中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタント、NGOシェアーズで音楽教師&日本語教師をしているソリス麻子のブログです。

September 2006

先日の怪我のひざの抜糸に行ってきました。
行った先は、{Kings Park Health Center]

先日、国立病院はタダ!と言ったのですが、
救急外来での診察が無料らしいです。
(情報提供、愛ちゃんありがとう!)

では、その後のケアはどうなるのか?
ということで、ヘルスセンターを紹介されました。

とことん、ベリージアン式にいこうと
覚悟を決めて、ヘルスセンターに朝8時10分に
訪れると、もうそこには50人ほどの人が。

そして、名前を聞かれることもなく、
番号札の貼ってある椅子に順番に座って、待つのです。

となりの人にぴったりくっついて、一人進めば、
一人ずつ椅子とりゲームのようにずれていって、、
どうなるんだろ・・・と思っていたら、神の声。

「あんた、何しにきたの?」

「ステッチをとってもらいたくて・・・」


「こっちへ来なさい!」
と突然奥の部屋に連れていかれ、普通のイスで抜糸開始。

「あの、受付もわからなくて、名前も言ってないんですけど」

「いいのよ。はい、ここにサインして。」

普通のノートブックに「Asako」とだけ書いて、終了。

公立の施設なので、完全無料。寄付したければしてもいい。

マザーテレサの家と収容所を合わせたような施設でした。


この一週間、郷に入っては郷に従え、ということで、

飲み薬のアンチウィルスの粉をひざの傷口にかけられたり、

気持ち悪くなりながらも、一週間膿み続けたひざはようやく

かさぶたになりかけ、しかしそのままでは膝がガタガタに

なる言われ、水につけてカサブタになる前に剥がし剥がし

ようやくほっといていい、と言われ、何とか日常も戻ろうと

しています。早く元通りになるといいですが・・・。

救急

実は事故に会う前日。こんなことをやっていました。

Emergency First Response!!!
ダイブマスターに向けての、救急レッスンです!

CPRはもちろんのこと、ちょうど大量出血の手当て、
患者を運んだ時のFirst Aid,Secondケア、これは
実際のプロが行う手立てを同じ、と習っていましたが、
これがまさに、自分の体で復習されると思ってもいませんでした。

レントゲンをとるときの姿勢、リカバリーポジション。

患者を診察するときの
SAMPLE
(Sigms,Symptom/Allergies/Medications/Preexisting Medical Contions)...etc

お医者さんが次に質問してくる質問が全部読めた。
英語の単語を知らなくても、体にしみついた感じです。

はっきり言って、英語でダイ・マスの資格を取るのは難しいです。
一日に150個くらい知らない単語が出てきます。でも、これを
勉強することで、もっと細かいコミュニケーションができるように
なったり、いい加減な英語で鈍っていた頭も少し気合入れられるかと
思うと、

英語は勉強するな!

を思い出し、中身のない語学自体を覚えるよりも。
知識を覚えるためのツールである方が、もっとも効率的だと思うのです。

そして、ダイブマスターになったら、
英語でダイビングしながら、ベリーズ〜バハマまでカリビアンクルーズに
乗って、働きながら旅をする!次の野望です。

9月17日、ついにやってきましたトライアスロンデー。
オリンピックの距離より短い、リレー形式のトライアスロンに
出たんですが、今日、はじめて転倒して救急車で運ばれ、
6−8針縫う怪我をしてしまいました。

コース当日。
最近チェックしたばかりの自転車の前輪の空気が足りないな、と
思ったんです。まさかパンクしてると気づかず、
そのままスタート。コース6周(13mile)なんですが、一周目に
タイヤの空気がなくなって、カーブコントロールできず
2度転倒。

それでも、最後まで走り続けました。

ゴールして、ふっと膝を見たら、血が噴出していて
肉めくれてるではありませんか?
体の興奮と全身疲労でほとんど痛み感じず、周りの人に救急車だと
言われて、そのままダイブインストラクターの友人の指示に従い、
病院へ。

初めて〜!救急車!タンカー!車椅子〜!
なんて浮かれてのもつかのま、消毒液かけられたら奥に奥にしみる!

