の事実を聞かされる。

「あさこー、ジャガー2匹来てたの聞こえた?

オスとメスが呼びあって、ウッウッてメイティングしてたよ。」

私たちが寝てるすぐ先にジャガーが来てたそうな。私も呼ばれてたかも?!

△紡海

Cesunna

先日は、77歳のお母様の喜寿記念に、娘さんがカリブ海クルーズを
プレゼントされて、ベリーズに1日だけ上陸され、

「ブルーホール遊覧飛行と無人島でシュノーケル」

をセスナとボートをチャーターして行いました。

まずは、小型飛行機で、夢のようなカリブ海とバリアリーフ、
ブルーホールの上空遊覧を含めて1時間のお楽しみです。
DSCN1800DSCN1806DSCN1808blue hole U





















そして、遊覧飛行のあとは、ボートに乗り込み、約35分で世界遺産のバリアリーフに浮かぶ島に到着します。

Boat20190326_111808










Goff's Caye ゴフ島。
公園になっているため、チャーターボートがあればどなたでも上陸できますが、
宿泊施設はないため、みんな日帰りの無人島です。Goff s caye

ビーチインでシュノーケルするもよし、ボートでちょっと沖に出てシュノーケルするもよし、
あなた次第の1日が作れます。

ご相談は、ベリーズコンシェルジュ info@bzeconcierge.com まで。
皆様のお問い合わせをお待ちしています!

日本の皆様には、あまり馴染みがないかも知れませんが、
中南米には、イースターとかセマナサンタと呼ばれる春休みが存在します。

この祝日は
イエス・キリストが死後3日目に復活したことを祈念する祝祭のことで
春分後の最初の満月の次の日曜日に行われるため、毎年ちがうんですが、
2019年は、4月19ー22日です。

19日は、イースターフライデーと言って、営業する場合は
政府も2倍の給料を払わないといけないという法律を定めているので、
ほとんどの商店・レストランが閉まります。

※ベリーズの遺跡は年中無休ですが、観光箇所では
ベリーズ博物館、オールドベリーズ、動物園、ダイブショップ(サンペドロ)などが
クローズになりますので注意が必要です。

そんな中でも、以下イースター期間中の催行決定ツアーです。
1名様からでも1名料金でご参加いただけます。

19日 ラマナイ遺跡リバークルーズ

20日 ブルーホール遊覧飛行 9:00発(残3席)
   キーカーカー発 ブルーホールダイビング

21日 サンペドロ発 ブルーホールダイビング

ベリーズシティ発 マナティウォッチングとゴフ島シュノーケルツアーも
2名UPで募集中です。

お問い合わせ・ご予約は、Info@bzeconcierge.com まで!
皆様のお越しをお待ちしております♪
Goffs caye





退院おめでとう

Taka kitchen明日リオープンです。

タカさん、まだ完治ではないですが、レストラン再開を決めてくれて本当にうれしいです。

多くの人たちのサポートがあって、本当に感動をいただきました。

これからも一緒に乗り越えて頑張っていきましょう!



Rutamaya

青年海外協力隊、ルタマヤ完漕おめでとう。

ベリーズJICAが2000年に始まって、おそらく2002年から毎年切れずに日本人ボランティアチームが
3人一組4日間に及ぶカヌーレースに参加し続けていること、OBとして応援させてもらえるのは
本当にうれしい。挑戦してくれてありがとう。みんなに勇気を与えてくれてありがとう。


award


今月1日に、在ベリーズ日本大使館開館レセプションにおいて、在外公館長表彰をいただきました。

自分で自分のことを書くのは、もういい年ですし、もういいかという感じなのですが、

今までベリーズで15年間やってきた活動が、日本大使館にも認知され、

JICA同期でいっしょに頑張ってきた親友ギルド裕美と一緒に受賞できたことは何より宝物です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

52386920_536494460177255_8519169662859083776_n

日本でも大きくニュースに取り上げられたという
ベリーズ日本人親子の銃によって死傷した事件は、

鳳聖(まさき)くんが19歳という若さで逝ってしまいましたが、
ベリーズと矢内家族をつないだ、とても深い意味があった死だと思います。


父親の孝之(たかゆき)さんは、意識不明の重体という報道がありましたが、
ずっと意識はしっかりしていて、回復に向けてリハビリテーション中です。

事件直後から日本のメディアからの電話、メール、SMSと
沢山の問い合わせをいただき、この件に関しての取材はいっさいお断りして
いましたが、ベリーズまで取材に来られ、自宅、お店、大学や友人関係と
、こちらは葬儀と病院とお客様対応の中、メディアの怖さを知りました。

