中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタント、NGOシェアーズで音楽教師&日本語教師をしているソリス麻子のブログです。


熊本地震とエクアドル地震によって被災された皆様にお見舞い申し上げます。

最近「心配」という言葉を使うと、息子に「ママダメ、髪白くなっちゃうから」と
釘を刺されました。今日はベリーズから癒しをお届けします。

Elvis tube - コピーもう一つプンタゴルダに行く途中に惹きつけるものがありました。
それは、ビックフォールという村にあるリバーチュービングと温泉です!!!

えっ、温泉?!ベリーズに火山がないのになぜ?
私もベリーズに来て、12年間、温泉はないと思ってました。それが、ひょんなことで
このリバーチュービングを見つけて、地元の人に聞いたら、途中
ホットスプリングに寄るよ、というから!(◎_◎;)

まぁまぁ、まずは、Big fall river tubing をご覧ください。Sierra tubeベリーズでケーブチュービングといえば、洞窟の中をタイヤのチューブに乗って
流れるCAVE Branchが有名ですが、このリバーチュービングは、車で川上に連れてってくれて、流れて帰ってくるので、歩かなくていいし、子供でも安全で楽しそうというのでやってみました。
2DSCN4666






しかし、待てども待てどもなかなか着かない。流れがあんまりない。
なので、後ろからスタッフのお兄ちゃんたちが、ポーン、ポーンと押してくれる。
それはそれで面白いのだが。





Maya一番面白いのは、地元の村のマヤ人たちが、洗濯や体を洗いに来ていること。
そう、私たちは、観光客で、マヤの人たちは、いまも昔ながらの生活を続けていて、川から水を汲んだり、平らな石を積みあげて洗濯石にしているのだ。それで、どちらかといえば観光客の私たちが彼らを見てるよりも、住人である村人たちが流れる私たちをじーっと見ている&見られている(笑)これがなんとも不思議な体験。

ホームスティ先のフェリックス&アネリータさんは、先回りしてホットスプリングのところで待っていた。見た目は超いい感じー。
それで入ってみると・・・・
5やっぱり水。(笑)いや、確かに普通の川の冷えた水に比べたら、ぬるい。
けど、日本の温泉プールよりもあったかくはない。うーん、地元の人にしてみれば、きんきんに冷えた水が湧き出ているはずが、少し体になじみやすい温度の水が流れていることでHot Springと呼んでいるようだが、日本人の観光客には嘘はつけない。
4ちゃんと英語のガイドブックにも、Only hot spring in belize.と書かれていた。
まぁ、みんな幸せそうだから、いいかっ。

しばらく自然とマイナスイオンに包まれたあと、またチューブに乗って川下へ。
全部で4時間くらいかかったというからビックリ。みんなでつながれば2時間くらいで済んだのかも?日頃の忙しさを忘れて、心を真っ白にするのによい機会でした。

皆様もベリーズ南部に来た時には、自然の泉をお試しあれ〜

20160331_145337先日プラセンシアでお義父さんの島を訪問したあと、そこからさらに南のプンタゴルダを目指します。その途中に、マヤセンターという村とチョコレートツアーをやっているショップがあります。チョコレートを愛食しているアシスタント丸が、ゴディバにも匹敵するベリーズ一番のチョコだと絶賛するこのChe il mayan Chocorateは、マヤ語でWild (野生の)チョコレートという意味だそうです。
もちろんオーガニック、でもワイルドチョコレートという方がベリーズにぴったり!