そのまま手術室に入り、待つことしばらく。

カーテン越しの部屋で子供がわめいているのが聞こえる。
「ママー、いやだー!僕を縫うなんて!痛いよー!」

部屋に入り、嫌な緊張が走る。

私は破傷風の注射と痛み止めの注射を打たれたが、
その痛み止めが効く間もなく、手術開始。

とにかく中に泥や砂がささりこんでいて、死んだひざの皮を
剥がすことから始まる。そしてゴシゴシやられて、チクチク
縫い合わせ、(ドクターに何針?って聞いたけど、覚えてない)って
隣にいてくれた友達によると6−8針だったらしい。

無事終了。

念のため、両膝のレントゲンをとって、医者に診断をしてもらい
一週間後に抜糸をするとのこと。

なんとここまで、ベリーズの国立病院はタダ(無料!)

なんでこんなことなのかと思ったら、ベリーズの国立病院は
いろんな国からの寄付金で成り立っており、
公用の病院を有料にすると、受けられない患者が出るため、
国立病院は誰に対しても、お金をとらないそうです。

JICAの時は、私立の病院に連れて行かれたので、
膨大な治療費、診察代をはらっていた気がします。。。

薬は自分で買うんですが、友達がガーゼなりオキシドールなり
換えの用品をもってきてくれたので、しばらく免れそうです。

自動車事故に引き続き、今年は大変な年ですが、
早い段階で、ベリーズの医療事情を知ることができ、
救急車〜手術室〜レントゲンまで問題ないことを知れたので、
よかったと思っています。

救急車内
事故前






あさこ突進


2343
あなたは海といえば、どんな海を思い浮かべますか?
何をして遊びますか?

海水浴場、サーフィン、魚釣り、やもすれば、ジェットスキーとか、
東京湾はきれいじゃないから、とか夜景を見るだけ、
とか日本では、こんなことを思い浮かぶかも知れません。

コロンブスがアメリカ大陸を発見したとき、
船にエンジンなどなかった。自然に身をまかせて、
帆で風を切り、前にすすんで、舵をとるセイリング。

177
最初はこんなんで大丈夫?と思ったけど、空手仲間と
海に出るなり、スピードがあがった!

なんで!?

船は、風の吹いてくる方角から立ち向かうわけでもなく、
背中を押されるでもなく、90度に風を切ってすすんでいく。

そして方向転換するときは、1,2,3で帆の張るのを
緩めると共に、右座席から左座席へと一気に移動。

180
こんなセオリーを教えてくれたのは、カナダ人のジョン。
ボーイスカウトやガールスカウトが陸で教えると共に、
世界の10%では、シースカウトというのが、海で生きる力を
教えているとのこと。彼は定年後、ベリーズに来て、
そういった若者たちを育てるのが生きがいのよう。

こりゃあ、面白い。

私はベリーズにきて、海とのつきあい方がもっと
深くなりました。島に行ったり、ダイビングをすることは
もっと地球を感じることだし、生きるための食料の宝庫でも
あり、いっしょに楽しむ、ことでもあるからです。

私も500年前なら新しい大陸を探しに航海に出たかも、と
思っちゃいました。

9月8日〜11日、彼の実家のインディペンデンスに行ってきました。
Big creek port

車

Big Creek Port
ここが車類を輸入したとき、コンテナ船がやってこれる港になります。
ベリーズシティはサンゴ礁の浅瀬の海なので、大きな船の進入ができないのですが、

マンゴクリック(マンゴ地方)と呼ばれるこの地方では、
マンゴ、オレンジ、海老の養殖などが盛んで、
この日は、ヨーロッパからバナナの輸出にコンテナが来ていました。

従業員は、自称フィリピン人で、「何を持ってきたの?」と聞いたら、
空のコンテナ、と言っていました。もったいない。
ビジネスマンなら、トレードが基本。

しかし、この港を見ると、どこからやってきたのが
廃車になるような車が来ています。日本では廃車の車もこっちでは
600US〜1000USで直して、3000US〜4000USで売るというからいいビジネス。

彼のお父さんは地元の本場漁師さんなので、偶然入れたんですが
思わぬ現場を見てしまいました。ここなら御父さんの倉庫スペース
もあるし、私も何かできそうな気がします。

それから、この日は、ロブスターに魚に、潜る、釣る、網を上げる
とあらゆる方法で、獲物を捕まえました。かなりワイルドでした。
ロブスター

ばか魚

青年海外協力隊で、村落開発員として働くTさんを訪ねて、
ベリーズでも79%の貧困層が住むプンタゴルダへ行ってきました。

PGの海
ボート





海の向こうに向こうにグアテマラが見えていました。

目の前の海では、子供たちが水遊び。

木製のボートが木陰においてあるのに、ふと心がなごむ。

エンジンなんかついてない。これで魚釣りでも行くのかな?