レストラン復活に向けて、温かく見守ってください。


母親の順子(じゅんこ)さんは、
「ベリーズのいいところを取材してください。まさきも(自分のせいで)
ベリーズの悪いイメージがつくことは望んでないと思います」

とベリーズの皆さんのことを気遣い、ベリーズの皆さんも矢内家族のことを本当に
いたわって、家族とベリーズの人が一丸となった素晴らしい式でした。


この事件によって、今後の旅行をどうしようというお客さんもいると思いますが、
外務省の危険情報には、ベリーズは渡航を止めるほどの危険レベルは出ておりませんので、
どうぞ節度ある行いに気をつけて、旅行にいらしてください。

どこにいても不慮の事故はあると思いますが、十分に現地の情報を聞き、
したがって行動すれば、日本にはないベリーズの良さを感じることができると思います。


まさきくんのメモリアル動画



まさきくんの追悼キャンドルナイトの様子( 12.2.2019)
https://www.facebook.com/kenrick.quintanilla/videos/1395733333902291/


地元の公園で開かれた警察と地域住民との話し合い ( 14.2.2019)
(これからどうやったら、このような事故が減らせるか、まさきくんに黙禱が捧げられました)
KIMG1671


まさきくんの友人たちが集まって開催されたメモリアルゲームナイト( 18.2.2019)
IMG_20190218_122222

これからもベリーズのいいところを沢山発信して、盛り返して行きたいと思いますので、
これからも応援、よろしくお願いいたします。

1

私のセンターは、国際空港から車で5分の好立地にあります。

周りは、緑の自然そのもので、スーパーマーケットやレストランも
あってめちゃくちゃ便利です。


2えっ、国際空港が近くで離発着がうるさいんじゃないかって?

ベリーズの空港は、6:00〜18:00までの1時間に数本の運行で、
夜間はないですし、
ほとんどがセスナなので、全く音は気になりません。

むしろ、飛び立つ飛行機を見て、ワクワクするくらいです。


国内線にもすぐ乗れるので、サンペドロ15分、キーカーカー10分、
ベルモパン15分、カヨ30分、南のプンタゴルタにも1時間15分と
ベリーズどこでもひとっとび。

海も山のリゾートも楽しめます。


ベリーズの平均1家庭 の支出の目安は、(1件4名くらい)
家賃 $250 USD
電気代 $30 US
水道代 $20 US
食費 $300 USD
インターネット $35 US くらいと言われていて、

生活費計 $635 (6万5千円くらい)/月

ベリーズでは、オレンジ、バナナ、砂糖などは安いですが、
その他のものは、ほとんど輸入に頼っていますので、物価は少し高めと
言われますが、日本で小さい狭い部屋に、多くの人が住んでいることを
考えると、私はこんなに広いところに、庭付き、一戸建てで住めて
安いなぁと感じます。

ランドマップ

ここは、台湾人のオーナーが昔ベリーズの土地を買って区分けしたのですが、
私のセンターが最初の開発で、これから周りの開発が期待されています。

先週も2区画、売れました!
一区画24x23mくらいあるのですが、一区画$20,000US程度。
将来性を考えると安い、と思います。

センターがピンクで、その後ろ2個です。DSCN1958




今はまだ雑木林ですが、整備をしたうちの入り口はこんな感じ。





写真2ログハウスも$20,000USくらいでした。

それからフェンス作って、水道、排水溝、電気を整備して。


ご近所さん募集中です。
写真1

興味を持った方は、こちらの裏にまだ残っている土地を
オーナーさんにご紹介しますので、どうぞご相談ください。

そして普通に家を見に来てくださいv

2019年よりベリーズコンシェルジュ、リタイヤライフのご相談にも
乗ります。
お問い合わせは、こちら!info@bzeconcierge.com

Textyle

うちのセンターの周りにはなくもなくて、唯一のご近所さんがこのテキスタイルなのですが、こちら
なんと重さで服が買える場所なのです。








ここではコンテナでこのように衣服が運ばれてくるのです。
DSCN1759















そして、専門スタッフが仕分けをします。
DSCN1760
















それからこのように売り場で売られるのです!
DSCN1761












気になる価格設定は、omosa
1ポンド(500g)につき、
金曜日$7.00 Bz (約350円)
土曜日$6.00 Bz (約300円)
月曜日$5.00 Bz (約250円)
火曜日$4.00 Bz (約200円)
水曜日$3.00 Bz (約150円)
木曜日$2.00 Bz (約100円)
このように重さで値段が決まるのです。
金曜日に新しいのが入るんでしょうね、わかりやすい在庫一掃スタイル!