まずは農園を見学します。Cacao red - コピーカナダで生チョコのお店をやっている日本人のHさんがベリーズに来てくださって、いろんな国のチョコレートを食べ比べさせてもらったのですが、ベリーズ産カカオのチョコレートが本当に一番コクがあることを知りました。
今では、ベリーズのカカオの生産量が年間200トンに対して、1000トン以上の需要があるというから驚きです。

yELLO CACAO
赤とか黄色とかの違いは熟しているかしていないか、ではなく、
品種のちがいだそう。こっちのおじさんが持っているのは、黄色でも熟していて
フルーツとして食べるのにいいそう。棒でコンコン上手に中を開けてくれる。

そしてこちら⇩が、でてきたカカオの実。(ソフトクリームじゃないよ)
この白い部分がフルーツとして食べれて、マンゴスチンみたいな食感と味。
で、出て来る種がチョコレートになるわけだ。cACAOの身 - コピー










収穫した種を天日干しして乾燥させる。


ちなみに実を食べた種はつかわないんだって。実として売ってもいいんだけど、
チョコレートほど高価ではないし、ちょっとしか実がないのでそのまま種しか使わないんだって。
種をいよいよチョコレートにします。

20160331_145405

ベリーズの農家はいくつもあるけれど、ベリーズカカオ協会がこういう形で製品のチェックをして
麻袋で輸出されているらしい。

できたカカオの実そこでChili Chocolateさんでも、昔ながらの茫々の山の中になるカカオのほかに、昔はオレンジ畑だったところに植林してカカオの畑をつくっていました。でもそのカカオができるのは、まだまだ数年先。今はまだ野生のカカオが楽しめます。

チョコレートの成分は、カカオ豆と砂糖と油。
70%カカオ濃度のチョコレートをつくるにも、砂糖はたっぷり、そして
水と正反対の種の油を入れる。


おねえちゃんシエラがまず擦ってみる!
すしつぶし体験こぼさないか大人はヒヤヒヤ。グルーブ全員のチョコレートの運命がかかってるぜ。
モヒカンもすります


エルビスJrくんも擦ってみる!
モヒカン風ヘヤがママ好み。石をもつ手はもうたくましくて、7歳だけど働く男の風格を感じました!




それで担当者にチェックしてもらうんだけど、やっぱりまだまだでグループの8人が交代で大人がやっても、担当者はまだまだ、と。今は機械で48時間練り続けるそうで、今は石鉢で20−30分ベストを尽くします。(汗)

そして、やっとこさ、型に入れることに・・・・

10分冷蔵庫で冷やすと、できあがり!!!

10分経ったら - コピーできあがり





















ここはベリーズシティから南へ4時間、ハイウェイ沿いなので、バスからでも立ち寄れますが、バスの本数が1日に数本しかないし、時間も決まってないので、専用車でいくとよいでしょう。見学&体験は毎日、9時、11時、1時、3時から、1人$20USで要予約。2時間ほどでのツアーで、見学後には、皆さんに手作りチョコレート1枚プレゼント!

これは思い出に残りますね。すぐ溶けるので注意しましょう。
運が良ければ、カカオワインも買えるかも。大人気で入るとすぐなくなります。

日本でもブームになりつつあるチョコレート、こんな手作りの体験はいかがですか?
(2月−5月が旬です)
ベリーズシティからは日帰りは厳しいため、近くのホプキンス、プラセンシア滞在を
おすすめします。ほかにSpice Farm(スパイスランド)も立ちよって、天然のバニラビーンやブラックペッパー、香辛料なども購入できますよ。バスグループでぜひおすすめしたい最近のトレンドスポットでした🎶

Aerial24月1日−3日の休暇を利用して、現在建設中のハーベストキーと主人のお父さんの島に行ってきました!

ベリーズには年間100万人近くのクルーズ船でのお客様がいらしています。
今年11月には、ベリーズシティ以外に南へ5時間位いったところのプラセンシア近くに
ハーベストキーという、大型客船NowegianCruiseが寄港できるリゾートアイランドが
建設中です。(↑画像はイメージ完成図)

この島、お父さんが管理している島のお隣で500mも離れてないくらいなんですけど、おじいちゃんの島まったくちがう。こっちがお父さんの島。→
漁をするときのベースキャンプになっていて、島にはチキンが走っていたり、豚がいたり、子供は走り回れて、大人はゆったりできる場所。
おじいちゃんの島2piG

