中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

日本人ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー/コーディネート会社 ベリーズコンシェルジュと日本食レストランの顧問をしているソリス麻子のブログです。

December 2007

休みに入る前に、ご報告しておくことがありました。
SHARES2007の活動報告です。
http://www.bprp.bz/shares071220.pdf

これは、母校のフェリス女学院大学奨学会より
会報誌に載せていただくということでまとめたものです。
PDFファイルになっていますので、アクセスして
ご覧ください。

最後に、ここでも紹介されているベリーズ製品、海のジュエルは
12月23日(日)代々木公園、アースデーマーケットで
http://www.earthdaymoney.org/market/
販売されます。日本で応援してくださる方、ぜひ足を運んで
ベリーズのアクセサリーやマヤ製品を手にとって見て下さい!

ではでは
皆さん、ハッピークリスマス。


明日から、ベリーズ南部のプラセンシア&インディペンデンスに
行って来ます。

クリスマスはエルビスのご両親のところでごちそうになって、
あとは、白浜のビーチの続くプラセンシアでのんびりしたいと
思います。

休み明けは1月2日からブログ更新予定です。

コミュ
今回、ベリーズで無償協力をしているNGOで、
Universal Peace Federationという活動に参加させてもらいました。

場所は、首都ベルモパンから10分くらいのラスフローレスと
いう村で、噂によると、どうやら子供たちがゴミ捨て場から
食べ物を探しているとか、昔、政治家に利用されて、
選挙前に食べ物を配ると約束して当選し、
それっきりという目にあったという話を聞きました。

私たちは、政治団体ではなく、ボランティアなのだ、と
村をとりまとめている女性が案内してくれて、
コミュニティーセンターには、集まった人、人、人。

子供の数だけで100人以上、シングルマザーや障害をもった
人など見ただけで男の人が少ない過多家族とわかりました。


gals

fukuwarai





教育が普及していないのか、親は、他の国から移民してきたせいで、
英語がほとんど通じませんでしたが、歓声はすごいものでした。

アメリカでトレーニングを受けたコロンビア人がコーディネーター
となって、私もキーボードを弾かせてもらい、歌を歌ったり、
手品を見せたり、皆にロバの福笑いで楽しんでもらいました。

presenta
だっこ




そして最後にみんなにちょっとしたおもちゃの入った
お菓子の袋を配りました。あらかじめ人数は聞いていたのですが、
10人兄弟など巨大な家族の子供は、家庭に一つなど個別にプレゼント
をあげることができなかったので、少し心寂しい気がしました。
何人家族に生まれてきても、子供の価値はいっしょです。
彼女、彼らに罪はありません。

物資の援助には限界があります。始めたからには、これをいかに
続けていくか、また彼らが自分達で生活を向上できる
ように教育の機会を与えることに、少し責任を感じました。

彼女らは、英語や音楽を習ったことがないからエンターテーメントも
少ないのかなぁと思ったのですが、ちょっとした会話の中でタオルの
織り方を教えてくれたり、私の赤ちゃんをあやすのがとっても上手で
す。絶対来年はスペイン語をマスターしよう、というきっかけにも
なりました。
 
 純粋に楽しみましたが、考えさせられること、学ぶことが沢山
 詰まっています。学んで、SHARESの関係ができるといいです。

banner
BPRPは、Belize Public Relation Productionの略。


ベリーズをPRする生産的な会社でありたい!そんな
思いと私の得意分野が重なったので決まったのですが、

このドメイン、BZ、には面白い含みがあります。
これは、これを名づけの親であるにゃんこ先生が伝えてくれたので
紹介しておきます。

本来、.jpや.bzなどは、ccTLD(country code Top Level Domain)といって、国別の
ドメインなんです。
反対語はgTLD(global Tod Level Domain)。.comや.netなんかがそうです。

