中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタント、NGOシェアーズで音楽教師&日本語教師をしているソリス麻子のブログです。

December 2005


遅ればせながら、メリークリスマス。
皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。

さて、私はバスで南に3時間ほど行ったところにある
Seine Bight センバイトというというところに行って来ました。

たぶんベリーズの人でもなかなか知らないところだと思うのですが
友人の家を訪ねて、観光地のプラセンシアのちょっと手前の村で
行き来する白人たちを、敬愛しながら指をくわえて見ているような
素朴な地元の人の村と言った感じです。

たどり着くまでが大変で、現在、ベリーズのメインのバス会社が破産中で
クリスマスだというのに、運行中止。
それでも、他の私バスを使って途中まで行ったはいいのですが、
その先の村行きのバスは、その私バスの路線にはないんです。
それでも出るかもしれないから、ということで待って待って3時間。

結局、車に拾ってもらいました(笑)

また最近学んだのは、私たちアジア人にとってヒッチハイクとかって
そんなに大変なことじゃない(もちろん安全ではありませんが、
道路一本の道で、行きたい方向以外に連れ去られることはないので)

と思っていたんですが、いっしょに道端で待ってた黒人の男の子に
してみたら、絶対車なんて止まってくれないんですよね。

話をしてるととてもいい子なのに、「僕はブラックだから。」と
いうだけで、いくらバスがなくて困ってても、みんな通りすぎて行っちゃうんです。

すごく当たり前に、自分もドライバーだったら、乗せるだろうか?と
考えて、自分がすごく恵まれた環境で、いつも助けられていて、
それが当たり前のように何とかなるだろう、って行動してることを振り返りました。

結局、次の日も帰りのバスはなくて、バスのある隣村のラグーンまで
その朝に出会った漁師さんにボートで運んでもらって無事帰れました。

ベリーズを旅するときはいつもこんな感じ。
幸運にも、危ない目に遭ったことは一度もないんです。

危ないのはむしろ住んでいるベリーズシティの方で、田舎に行けば行くほど
人が助けてくれる。来てくれてありがとう。って言ってもらえる。

私は何を気づきにして、何を直していけばいいのかな。



きっかけは、パソコン盗難で本部の治安がよくないことから
だったのですが、仕事もひと段落して、他の仕事を探しているところでした。

私の配属先は、本部事務局の他に2つの職業訓練校を
もっているのですが、ベリーズシティから1時間半ほど離れた
4H(稼ぐために学べ!)という学校に興味をもったのです。

ちょうど、本部での仕事もビジネスプランコンテストの企画が
終わり、監督業務ばかりで飽きていたので、
とりあえず、市場調査に行ってきました。

校長先生は、もう大歓迎してくれて、以前食品加工の分野で
協力隊の先輩がいたところだったので、その作った製品を
市場に出すのをぜひ協力してほしい、とのことでした。

もしそうなれば、1月から引越しをして、新天地でまた活動です。
もしかしたら、あと半年でプロジェクトが終わらなくて延長にも
なる可能性も出てきそうです。

パソコンの盗難から、多くのことを学びました。

失敗から学べるように、私は自分のケアレスを反省し、
前向きに頑張ろうと思ったのですが、同僚に容疑がかかったことで
引き起こされたストレスが膨大になりました。

というのも、他の同僚が「犯人は私の隣に座っているアイツだ」
なんて言い始めたもので、私も見知らぬ人が犯人だったら仕方ないと
忘れられたのですが、ここをとりまく犯罪がもう起らないよう私も捜査に
協力しなければなりませんでした。

私もその人の車を見たような、見てないような、一瞬の時間の記憶を
呼び起こすのは難しいです。そういわれればそんな気もするし・・・。
そんなことはないはず・・・。そのうちに、
「俺はアイツが車に黒いものを運ぶのを見た。」という証言があがると
他の人もこぞって、
「前にVHSがなくなったときも、ヤツがいた。」とか口々に言いはじめ、
その人に対する今までの信頼からの脱力感と私に対する接し方のちがいに
恐怖を感じ始め、

やがて、その証言が車の保険が切れたのを告げ口された仕返しのうそだった、
とわかると、またその人を疑ってしまったことに対する申し訳のなさ、と
また別の同僚がついた嘘に対する絶望感と、他のまわりの人の
簡単に人を疑ったり、ひね帰ったりする調子の良さにがっかりして
人を信じられなくなっていました。。。