義弟のディビッドがボートでハーベストキーの周りを案内してくれたのだけど、2年前までマングローブの島だったのが、整備されて、建物が立って、ジップラインとかも建設中で、島の後ろには、直接島と本土を結ぶ橋も建設中で、あまりの開発ぶりにびっくり。何でも250億円の予算がついて、350人の雇用があって、急ピッチですすめられているそう。Harvest Caye2Harvest Caye3
お父さんに漁への影響はないの?と聞いたけど、何もなかった砂地を掘って、島に盛りあげて周りをコンクリートで固めているだけだから、大丈夫と言っていた。
でも、この辺りはマナティの生息地だし、やっぱりこんなに自然を変えたら、影響はあると思う・・・。

私の主人の家系は21代漁師の家系で、私といっしょになる前から主人はダイブインストラクターやフィッシングガイドとして観光業に従事していた。年に一回、フィッシャーマンライセンスを更新するためにお父さんと漁にいったり、趣味でレストランに卸す魚を取ったり、家で食べたり、知り合いに配る位の漁業だけど、ディビットは、5人兄弟のうちの末っ子で、唯一お父さんの漁業を継いでいっしょに働いていた。けれど、この島がオープンしたら、観光ガイドへの転向を考えているらしい。
なんだか寂しい。

ハーベストキーの入り口の桟橋。なんだかディズニーランドの汽車の駅みたいだったけど・・・
ハードが追いつくのも大変だけど、サービス業になれていないベリーズ人のソフトの方大丈夫かな。
Harvest Caye5

ベリーズの良さは、人工的につくられたリゾートじゃなくて、自然豊かなそのままのベリーズなのに
なんだかどんどん近代的になってきて、失われる自然や動物達が心配です。
Sustainable Tourism(継続できる観光)は長年のテーマですが、本当に慎重にすすめてほしい。
ゆったりと暮らしていた人々のこころも変わってしまわないように・・・。

今、ベリーズは4月からスローシーズンに入り、私もゆっくり過ごしています。
子供と時間をとったり、家のそうじをしたり、忙しいときにはとれなかった必要時間!
そして、
忙しい人に見られることは本当に損なことだと、いつでも皆さんのお力になれるように
暇オーラを出しています。
未来投資も大切だと、今まで未開拓のベリーズにもどんどん前向きにやっていきます。
開発と発展と堅いテーマに私のスペックが追いついていませんが、考えることを諦めず、咀嚼して
成長していきたいと思います。

Ryohei34月2日(土)[NHK-BSプレミアム]後9:00からのカリブ海の謎を紐解く7日間、
ミステリー遺産、皆さん見ましたか?

この番組は、世界遺産には登録されていないすごい絶景をたどるという番組で、
コロンビアの巨岩とメキシコの水上都市の間で、
ベリーズからは、カラコル遺跡、とグリーングラデーションビーチが取材されました。
Ryohei1私自身、前回の「アドリア海縦断」を見て、異常にレポートが上手いし、
鈴木亮平さんのファンになってしまい、俳優としても素晴らしいのですが、今回、彼が台本でなくて、彼の言葉でレポートをしていることに感動して、ますます好きになってしまいました。

彼は世界遺産検定1級を持っていることでも有名ですが、前回のコメントで
特に印象に残ったところは、なぜ世界を旅したいと思うのか、という質問に、
「自分がちっぽけであることを確認したい」という謙虚で素敵なコメント。

コーディネーターというものは、個人のファンになってしまっては、Ryohei6ちゃんと仕事ができないので、もう私が担当じゃなくてよかったと今では思っています。
ちなみにこの写真は、主人からもらったもので、今回の撮影では、私は他の仕事に出ていたため、主人+通訳コーディネートの形でアレンジしていたのですが、旦那さんが沢山写真を撮ってきていて、大丈夫?と釘をさしたら、なんと旦那はマネージャーを肩車して一緒に撮っていた。(笑)私もあとで、ご挨拶して写真を撮っていただきました。
本当に「ごちそうさま」でした!
Ryohei4最後に友達に「この人、結婚しているだよね」と知らされ、「ガーン」とショックをうける(笑)自分も結婚しているくせに、なんと勝手な悲観にひたる私。
ティーンネージャーの気持ちを味あわせてくれて、ありがとう。やっぱりスターは凄い。

番組を見逃した日本の方には、オンデマンド配信もあるようです。www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=04727私は海外にいるので見られないのだけど、きっと再放送もあるはず!