Oepn hours

そして、日曜日は休み、平日でもこんなに早く閉まっちゃう従業員に優しい
労働スタイル。

オーナーのアンディさんは、空手着があればとっておいてくれて、
(中には、タイクワンド~とか色んなバッチが着いていて面白いですが)
Expressive Art Center に寄付してくださいました!!!
DSCN1762
センターでこれから空手を頑張る生徒に使ってもらいます。ありがとうございます~。

Happy birthday


遅ればせながら明けましておめでとうございます。

2018年はベリーズの観光業にとって、飛躍的な年になりました。
最新の統計によりますと、2018年は前年に比べ宿泊旅行者数が14.6%アップ、
これは過去10年で見ても一番の伸びで、クルーズ船での訪問者数も前年より
19.1%の増加になります。

ベリーズへの直行便が増え、宿泊観光客が増えたのはベリーズ観光業にとって
大きな成功であり、2009年に宿泊観光客者数が232,249人だったときから考えると
2018年の489,261人は、10年で2倍以上になったことになります。

2019年1月9日ベリーズ観光局のプレスリリースによる
以下過去3年間の月別による観光客の推移です。
Tourism arrival


2018年のクルーズ船での訪問客は、120万人を越えました。
Cruise


ベリーズには、素晴らしい自然も、エキゾチックな食事も、フレンドリーな人々も、
息をのむような冒険やリラックスした環境も、アメリカや近隣国からひとっとびで
来れてしまいます。

まだ日本人の観光客数について正式な発表は聞いていませんが、このシーズンはメキシコや
コスタリカやアメリカ大陸の近隣国から訪れる駐在ご家族やカップルが多かったのを感じています。

そして2019年1月1日より、在ベリーズ兼勤駐在官事務所ができました。
今まで、ベリーズには日本大使館がなかったため、何かと旅行者の皆様にも心細い思いを
されていたと思いますが、ベルモパンに日本大使館の一部機能を持つ兼勤駐在官事務所が
できることで、今後ベリーズに住む邦人にも領事サービスや広報文化、経済協力なども
在ジャマイカ大使館の支援を受けながら、ベリーズでできるようになるとのことです。

Japanese Class




私も観光以外にも、2018年は、日本語クラスの開催や毎週土曜日に見ているピアノ生徒のコンサートをしました。
Xmas








今年は、Belize Expressive Art Foundationとして、地域の音楽、アート、体育など
文化活動も充実させていきたいと思います。

プライベートの楽しみは、もっぱら畑づくりです。

IMG-20190103-WA0002

DSCN1604
DSCN1606
ベリーズで3回目の日本人&ベリーズ人結婚式に司会をさせてもらいました。

日本から高校や大学のお友達、ご両親とお姉さまと沢山の日本人ゲストもいらして、
皆様浴衣を着るというので、急遽、着物を着てみよう、ということで、朋友ゆみちんを呼んでYou Tubeを見ながら、あーでもない、こーでもない、と着付けと格闘。
押し迫る時間に、最後はそのまま会場に駆けつけ、日本人会の大先輩井上ご夫妻を見つけるやいなや、
「すみませ~ん、帯助けてください~」と日本人会長の奥様雅子さんに助けてもらい、
何とか会場に華を持たせることができました。(ゆみちん&雅子さん本当に有難うございました。)※2019年は自分でちゃんと着付けをマスターします。写真は、新妻が恐れていたベリーズ結婚式恒例のスローダンス。

会場は、OLD BELIZE のパブリオンで、すべてが手づくり。
新郎が初めて新婦にプレゼントしたのが、ひまわりの花だったということで、会場は、
白と黄色のケープにひまわりいっぱいの飾りつけで素敵でした。
(この飾りつけ、このあとやるクリスマスコンサート用にちゃっかり頂いちゃいましたv)

