中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

The most worry thing is a lot of idle time for me.
Belisian never be hurry. They don't have to be hurry.
So I have to wait.

I cannot help being annoyed but I cannot be without
something like singing.
Belisian are from Mexico and America with latin.
I like the situation
but I want to do something if I see thier works.

忙しいのが好きな私にとって最大の困難は暇、である。
ベリーズ人は決して急がない。急ぐ必要がないのだ。
だから、すごく待たされる。

いらいらしても仕方ないし、でもその時間歌でも歌っていなければ
やってられなくなる。
ベリーズ人は、アメリカとメキシコからの移民で、
ラテンの血が入って、私にはぴったりの環境なのだが、
仕事ぶりを見ていると、ついハッパをかけたくなる。

幸いなことに今日、赴任先から心配の電話があったそうだ。
「ASAKOは着いたのか。ASAKOは男なのか、女なのか、と・・・」(笑)

日本で「麻子」と言えば、女だとわかってもらえるが、
資料で、Mr ASAKO (ミスターアサコ)になっていたりとか、
誤植は、日常茶飯事なので、気にかけてくれてるだけでも本当に
嬉しく思う。

ベリーズには、日本からの海外協力隊が今回含めて29名働いているが
そのほとんどが地方で、今回まで都市で働いていたのが2名だと聞いたが
私の赴任先は、私が初の日本人ボランティアで政府プロジェクト
「YOUTH FOR THE FUTURE」(未来のための青年事務局)で
予算規模もかなり大きく、国中の子どもを集めてキャンプをするなど
活動も活発だそうである。

これから数日隊員連絡所でオリエンテーションを受けたあと、3週間は
ベルモパンで語学研修とホームステイになる。
まずは、ゆっくりと慣らしていこう。

293026bb.JPGとうとうベリーズに着いた。アメリカまでの道はもう何回かきていたので
慣れてしまっていたけど、さずがにベリーズ行きの便に乗ったときは緊張した。
飛んでいる間中、窓の下にはメキシコのジャングルがずっと広がっている。
飛行機の下の雲がまばらに、その大地に影を映し出していた。
その大地と空の切れ間にエメラルドグリーンが見えた。

カリブ海である。

残念ながら、私が住むベリーズシティの海岸は、漁場になっていて
ビーチではないのだが、宿泊した”シャトーカリビアンホテル”の
目の前には、海が広がっていて、潮と湿気を含んだマリブの風を
感じることができる。

空港に着いた時、案の定飛行場は小さくて、ウルトラクイズのように
ゲートをくぐると「ブーッ」と鳴らされるのではないかとドキドキしたけど、
調整員の人がすぐに顔を見て、「佐々木さんですね。」と名前を覚えていて
くれたので、すぐに安堵感に包まれた。

ホテルでビールを飲んだあと、赴任経費と携帯電話を渡された。
電話は思ったより小さくて、中にチップを入れてチャージのできる
プリペイド式である。それで夜には、日本にいる親にもかけることができたし、
だいたいの日用品は、中国人のお店かアメリカから輸入されたものを買うことができた。

ここは本当に、アメリカとアジアのリゾートがあわさったようなところだと感じた。
恐竜(プトラノドン)のような鳥が飛んでいたり、コーヒーに入れる砂糖が鉢に入って、
カレースプーンの大きさで出されたり、身の回りのささいなことが
新鮮でおかしい。だいたい、ベリーズは予想した通りの素敵な場所だったけど、
2年間の心配事も悟った。
2年後、使えない人間にならないように、忙しい人に会いに行こう。
規則正しい生活、クリエイティブな生活、自分だけの生活を作っていこう。

I flew in Belize last night.
Belize is located by the central America.
It took 12 hours from Narita to America and
i had to transfar at Houston and took 3 hours.

It is real pleature for me to take a America continental
airline.The pilot wasn't men but woman and flight attendant
were funny men and woman.Customer also were big.We were only
asian to ride the plane.

昨晩、ベリーズに着きました。
ベリーズは中央アメリカに位置していて、成田からアメリカまで12時間、
ヒューストンで一泊して、そこから3時間南のところにあります。

アメリカの航空会社ってほんといいですね。
パイロットは、男性でなくて女性で、フライトアテンダントがアメリカンパブのような
太った男性がもてなしてくれるんですけど、エコノミーなのにトランプだの何だか出てきて
幸せオーラが出てるんです。コンチネンタルは、宇宙飛行士もよく利用するとかで(彼らもエコノミーなんですって。偉いですね)
まぁ、そんなときはさておき、
これから、英語と日本語でDAILYを続けていきたいと思いますので,文法が違ってることがあるかも知れませんが、わかりやすい思いが伝えられるようにがんばりますから、よろしくお願いしますね!

駒ヶ根市制50周年と海外協力隊訓練所25周年を記念して、緒方貞子さんに記念講演を頂、そこで候補生225名を代表して私がスピーチをさせていただいた。

以下はその原文を英語に直したものです。

When I came to here at first,the cherry blossom had been ful of flowers and there was snow on the mountain,then I could feel the spring wind of the space between the Southern-Alps and the central-Alpes.When I met Komagane people in the out door actitivety,they were suppertive with their warm hearts, It made us thankful. We have good surroudings to do anything we want.

In this center, we live with candidate
who were grown up in quite different environments from all over Japan. We are cooprating with others and we are making an effort to reach our targets. And though there are so many wonderful people, the reason why I was chosen
for this speech was, because I was born in May 1979. I am as old as the traininning center.

However, I was fun of Mrs,Sadako Ogata. before now. I'd worked since I was in high shool. made a company in university, and I thought about women's life. We con work for the world with a familu and earn respect. That's was what Ms,Ogata did and I decided to follow her exanple. This year, she came to JICA as the president , I occasionally had a chance to be a JOCV member and give a speech, It's a real pleasure for me!

In about one and half months from now, 225 candidates here,(I hope nobody quits) will go all over the world. I think it is natural for them to act as a professional and try to improve the society, gaining international under standing and experience as a jocv member even as a volunteer, It is different ways, but every person we meet for the first time will remain in our minds for as long as we live.,

I'll try to absorb their ideas in host country as a representative of Japan, I got a lot of power from the other 224 wonderful candidates and local people O never expected this, I think we can do it because of our training in the center.

Thanks to the komagane people,(accepted us),and our parents (understood me), I cannot forget them, try to keeo in touch with them when I'm in my host country. Both are important. Lastly, candidates tranning together, for the rest of the 35 days, must accoplish them ends, and do our best for our own country.We will meet again after 2 years.
I’ll take an oath to keep our network forever to the people, who understand us &support us...you.

Thank you.

ずっと日記のサイトを更新しようと思っていて、今に至り・・・・

今日はどうしても伝えたいことがっ! あの緒方貞子さんに会えたー!!

しかも、私のスピーチを聞いて、頷いて拍手してくれたー!!!

発信し続けることを誓い、早速Blogを初めてみた。次はどうなることやら。

↑このページのトップヘ