今回は、内容より私のミーハーなコメントばかりになってしまいましたが、
番組で取り上げられたカラコル遺跡とグリーングラデーションビーチのツアーも
もちろんコーディネートできますよ@ 良平さんが泊まったホテルにも・・・(><)
皆様のお越しをお待ちしています。

夢先月のことになりますが、弊社で1年間インターンをしてくれていたTAICHI YAMADAくんが旅立ちました。マヤ遺跡のことも沢山勉強して
彼は、日本語ガイドとしてツアーに添乗したり、見積もりの時のブレーンとして、それまで私の直感だった見積もりをパターン化してエクセルに、個人も団体でも即回答、戦力として頑張ってくれました@

彼には夢がありました。それは、世界中の人の夢を集めて、みんなをつなげること。たいちベリーズに来る前から、日本から中米で出会った人、仲良くなった人に夢を描いてもらってもう何百何千人?!

私も夢を描きました。

これがあるから、ピンチになってもブレずに頑張れたことがあります。



そして後任のMASI。

彼はベリーズ約280KMのカヌーレースを4日間で完漕。登竜門を設けたつもりはないのですが、8年前に漕いだ私に続いて、丸、山田、とスタッフ3人目になりました。

今、TAICHIさんは南米を回っていますが、日本への荷物とともに敢闘賞を送らせていただきました。無事日本に着いたかな?

遅ればせながら、改めて一年間ありがとう。そして改めて夢を再確認させてくれてありがとう。まーし



子供の時は、あれになりたい、とかこれやりたいとか
いろいろ考えたのに、大人になると夢も目標もなんだかぼやっとしちゃって、
改めて書くことなんて叶ったのに。

子供の成長は早い。みんなの夢は何かな?

20160129_115957

子供の小学校の行事に参加することは、ベリーズの改めて生活と文化を知る良い機会です。
私には、小学校1年と2年の子供がいるので、フィールドトリップ(遠足)のお知らせが来れば、迷わず保護者に⭕️をつけます。

去年までは公立の学校だったので、運動会でも裸足で走る子供たちにびっくりしたり、遠足は、野生のサルを探したり、豆を炒ったりするところを見学する郊外学習だったのですが、今年から私立の学校に入って、遠足前にパスポートを持ってこいというので、「なんぞや?』と思ったら、行き先は、ベリーズ・メキシコ国境の町、チェトマルにある”プラネタリウムとチェトマル動物園”でした!

20160129_075703 - コピーまずはバスに乗って国境越えです。ベリーズ出国所は、先生がまとめてクラスの生徒と保護者のパスポートリストを出せば、スタンプなしでスルー出国。この前で皆、炉端の両替商といっせいにベリーズドルまたはUSドルからメキシコペソに替える。

メキシコ入国所は、一人一人入国カードを書いて、長蛇の列。旦那とお買い物に行く時は、だいたいエクスプレスで50ペソ払えば、スタンプなしでスルーできるのでそうしてますが、その後荷物チェックと結構面倒臭い。


20160129_12262320160129_125936プラネタリウムは小さいころ大好きだったので、ちょっと星のお話聞けるかなぁと期待しましが、スペイン語が全然わからないのと、天体よりもエンターテーメントに重きを置いたシアターなので、ぐるぐるまわされてちょっと気持ち悪かった。でも、動物園には、ベリーズにはいない動物がいるというではありませんか。