国別ドメインは、本来その国の中に連絡先がないと取得できないんですが、外貨を
稼ぐ目的で世界中から取得できるようにしている国もあるんです。
.tv ツバル、人口1万人以下の大洋州の国
.to トンガ
なんかがそうです。
.tvは「テレビ」だからインターネットTV局や動画サイトなんかが利用してます。
.toは「どこどこへ」を表わすので、転送用のドメインを中心によく使われてます
ね。
実は.bzもそんなドメインの一つ。

gTLDの.comや.netがいっぱいになってきたので、.infoや.bizというのが新設され
たんですが、長いせいか人気はイマイチ。

.bzならbusinessを連想させ、なおかつ短い。


.tvドメインのおかげで、大洋州の小国ツバルが、ネットの世界ではとても有名に
なったそう。首相が日本を訪れて、地球温暖化を訴えてるとか。
この国、100年後には国ごと水面下に沈むとか。

.bzドメインも流行り出して、ベリーズ知名度UP、首相が日本を訪れて、
ビジネスには、ベリーズのBZを!
なんて、日は来ないか???

ということで、新しいビジネスでドメインをお考えの方、
.BZはいかがですか?

今年のベリーズの仕事は終わりました。
プレッシャーを感じることなく、ピアノの仕事、イベントも
終了し、コンテナも来年までないはずなので、

明日は、ボランティアにちょっと行って、BPRPの
仕事の挨拶周りなどメールの仕事を進めておしまい!

クリスマスカード&年賀状はもう出したし、
明日から何しよう!?

中国語の勉強、友達の行ってる大学の国際学の勉強、
ピアノのスキルも伸ばしたいし、あ〜、
来年の目標決めるのが楽しみ。

写真は15日のクリスマス合唱と16日の学校の演奏会の様子。


JP合唱団
palotti

12月は何かと忙しいですよね。

「経験こそが財産」だった昔は、何かと足を突っ込んで
イベント全部引き受けてたんですが、

「ゆとりが大切」の今。
ちょっとでも、夫や赤ちゃんにしわ寄せが来てきついな、
と思ったら断るようにしています。

その中でも金曜の夜は、夫との約束の日。

ファーストフードでサンドイッチ食べて、ガソリンスタンドで
モカシェイク買って、家で映画見ただけなんですが、
とても幸せでした。

そういえば、昔、母にマックのハンバーガーを買ってあげただけで
すごく喜んでもらったのを覚えています。
サンドイッチとかハンバーガーって家でも作れるじゃないですか。

だから、主婦になるとそういうところに行かないし、

しかも、
ベリーズでは1軒しかないファーストフード店、サブウェイ。

おいしい。

ガソリンスタンドに行くと、ベリーズでは珍しい生ホイップの
乗ったモカシェイクがデザート代わり。

おいしい。

それから夫に香水をプレゼントされました。
私を主婦でいさせないのが夫の仕事だそうです。

うれしい。

来年は、もっとシエラに時間かけて会話して、いいママになるね。
って言ったら、僕は?エルビスは?と子供のように聞いていました。

育児も妻もやりながら、仕事にはプレッシャーかけずに
やるスタイルが、このベリーズでの生活とマッチして
いい感じ。いや、エルビスにいつもストレスをとってもらって
いるのかも知れません。

aozora voiolin
明日、あさってと、合唱団の子供たち、ピアノの生徒のクリスマスコンサートが続きます。

写真は、パロッティ音楽スクールのバイオリンを
練習する子供たち。この国では、ピアノを習う子より
バイオリンを習う子の方が多い。なんでだろ?


合唱団は、ベリーズに住む数少ない日本人家族をより集めて
結成されているのですが、環境がちがうせいか100%日本人なのに
日本人特有の照れや引くところがないというか、
いつも生き生きとしていて、本当に触れさせてもらって有難いと
感じています。。

少子化家族の日本なのに、家族規模も3人兄弟、4人兄弟と大きくて、
のびのびしている子供たち。
素材は一緒でも、ベリーズに住むとこうなるのかなぁと考えさせられます。

そんないつもお世話になっているベリーズママさんに聞いた
印象に残っている言葉は、

「私には、もったいない子供です。」

今まで、もったいないという言葉は、食べ物くらいに使っていて、
Im sorry for waste などと約していたのですが、これは訳せない!
し、外国人は、こうゆう感情を持たない、と思いました。

日本人には、謙遜していながら賛美する素敵な言葉だと思いました。

子供の輝きがこの国では、まぶしくて、素直にそれを感じるとき、
私ももったいない、と惜しみなく愛情を注いでみたいと思います。

そんな子供たちの発表
土曜は、マーシャルアーツアカデミーにて夜5:30から。
日曜は、ブリスセンターにて夜6:00から。
パロッティクリスマスコンサート です!