自分で主体性をもっていれば、こんなに振り回されなかったのに、
今でも真相はわかりませんが、人を疑う気持ちってこんなに嫌なことは
ありませんね。
これも私がちゃんと鍵をかけて自己管理していれば起らなかったことなので
できるだけ気をつけたいと思います。

大学の友達のあいこさんから、名前バトンというのもらったので、答えてみますね。

【1】HNの由来は何ですか?
A1.SWOMAN(エス・ウーマンと読みます)は、学生の時に作った
スーパーウーマンになりたい女の子のためのネットワークです。
http://www.swoman.com/
一時300−500人規模になって、人材派遣とか映画のプロモーションとかやってました。

目標が高いほうが、自分を磨き続けられると思ったので、
自分のハンドルネームもswomanにして、自分で納得のいく人間になろう、と
今日も頑張ってます。

正直、自分で目指してるだけなので、
「スーパーウーマンですか?」って聞かれると恥ずかしいです。
その他、セクシーウーマン、とか ささき(苗字)のS ですか?とか
言われます。勝手にご解釈ください。

【2】差し支えなければ本名をお願いします。
A2.佐々木 麻子です。

【3】本名の由来は何ですか?
A3.「麻」は植物としては非常に強く、人にとっては、優しく肌触りのいい布です。

 「麻」はまっすぐ上に伸び、決して倒れないことから、
「麻の中の蓬(よもぎ)」は、曲がりやすい蓬も麻の中に生えると自然にまっすぐ伸びる、と
 人も善人と交われば、その感化を受けて善人となる、という荀子(勧学)にあるとおり、
 そういう麻の存在になりたい、という思いがあります。

 しかし、麻という植物は、そうご存知のとおり、大麻とかマリファナになるので
 危険が必要です。(笑)英語に訳すと、マリフャナ・ガールという意味になってしまうので
 注意が必要です。(笑)帰るまでに一度、「麻」という植物を見てみたいですね。

【4】過去に使っていたHNを教えて下さい。
A4. swoman 一筋です。(2000年から)

【5】過去に付けられたあだ名を教えて下さい。
A5.
   小学校は、あこ、中学校で、あちゃこ、高校で
ようやく「あさこ」になりました。
   近所のおばちゃんは、あっこちゃん、先輩や上の人は、あさちゃん、
   音楽の先生のときは、ささぴょん  
   あ、あと。まこちゃん。アグネスという異名もあります。  

【6】今まで可愛いなと思った名前を教えて下さい。
A6.秋桜子(あさこ)ちゃん
   同じ名前でこんなに雰囲気がちがうんだ、と感動しました。。

【7】一番好きな恋人に何て呼ばれたいですか?
A7.あさこ、と言われる人は、その人のものになった気がする。
   あっこ、と言われる人は、親しみやすく戻りやすい場所になる。
   そのほかの呼び方は、わがまま放題の子供になる。
   その人しだいです。

【8】HNと本名どちらが好きですか?
A8.HNは心の中にしまっておけばいいですね。でも、絶対妥協はしない。
   好きな名前で、呼んでください☆

【9】もし生まれ変わってもその名前で居たい
ですか?
A9.意味は好きですけど、外人さんにもちゃんと発音してもらえる名前が
いいですね。絶対、2番めにアクセントがくるので、「おさぁーこ、」と
呼ばれています(涙)

【10】次に回す5人
A10.
   フランスにいる なほこ

   カナダでトヨタ支社で働く とよぴー

   イギリスのロースクール留学中の なつこさん
   http://www.doblog.com/weblog/myblog/6472

   学生時代からビジネスで日本中を回っている
   Aerocafeこと りょうくん
   http://blog.livedoor.jp/aerocafe/
      
   
ちなみにこれは、Greeをやっている人でブログを書ける人なんですが、
最近ようやくmixiも登録しました。こっちをやっている人は、仲間に入れてやってください。
ということで、あとの一人はその人に決まり。
   
   
   ちなみにカーニバルの写真は、敬遠されるので(笑)
   日本人系の写真にしました!
  
 よろしくお願いします!!!

↑このページのトップヘ