DSCN1614
英語が全然できないという新婦のお父様は、「娘をよろしく」というのを
相手の家族に言いたくて、でも「Please for Yuka」というのがいっぱいで
目頭を押さえてました。

とても固い新郎のお父様は、「愛とは忍耐です」から始まる長いスピーチを
息子へのお祝いと共に掲げ、「日本から来てくれたすべてのゲストと握手をしたい」と
新婦のゲストに手を差し伸べてました。

そんなところに一緒にいられただけで、私も幸せな気持ちになりました。

さて、日本からいらした新婦のお友達のツアーガイドもさせてもらったのですが、
アラサーとアラフォーで、そんなに年が違うと思ってなかったのですが、
ちょっとカルチャーショックでした。

「リア充」「リア充」と写真で撮りながら、言うゲスト。
今ドキ言葉がいっぱいで、その場で聞けなくてこっそり家でGoogleしてみたら・・・

「現実の生活が充実している人」

なるほど~。別に私はリア充アピールをしてるつもりはないですが、
日本ではネットだけで、現実旅行をしてない方もいるのですね(笑)
ベリーズで観光して「リア充」できて良かった!!!

そして、極めつけは、”世界ふしぎ発見!グッズ!!!”KIMG1279

私がミステリーハンターと称し、マヤ遺跡で問題を出題、
お客さんが、イントロ、シンキングタイム、ひとしくん人形没収の音楽まで用意して、
クイズ大会!!!

もうクイズのことで頭がいっぱいで、普通のガイドに集中できず(笑)
でもとっても楽しかったです。

最後は、遺跡“自撮り”棒で360度グルーっと撮影。
私には、「じどり、ジドリ」が「ジドリ、地鶏」で地鶏が頭にいっぱい出てきて、
やっぱり集中できなかったです(笑)

いつも年配のお客様が多いので、New Generationのガイドは新鮮ですね。
また新しいガイドグッズが増えました。ベリーズに来たときは、
ミステリーハンターごっこ、で遊びましょう♪
KIMG1278


首相とサリま
先日、首相夫人のインスタグラムの中で、「私が性と暴力から守る会の活動で、家を空けていたら、
(首相である)夫が、国会を休んで、娘の学校行事に行ってくれた」という記事が出ていて、
「いーなーぁ」!!!とほっこり。

首相が娘のために仕事を休むのが許される国ですもの、自分の在り方次第で
どんな人だって、家族中心に考えられるはず。
世界を変えるとか、日本を変えるとか言っている人は、まず自分の家族から、
みんなが自分の家族を大切にしていたら、きっと世の中はいい世界になっているはずだから。

私の仕事は、基本Costumer First(お客様第一)のスケジュールなので、日程が選べないのだけど、
土曜日は、自分の子供と地域の子供のピアノの日なので、観光の仕事が入っても他の人にお願いすること
にしている。でも、やっぱりやっぱり年末年始にかけて、仕事が増えて人が足りなくて、
自分が出なくちゃいけない時もある。そういう時はMake upすればいいのだけど、今日は
お客さんが打ち上げに子供を夕食に招待してくれた。有難い。

日曜日も、ベリーズは徹底的に休むのが基本。
昔は土日こそ、家にいるのがもったいなくて外に出てたけど、やっぱりメンテナンスデーは大事。
そうじ、せんたく、ごはんづくり、月に1回は、マッサージやネイルやヘアケアも。
今の楽しみは、道場の周りの庭いじり、畑づくりが余暇の楽しみです。

こないだ4日間の出張から帰ったら、子供たちが自分で洗濯をしていて、
今まで私が洗って、乾かして、折ってタンスにいれられるようにやってたのが、
何だったんだ、という位、ホッとしました。

ほっておいても、どんどん大きくなっていく子供たち。
でも愛情かけて育てるのと、そうじゃないのじゃ、これから世界にふりまく愛が違うよね。

ベリーズで他の観光業の人に会っても、「元気ー?忙しいけど、
Family First (家族第一)だよね!」って挨拶大好きです。

皆さんも師走の忙しい季節になりましたが、マイペースでやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

25371231_10155636137215041_1595389176_o


↑このページのトップヘ