サーカスで見たようなトラとか。






かば、かわいいー。



日本の動物園には、日本の野生には生息しない動物が見られるのはあたりまえですが、
ベリーズ動物園では、ベリーズの野生に生息する動物で野生に帰れなくなった動物を保護している場所なので、輸入ものは、見られないのが当たり前。それが逆に展示目的じゃなくて保護を目的としているので、動物たちが人間と共存してて幸せそうなのが特徴的。
20160129_125814メキシコに行ったら、やっぱり日本の動物園のような、檻の中の動物がかわいそう、って
気持ちが蘇っちゃって、ああ、ひさしぶりに海外の動物見たって感動と、そうそう動物園ってこんな感じだったという逆カルチャーショックを覚えました。
子供は、孔雀の羽を広げたとこ初めて見たようで、食い入ってました。

ああ、やっぱりベリーズの動物園が好きです。

最後にお昼を食べるという理由でショッピングモールに寄ります。自由時間2時間なので、皆買い物に走りますが、寿司があるというのでメキシコの実態調査でちょっと頼んでみる。え、え、これ、SUSHI?!?!
20160129_151339
マスタードとかバーベキューソースがかかってて、中見えないし、
はい、日本食とは程遠かったので終了〜。

決してメキシコのことを悪くいうつもりはないのですが、されどベリーズ、海外旅行をするとやっぱり自分の国の良さに気づいてしまう。
日本から来てくれたお客さんにも言います。海外を旅するとその国のよいところもそうでないところも感じて、また日本の良さを発見できる、それも収穫。だけど、その国の良さも理解できると尚人生が豊かになると。
ベリーズにいるとベリーズにはないショッピングモールが恋しくなったりするんですけどね!メキシコ、また文明が恋しくなったらきます!

サンペドロは、トリップアドバイザー世界の島ランクインで連続2年1位に輝いたアンバーグリスキーの中心都市です。
今までとてもいいところだけれど、アメリカ観光客のリゾート市場のため、ホテルの許容量がなく、予約条件が厳しいという理由で、なかなか日本の旅行業法に合わないサンペドロは、予約のしずらいところでした。それが、このたびサンペドロ最大級の400棟ほどの客室を構えるリゾートを今年10月にオープンし、最低宿泊制限なし、デポなし&ブロック予約もオッケーというお話をいただいたので、完成前のマボガニーベイリゾートを、早速見に行ってきました!20160127_100846

うちから10分のベリーズシティ飛行場から、セスナで10分、サンペドロへ。
降りたところでマボガニーベイの投資家がゴルフカートで待っていてくれて、ゴルフカートで10分、マホガニーベイに着きました!これは!
リゾートというより町ができてるではないですかー!!!!

このあたりは何もない湿地帯でした。そこに53億円相当の投資が集まり、約200件ほどの賃貸住宅と200件ほどのホテル商業施設が。
20160127_110042
入り口には、RUM&BEANSというおしゃれなカフェがすでにオープンしており、
建設中のグレイトハウス(ホテルのロビーとなる)は、ベリーズシティの最高建築、総督官邸(GOVERMENT HOUSE)を模倣しています。
そして客室がこちら。20160127_122214

20160127_122228

この町には、いろんな国のミシュランで合格したシェフを集めてレストラン街をつくりたいそうで、TAKASANもお声がかかったのだけど、まだベリーズシティ店もオープンしたばかりでサンペドロに進出するには、ちょっと早いと断念。確かにビジネススポットとしてはいい場所かもしれませんが、リタイヤして海外移住したい人にぴったり。キッチン付きの一軒やで周りになんでもあって、ゴルフカートで移動できる。カリブ海でリゾートしたい!ってお客さんにもぜひご紹介したいと思います。

ちなみに投資家の子供たちが、裸足で自転車乗って、魚を突きに行っているのが印象的でした。自由だね。
20160127_104426


Takasan sign日本食レストランを開業して半年になりますが、おかげさまで好評いただいております。

最近は、BPRPツアーのお客様もお連れすることがあり、私がガイドの時に
このレストランができるまでの話をして知っていったので、尚良かったという声があり、
他のガイドの皆さんやブログを見てくれる一般のお客さんにもわかるようにストーリーを書いてみました。