マーケット

少女





マーケットデーではない日は市場もちょっと寂しい。

おや、よくみると、バナナのたたき台の下に人影が・・・

ほら、笑って、笑って!


概観







そしてフェアトレード商品の置いてあるお店へ連れて行ってもらいました。
この文字や壁画も、協力隊員が少しずつ何もなかったお店に
書き込んでいったものということで、ずいぶん味が出ています。

店内は、先日紹介したマヤ族伝統のバスケットがいっぱい。
どれひとつとして、同じ形、同じ大きさ、同じ色がありません。
それが販売するにあたり、いいところでもあり、難点でもあり・・・。

店内

店内2





ここに来るまでは、何時間もかけて100円にもならないようなビジネスは、
やめましょう、と思っていたんですが、ここに来たら、何とか売りかたは
ないものか、と考えずにはいられなくなってしまいました。

まだまだ皆さんの声、お待ちしています。

このバスケットが1個売れるだけで、彼らの貴重な現金収入になるんです。
言い換えれば、彼らのできることがこれしかないんです。

5
みなさんのアイディアをください!

みなさんの声を生かして、商品の改良をして、価格設定、今のところ、
女子大のフェアトレードネットワーク、ロハス市場に卸して行きたいと思ってます。


商品番号1.バスケット

バスケット1
チュピチャパと呼ばれる植物を干して、紐状にして、何時間もかかって編みこむ!
その苦労はわかるんだが、どうしようも用途がない。(正直なところ)

ふたを開けるとこんな感じ。バスケット2
これを作るにも3時間とかかかっているのに、これ1個で$2(約100円)!
ひどいとこの大きいのを何週間もかかって作っている。
そして売れない、と嘆いている。マヤ民族の伝統の技術なので親から子供に受け継がれている。何とかこれを使ってマヤ人の現金収入向上になれないでしょうか。


商品番号2.キャンドルケース

キャンドルケースセット
そこで登場したのが、このキャンドルケース。キャンドルの大きさは世界共通だそうで、日本でも癒しグッツのキャンドルケースとして、提案された。色もいろいろな食紅を使って、やさしい色に変えられている。しかし、マーケティングはまだこれから。どうだろうか。


商品番号3.コースターセット

コースターセット
顧客ターゲットを個人ではなく、レストランなど飲食にしたらどうだろうか、とも考えてみた。それならばテーブルセットとして
やさしいものができそうだが。とりあえずチュピチャパで商品になっているものはここまで。マヤ人も売れることがわからないとモチベーションにならなそうだ。


商品番号4.サンゴのピアス

珊瑚のイヤリング
ここからは、実際に一般観光客にも現地に住む私たちも利用している主力商品。

世界第2位のサンゴ礁を持つベリーズとあって、ブラックコーラル、
エンジェルコーラルなど磨けば光るサンゴのアクセサリーは魅力的。


商品番号5.貝のピアス

貝のイヤリング
貝もいわゆる海辺で拾う巻貝のタイプでなく、
中身が自然のピンクになるコンクや、この左の写真のような混合色の
貝を加工して、職人が1個1個作っている。



商品番号6.ギブティ

ギブティ1
最後にベリーズで知る人ぞ知るあやしげなパッケージ。これ実は精力活性剤なんです。
21種類の木の根っこからできており、マジックルーツとして
男性用、女性用があり、ペットボトルやこうゆう袋で売っている。
飲み方は、これにお酒をストレートで入れ、飲む。
水は数日で腐ってしまうが、アルコールだと何回も濾せるので
何回もしぼりだして飲むらしい。やっぱり一番のこし汁が効果てきめんとか。

みなさんの人気投票はどれですか?
これなら買ってもいいとか、これをこうしたらいいとかご意見お待ちしています。

カクテル小
私、実は日本でちゃんとした結婚式に出たことないんです。

ベリーズに戻ってきて、最初の週末に前の職場の秘書さんが
結婚することになったので、参加して来ました。初めて体験した
のがベリーズなので、私がするときは、べリージアンスタイルが
主観になっちゃいそうです。

 〜ベリージアンの結婚式はこんな感じ〜

1、式もレセプションもいっしょ。
(ビーチに神父さんがやってきて、誓いをさせる)

2、結婚届もみんなの前で書く。
(結婚式の儀式の中でサインする、ペーパーだけの入籍はなし)

3、新郎新婦が踊る。もちろんみんなも踊る。
(最初はチークダンスで、そのあとはHIPHOP&プンタ!)

