中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

August 2007

お恥ずかしながら、腹こわしに引き続き、ダニにかかっていました。

ここでも母子共同体のつらさを実感。

母(私)の免疫が下がる→母感染→子感染→2倍手がかかる→体力消耗する

それで避難したときに、エルビスママに隔離され、私はシティに
赤ちゃんはおばあちゃんのところでケアされてました。

ようし、この間に仕事片付けるぞーと燃えていたのですが、
そしたら私の胸に問題が。、

いつも3時間おきに30分吸われているので、それがないと
胸が張って張って、鉛のように痛くなるのです。
これには参った。

sakunyuki
そんなとき、武器がこれ!

搾乳機。知ってます?
これで乳を哺乳瓶にとっておいて、冷凍して必要なときに使うのが
ベリーズの常識?私には自虐的な作業で切なくて切なくて
2日間絞って、3日目には赤ちゃん帰してもらいました。

1ヶ月母乳オンリーで頑張ってたんですが、デイケアセンターでミルクも
試しはじめ、私はいつも預ける時はごめんねー、って寂しく思ってるのに、
シエラの方は、結構誰でも、ミルクさえくれればいいみたいで、色んな人に
かまわれて、健やかになって帰ってきます。

私の母には、「てきとうな子育てしてるんじゃないの!」と言われますが、
帰ってきて1日中、キャッチアップしました。22日で2ヶ月になりましたシエラです!


sierra4

最近、悪いニュースが続きましたが、私にとっては
いいことが続いていることがあります。

それはピアノのスキルで、ここ数年は大学時代に弾いた
ソナタ以上のものが弾けなくて、現状維持がやっとだったのですが
最近、家でちょこちょこ続けるうちにまた指が動くようになってきたことです。

ベリーズみたいな小さな国だと、ちょっとピアノが
弾けるだけで「井の中の蛙」になってしまって、レベルを伸ばすのは大変。

でも、ベリーズ出身で現在ヨーロッパで活躍中のピアニストが
この夏、ベリーズに戻ってきていて、レッスンを受けることができました。

Francis Reneau http://www.answers.com/topic/francis-reneau

1回目は、モーツアルトのソナタNo.14
     ショパンのワルツ No.7

2回目は、リストの愛の夢
     ベートーベンのソナタ「悲愴」第一楽章
     ベートーベンのソナタ「月光」

3回目は、最後のクラシックコンサートで弾いた
     ショパンの「幻想即興曲」。

10年ぶりくらいです。こんなにクラシックに向き合って、また
弾けるようになるなんて。+これからはもっとかたばらないで弾く
大人のショパンやラフマニノフなんてレパートリーを増やしていけたらいいな。

しかも、こないだ交通事故で日本に帰った友達が彼女のピアノを置いてって
くれたんです。私のピアノはもう70歳くらいで、即興曲を弾くと指がころんで
駄目だったんですけど、彼女のブランニューのピアノで伸ばしてもらってます。

超ぜいたく。うちには(左)木のオールドピアノと(右)最新製の電子ピアノが
あります。
piano

ハリケーン”Dean”でカテゴリ5を記録し、月曜に
南部のインディペンデンスに避難しました。

私の夫は、2001年のハリケーン”アイリス”でプラセンシアで
多くの友達を亡くし、当時の自分の店を失くし、その町では
4軒しか残らなかった家の一つにいたそうです。彼も従兄妹と
屋根が飛ばないようにロープで押えながら、11時間吹き付ける
嵐を戦いながら耐えたそうです。そんな経験をしている人なので
同じ大きさかそれ以上のハリケーンが来ると知ってからは
私と赤ちゃんを5時間南の彼の実家にキックアウトし、自分の
友達の働くボートを南に移動させる手伝いに行きました。

ハリケーンはベリーズの北の方を通ったので、シティには
あまり影響なかったようですが、それでも店にはトイレットペーパー
や食材を求める人で殺到し、避難するにもバスは公共機関はパンクし、
ガソリンスタンドもガソリンを詰める人であふれ、
復旧しても、しばらく停電のせいで店のものが腐ってたり、流通が
ストップするので色々大変です。