自分がレストランのオーナーになるとは、1年前まで思ってもみなかった私が
今に至るお話をいたします。

2004年に、私とタカさんファミリーは、それぞれの夢を持って
ベリーズに来ました。

私は海外青年協力隊として、若者の職づくりのお手伝いに、
TAKASAN こと矢内ファミリーのご主人は、福島の老舗旅館の八幡屋で12年、うなぎの割烹旅館竹屋で1年、
本格的な日本人シェフです。しかし、アメリカで働くことが夢だったシェフのご主人と
世界の恵まれない子のために支援をしたいという奥さんが、アメリカ大陸でもベリーズという
途上国で、中華レストランで日本人シェフを募集していることを知ります。
それで2004年から8年くらい中華レストランで働くのですが、労働時間は長く、
給料は頭うちで、子供が4人いる矢内さんは、息子が高校になると学費が大変で、
一度は、お父さんだけ、サンディエゴの日本食レストランに出稼ぎに行き、
母と子はベリーズで3、4年位離れ離れで暮らしていました。

一方のソリスは、会社を立ち上げたばかりで小さくてわんぱくな子供が2人いて、なかなか
働きながら育てられず、4人の子供を育てた矢内さんの奥さんにベビーシッターで
お世話になっていました。矢内親子がアメリカとベリーズで離れ離れでスカイプなどをして
いるのを見て、なぜ自分の店を持たないのか、純粋に応援していました。

待てども待てどもシェフは素晴らしい職人なのに、自分で起こすつもりがない、
そのころソリスのツアー業もだんだん軌道に乗ってきて、
最初は、ソリスが矢内さんのために起業のスポンサー探しをしたり、でも結局
見るに見かねてそれなら、私がひと肌ぬぎましょう、ということで場所探しをして、
半ば強引にモールの契約をしてしまって、TAKASANの息子くんたちにペンキ塗りやら
箱作りをやってもらい、お父さんTAKASANをアメリカから呼び寄せ、
2014年8月に開業に至ったわけです。

TAKASANは、サンディエゴの日本食レストランでも5年連続1位になった
「おかん」のメインシェフでした。ベリーズでは、国で唯一の日本人シェフです。
息子のタカキくんがマーケティングしてくれて、Facebookでは4.9 of 5starランクに
口コミで広がっており、今やベリーズシティだけでなく、地方やサンペドロなどの島からも
お客様が来てくれています。
https://www.facebook.com/belizetakasan/

奥様と息子のゆうきくんとたかきくんとまさきくんと娘のみきちゃん、
友人のしんごくんがおお店を手伝ってくれています。
最近では、エルサルバドルからの移民の日本食シェフも現れて、私も
新しい雇用を生み出すことができて、よいめぐり合いがありました。

TAKASANには、メニューに載っていないスペシャルアレンジもあります。
先日、私がガイドさせていただいた日本人グループには、年始のスペシャルコースがありました。

osechityawan mushidessert
edamame saladaroll saladafish

この国で最初はほんだしやみりんが手に入っただけですごく嬉しくて、
すしやお酒が出せるようになってすごく興奮して、シェフがどんどんでてくる
新しい可能性と素晴らしい完成度の驚きを見せてくれることに感謝です。P1020146


JTBロイヤルロード銀座 の旅日記にも紹介されました!
http://www.royalroad.jp/sit/1601_mexico/report.asp#rrg

まだまだ新米オーナーのレストランですが、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

20160117_123820
日曜日の子供とのドライブは、私の栄養補給時間。
ついでに新しい場所を求めて、観光開発もする(↑これいけない癖)

こないだ偶然見つけて、すぐまた戻ってしまったおすすめの場所がココ。

ベリーズシティから約2時間半、南に行ったハミングバードハイウェイにある
Billy Barquedier National Park Fall
(ビリー バクディア 国立公園の滝)

20160117_113317こんなジェットコースターみたいな道をかけ抜け、(ちなみにこのハイウェイの名前は
山の間をハチドリのようにクルクル登ったり下りたりするところから名づけられたよう)