4、ブーケ渡しに、ガーターはずしは、手をつかわず・・・?!
(新郎、スカートに潜って大盛り上がり!)

そして、会場費等は主催者が持つので、参加者はタダで飲み食いが
できるとあって、勝手に集まってきちゃうんですが、それも愛嬌!
友達でも、今日3時から、と電話一本かかってきただけでざっと150人。
準備期間はなんと2週間!

私は何をしたらいいの?と聞いたら、気持ち次第でプレゼントを
あげればいい、と聞いたので夫婦バシと日本のおみやげセットを
持っていきました。近所のおばさんに何をあげたか聞いたら、
鶏一匹とギブナット(ねずみとモルモットの合いの子(食用))
などと言っていました(笑)

さすがベリーズ。結婚式があるたびに狩に行くのでしょうか・・・
格好だけは、ヨーロッパスタイルなので素敵です。

ウェディング



ようやっと、ベリーズの我が家にインターネット回線開通!!!

朝、起きて今日何しよう!自転車乗って、町に繰り出そう!
こんな毎日最高!!!っと思ってたけど、ケーブルTVはなかなか
来なくて、どうしよう・・・と思ってたら、来た!125Kだって嬉しい♪

これから、こんなことに挑戦していきます。

1.観光業のたてなおし!

ベリーズははっきりいって、今アメリカとイラクの戦争の影響を
もろに受けています!!!
だって、テロ騒動からアメリカからの海外観光客は減る一方で、
ベリーズの主産業である観光業成長に陰りをさしているんです。
  ではどうやって?
私が私でできること。本やブログやあらゆる手段で、日本の皆さんに
ベリーズを宣伝します。

2.フェアトレードの開始!

日本帰国時に母校の大学で働いている友達から嬉しいお話が。
大学ゼミでフェアトレードを研究しているゼミがあるから、
商品を扱ってもいい Orベリーズの広報誌を発行して大学を中心に
途上国の活動を知ってもらえたら☆☆☆
まずは、大学祭に向けて商品のラインナップ取り揃えてます♪

3.カルチャースクールの実施!

以前建設に関わった空手道場で日本語クラス、エアロビクスクラス
開始のお話しが。BDF(ベリーズ自衛隊)からも書道を教えてほしい
とのお話しが。ベリーズ入国の際、日本のパフォーマンスができる
スーパーインストラクターだ、って言ったら、入国審査官にその場で
ワークパーミット(労働許可証)がもらえました。ビジネスビザに
これで無敵です。もらったからには、本当に貢献しないといけません。

4.日本からの車&パーツ輸入します。

詳しくは、http://www.melma.com/backnumber_121807/参照。
事故の教訓を生かして、日本からの一番いい経路を見つけます。
もちろん、利益はベリーズの人たちのために生かします。
売るだけじゃなくて、ベリージアンに直して使ってもらうことを
覚えてもらうことで、職の機会にふれてもらいたい。

5.ベリーズでの生活を大切にする!

こんな私に欠けてるものは、生活の基盤。こんな調子なので
ベリーズで久しぶりに会った彼氏もまったくかまってあげられないと
いうのでは、成長がありません。

目標は来年1月に彼を日本に連れて行くこと。
そして来年中に結婚すること。

見ててください。今まで挑戦したことで失敗したことはないですから。

「失敗とはあきらめてしまったときにのみ起こる現実。」だそうです。

友達に大推薦されてもらった
『ユダヤ人の大富豪の教え』のおかげで私のパワーはますます大変なことになりそうです。

「好きなことをしていると、どんどんパワーが沸いてくる。
またいろんな不思議な出会いを体験し、チャンスが次々と
やってくる。いわゆる「ついている」状態になる。その流れに
のっているだけで、人生が導かれているように感じる。
波に乗ると、人生がどんどん展開していく。そうすると、
自信も湧き、勇気も出てくる。多少のリスクならやってみよう
じゃないかという気分になってくる。これが、またいい循環を呼ぶ。」と。

今度は彼のことも、ブログに登場させて行きますね。
どうぞよろしくお願いします!!!

↑このページのトップヘ