経験しないとわからないというけれど、経験しなくていいことだと
いうので、言われるままについて行きました。
もしパートナーがいなかったら。。。日本大使館からの警告が
あったりしても、別に助けてくれるわけではないので自分で何とか
しなくてはなりません。

昨日は1日がかりで、窓に貼り付けた板を取り外したり、家の中の
ごちゃごちゃを直したりしていました。日本も地震とか怖いこと
いっぱいありますけど、ベリーズで唯一、数年に1回あることなので
自然とつきあっていけたらと思います。

今、被害を受けた北の地方(コロザル・オレンジウォーク)に救援物資を
もっていくプロジェクトを元職場のYouth For the Future(未来のための少年事務局)でやっています。救援物資に余裕のある方、30日までにお申し出ください!!!

昨日、ベリーズで交通事故に遭った友達が日本に帰国しました。

事故から2週間と4日、ベリーズの国立病院で2回の手術のあと、また骨折が発見されて
日本で精密治療に当たるため、転送されました。

初めて救急車から直接滑走路に入って、飛行機にそのままベッドのまま移送されるのを見ました。無事着いて、この困難を乗り越えていってほしいと思います。

さて、今週末大型ハリケーンがジャマイカ直撃、カリビアン地域のベリーズも
その圏内に入る可能性が大きいようです。そしたら避難するので、ブログしばらく
お休みです。あしからず。


書道教室2日目は、作品を紙に貼って、折り紙でデコレーション
して、オリジナルのフレームを作ろう!というのをやった。

「なんでこの教室に来たの?」って聞いたときに
「何か新しいものが得られると思って。」って子供たちが
素直に大人発言をする。日本みたいに親に行きなさい、と
言われたとかじゃなくて、未知の興味に期待してやってくるのだ。
そうゆうのを聞くと、私も何かもっと
新しいことを教えてあげたいと思って頑張りたくなる。

29

30






だいたい日本人くらいだよね。毎週、正座して習字して
同じことがずっとできるのは。私も12年間、毎週日曜日の朝は
書道を習いに行ったのだけど、今、それを自分の娘にできるかっ
て言われると根気がない。

3日目は人が増えていた。少人数限定で、11歳〜16歳対象ってした
にも関わらず8歳くらいの子も来てしまって、来たからには仕方ない。

筆が足りなくても、みんな回して書くのも問題ないし、
すずりじゃなくたって、みんな容器持ってくるし、
日本じゃなんで、あんなに必要のないスポイトとか余計なもの
買わされて、全員書道セット持ってるなんてなんてすごいんだろう。

「愛」と「平和」も書いた。自分の名前もカタカナで書けるようになった。
みんなの個性で直すのがもったいなくて、このベリーズは
おみあげのロゴにいいな、と1人で思ってしまった。

43

34






私も学びの多かったワークショップだった。

46

NGO SHARESの夏休み教室始まりました。

今回の場所は、なんとBelize Defence Force(自衛隊)の
キャンプの子供たち。お父さんが軍隊なのだとてっきり
思ってたら、「ううん。お母さんが軍隊で働いてるの。」
という子もいて、納得、キャンプの中に住んでいる子供たちは
夏休みだというのにどこにも連れて行ってもらえなくて、
そこのコミュニティセンターで書道を教えたのでした。

キャンプの中には、小さい子供のディケアセンターもあって、
私は(なぜかプロフェッサーと呼ばれていた)送り迎えのバスが
うちまで来てくれて、赤ちゃんと共に出勤し、BDFの担当員が
赤ちゃんを見てくれて、そのケアセンター代(週10Bz)
もBDFが出してくれるという待遇だったので、
理想の形で教えることができました。これは一週間続くのですが、
育児と仕事の問題を解決してくれる一つのスタイルだと思います。

18

17






さて教室の方、室内だが、さすがキャンプ内とあって蚊が多かった!!!(集中できない)