お時間のある方は、ぜひ見にいらしてください!!!

cruze

最近、カリビアンクルーズのツアーでベリーズを
訪れる際に観光客が、貧しい子供たちを訪れて、
クリスマスプレゼントを配っていく、というツアーが
流行っている。

これは、ベリーズ観光局とフロリダのクルーズ協会が
コラボレーションしてすすめているもので、子供たちは
もちろんハッピーだが、観光客もプレゼントを渡して
喜ぶ姿を見て、写真を撮って、満足して帰ってもらっている
新しい海外旅行・国際援助の形だと思う。

BPRPもこういったプロジェクトに参画して、
日本からお客さんが来てもらえればいいな、と思う。

先日、紹介した朝食プロジェクトのサルベーションアーミー
学校は、この企画の配布校には選ばれず、今年はベリーズの
最新ユニバーサル病院の医師、看護婦、スタッフが約1000ドル、
300個のおもちゃを寄付したという。

格差があるベリーズ内だけど、こうやって支えあってるのは
すばらしいところだ。何とか自分たちで何とかしようとしてる
からこそ、私も手伝いたくなるところだ。

クリスマスですもの
先日、belizemamaさんの紹介で、美容院に行ってきた。

美容院なんて、今年初めに日本で行った以来、
ずっと行っていなかった。というか、ベリーズでこんな
ちゃんとしたところに行ったのは初めてかも。

妊娠中&母乳をあげてる間は、髪を染めるのも赤ちゃんに
影響するから、いけないんだって。
ようやく赤ちゃんも6ヶ月になり、母乳も卒業なので、
嬉しいやら、ちょっと寂しいやら。

クリスマス前だし、エルビスの為にも女を磨かなくちゃ。

カットはいつも、日本のヘアカタログを熟視している
タイワニーズの友達にやってもらうのだけど、
今日は、てっぺん黒の毛先茶のでっかいプリン頭を
直してもらうべく、久しぶりのスパニッシュのハイライトヘアに。

アルミホイルに包まれて、まぁまぁ日本でも同じような処置。
ヘアダイ液は、その辺のビューティショップで売ってる市販のを
組み合わせて。頭は、日本みたいに
「温度はいかがですか?」とか「かゆいところはないですか?」
なんて聞かれるわけがないけれど、温水が出るだけ有難い。

待っている間に、眉毛も無料でサービスすると言われた。
そこでokしたときに、出てきたのがこれ!

必殺技

糸。(しかも口にくわえてる。)(笑)

なんとこれを指で張って、すり合わせて毛を抜き取るのだ。
まぶたを自分で押さえていなければならない。
技量と効果はすばらしいが、鼻の下のウブ毛もこれでやる、と
いうのには耐えられそうになかったので、遠慮した。

やっぱりベリーズ。美容師は、ホンジュラスで
勉強して7年程経験の素敵なお姉さんだが、笑わせてくれた。

ヘヤダイ、眉毛カット、メイク、そしてホットカーラーで
セットしてくれて$60(約3500円)。
ベリーズ流の脱毛ファイシャル、試してはいかがですか?

構想から約1年、ベリーズのことをもっと知って
もらえるホームページがあったらいいな、と
思って考察を重ね、沢山の人の協力を得て完成しました!

ベリーズPRプロダクション公式HPです!
http://www.bprp.bz/

bz.はベリーズのドメインです。
皆さんの感想をお待ちしていますy

↑このページのトップヘ