ほら、運転しながら決死に撮った一枚。

(汗)あぶない。あぶない。

そしてハイウェイぞいにぶっきらぼうな公園の管理人事務所。20160117_115632


一番最初に来たときは、管理人さんが入り口から滝まで案内してくれて、
手作りの木の看板とか滑らないように一本一本階段の木を削っていてくれていたく感動した。




20160117_120625
15分くらい山を登って下って、アドベンチャー気分満喫。肥満気味の子供もウォーキングスティックを持って
ルンルン坂を上る。







20160117_121840この階段の木も手作りで、この周りの木を小刀でうまく切って刺してる。

いたるところに出てくる木の看板は、ぬくもりがある。



20160117_121908










次が一番私の好きな場面。Slipy Stepと呼ばれる石渡りがあって、ロープにつかまりながら、水の中の石の上を滑らないように渡る。

なんだか大人も子供の時に帰ったようなドキドキワクワク感。20160117_122100















私も・・・・20160117_122145













そしてさらに遡ること10分。着いた。

20160117_123236











もってきたのは、これだけ。20160117_123926









ここでひとやすみ。大人は、足だけ水に入ろうとおもっていたけど、

3




滝壺ぞいに木のベンチがあって、20人は横並びに座れて足を水につからせられる。


それが、あんまり気持ちよくて、えーい、入っちゃお、となる。




1






やっぱりひんやりして気持ちい―!






近寄ると結構な迫力。
なかなか滝壺まで泳いで入れる滝ってなかなかないけど、山があれば登る、水があればでてくるところまで
行ってさわりたくなるのが人間ですよね。ここは近くていいぞ。4








水は、命の源。そして嫌なことも全部洗い流して、心を落ち着かせてくれる。








頭も体もひんやり癒されて、明日もがんばります!

5


Staff2先日観光局からブレーキングニュースが入り、
11月の宿泊観光客数は、去年に比べ33%増の29909人だったそう。
10月も2014年に比べ、22.1%の伸び。

これから12月―4月はベリーズは観光の真っ盛り。そして
来週からクリスマス~年末年始と最も忙しい時期になります。

ホテルはほぼ完売状態。いいガイドさんはすぐ獲られてしまうので、
結束を深めるべく、一足早くBPRPスタッフミーティングを行いました。ミーティング



ほらほら、出し惜しみしないで出なさいよ。(笑)by ソリス




ミーティング2








アシスタント丸も熱を出しながら頑張ってます。






最後は、近くのシーショアパーク、おなじみのBELIZE サインで
ハイポーズ。


BPRP


普段なかなかそれぞれのツアーで一緒に集まることが少ないですが、
皆で集まってアサインできると早い、状況も共有できて尚いいですね。

ただミーティングを終えて考えたことは、これ以上新しい予約は増やすのが難しいです。
今ご予約をいただいているお客様に迷惑をかけないためにも、ガイドや車両の
質を落とさないためにも、今が精一杯で、事前にご予約いただいている方以外は、
これ以降、新しい予約を増やすことができません。

ただし例外として、今現在予定されているツアーの残席には
加わることができます。もし下記日程で当てはまる方はご連絡ください。

12月23日 11:30 ブルーホール遊覧飛行

12月25日 終日 マナティウォッチング&ゴフキーシュノーケリングツアー

12月26日 9:30 ブルーホール遊覧飛行
       終日 動物園・シュナントニッチ・ケーブチュービングツアー

12月28日 10:00 ブルーホール遊覧飛行
 
12月29日 12:30 ブルーホール遊覧飛行

12月31日 13:00 ブルーホール遊覧飛行

気が付いたら、うさん臭いメンバーですが、心はアツい。信頼できるスタッフ達です。
近い将来、内勤の女の子も募集です!!!このまま新年に突入しそうな感じですが、皆さま、
どうぞよいお年をお過ごしください♪

↑このページのトップヘ