でも中には驚くほど上手な子(左写真)もいて、
見に来てくださったベリーズ自衛隊トップのボスも自分の名前に挑戦
しましたが負けてました。


シエラも初の託児所デビューで社会性が身につくと思います。

にぎやかな館内。しかしシエラはマイペースで寝てました。
020

21


一週間お仕事お休みさせてもらいました。

もう何を書いていいかわからないのですが、
人のために生きるって、大変だな、って。うん、そればっか。

あっちで倒れている人があれば、あっちに行って看病してやり
こっちに困っている人があれば、こっちに行って助けてやり、

そんな人になりたいと思って、生きてきたけど
実際あっちこっちで色んなことが起こると、体も一つじゃ
足りないし、精神的な余裕も足りないし、お金もかかるし、
仕事もできないし、って大変だね、こりゃ。

最後は、私が食中毒→赤ちゃんお腹下しって
一番身近の可愛いものにごめんなさい、でした。

めちゃくちゃ勉強になったこの2週間。
やっぱり生きてる人に感謝されるのが一番嬉しいから、
命大切にしよう。生きてる人、大事にしよう。

は、両立できるのか?

これは長い間、私の昔からの課題だった。

女は、20代でどんなに仕事を頑張っても、出産という
ところで一時停止し、育児に入ると家庭に埋もれて
社会復帰するのが難しい、そんな通説があるからだ。
 
私の母は、専業主婦だった。元々仕事へのキャリアはあるが、
亭主関白型の父の意向で、女は家にいるものだ、と母が仕事を
することを許さなかったので、私はいつのまにか疑念と反発心が
強くなった。今思えば、本当に父が許さなかったのか、母が
仕事を続けることを選ばなかったのかわからないが、とにかく
2人の意向は、母が専業主婦で私を育てることだったのだ。
私の手がかからなくなり、母にも余裕ができたときは、
もう働けない・・・、社会的にも、母自身でもそう感じていたに違いない。

おかげさまで私は独立心の強い子に育ち、大学に入る頃には、
私は絶対働き続ける、でも家庭も子供も持って幸せになりたい。
そのためには、出産で1度、仕事を辞めても、自分で何かを
起こせる力をつけよう、と思って20代を生きてきた。

歴史上の人物で名を残す女性には、一生独身で子供を持たない女性が
多い。マザーテレサにしても、人のために尽くして、それはそれで
幸せだったかも知れないが、「子供を作ることは女の義務である」と
言った家庭科の先生の言葉をよく思い出して、家庭を作り、
自分の後継を作ることは幸せであり、
本当の自分の幸せを知らないで、他の人を幸せにはできないのである。

だから、現代版のマザーテレサは、自分も幸せになって他の人にも
それを伝える。そのために社会的アクティブでいつづけたいのである。

では実際どうか。

妊娠期間は初期が辛い。特に会社勤めの人は。
中期〜後期は、栄養気をつけて貧血にならなければ働ける。
末期は仕事片付けて、出産に備えるべき。
大きい体だけど、映画とか外食とか等分できない楽しみに出かけて
おくのも大事。

そして育児。
最初の1ヶ月はもちろん何にもできない。赤ちゃんの世話もそうだけど
自分の体が動かせなくて大変。自然分娩ではなかったけど、帝王切開
なんて、簡単に聞こえるけど、赤ちゃんが通れるだけ体切って、脂肪
通って、臓器を詰めて、なんてやられたあとは通常の人ではない。

一方その頃の赤ちゃんは、1日をほとんど寝てすごす。食べて寝て、
食べて寝ての繰り返し。そのときは結構余裕かも、と思ったりしましたが、
1ヶ月が経ち、だんだん起きている時間が多くなり、そのたびに乳をせがみ、
また眠れなければまたぐずって、これからどんどん歩き回ったりしたら
ずっと見てなきゃいけないので、絶対看護者が必要!

ということで、家でピアノを教えるくらいはできるかな・・・
と思ってたんですが、できない!!!

この事実を受け止めるのに、1ヶ月。でもやるよ。

ベイビーシッターにしても、ケアセンターにしても数時間にしても、
結局準備やなんだで振り回され、1日の半分は赤ちゃんのことに終わっても
残りの半分で頑張る。そのためには、主人の理解も必要で、料理も洗濯も
やってもらってるんだけどね。。。

育児と仕事、まだまだ課題だね。

↑このページのトップヘ