中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

February 2008

Galleria
ベリーズシティのツーリストビレッジ前に
ギャレリアという名のおみあげ&アートギャラリー店が
オープン!

なかなかのクオリティと手頃な価格で◎でした!

このアート、ちゃんとベリージアンのアーチストが
作っているそうです。皿など欧米の作品も混ざっていて
私好み。これからリキュールやたばこなども入ってきて
免税店のように成長していくんでしょうか。

ここは、ツーリストビレッジの外にあるので
誰でも入れますよ。パスポートも不要です。

garifu
plate

私、お恥ずかしながら、運転免許試験2度めで
合格しました。

日本では国際運転免許証を取ってきてたんですけど、
なんとベリーズは、それが適用される国のリストに
入っていません。
旅行中にレンタカーで運転するくらいなら、構わない
のでしょうけど、やはりこの国に住んでいて、これで
押し倒すわけにもいかず、ベリーズのIDも欲しかったので
いざ、運転免許試験に臨んだわけです。

運転免許を取るには、まずTraffic Depertmentに行って、
ドライバー学習者許可証をもらいます。そして1週間後に
もう一度Traffic Depertmentに行って筆記試験を受けます。

集合時間なし、制限時間もなし。70%正解で合格。

ゆるゆるだぁ〜。と油断していたらヤラレました。

Q.プリンスストリートに駐車する時はどうする?
Q.バラクロードからニューロードのジャンクションは、どっちに止まる?
Q.スウィングビレッジを通過するときは、ライトを下げるのはなぜ?

問題がとてもローカルです。とても国際法には遠いです。
おまけに文章筆記のため、英語で、ウィンカーを出すと
いうのも「ウィンカー」ってなんていうんだっけ_?

正解は、「Mecanical indicator」ですが、よくわからず
Signal(シグナル)を出す、なんて書いたりして、また
1週間出戻りしました。費用は30Bz(約1600円くらい)。

国際免許を持ってない場合は、この後、友人の車を借りて
乗車テストがあります。車は自分で用意しなければならないのも
ベリーズらしい。ちなみに、ベリーズには自動車学校のような
ものは、なく、ベリーズでたった一人トーレスさんという人が
タクシーの車にドライバースクールと書いて街中を走っており、
捕まえて練習できます。

未だに運転する予定はありませんが、知っていて損はない
ベリーズのルール、とても勉強になりました。(ちゃんちゃん)

シエラが初めて熱を出しました。
全身熱くなって、ヒーンヒーン夜中も寝れない様子なので
とうとうお医者さんに連れていくことにしました。

連れていったのは、公共のクレオパトラ病院。
ベリーズでは公共の病院はタダです。ですから、すごく
待たなければなりません。しかし、ベイビーが熱だというと
看護婦さん達は、すぐに対応してくれてお医者さんに合わせて
くれました。

byouinn

しかし、その時には、シエラはもう熱は下がり、ご機嫌。
看護婦さんに構ってもらえたのと、医療器具がシエラには
とても面白いおもちゃに見えるらしく、聴診器を持って
離しません。
「元気そうですね・・・。」
「は、はい。でも昨夜は本当に熱があったんです・・・。」

スラスラと、処方箋を書いてくれて、センターから無料で配布されるもの、
薬局に行って買わなければならないものを教えてくれました。
薬局に行くと、ビン3本です。と言われました。

私が「?」と不思議そうな顔をしていると
ジュースの空き瓶を持ってきて薬を買っている少女がいました。

それでようやくわけがわかって、私はビンを持ってきてないので
買えないか?と聞いたら、一本50セントでくれました。
そうここでは、薬のボトルは自分で持ってきて入れてもらうのです。

私立の病院に行くと、診察料だけで50ドル、+薬代がかかりますが
公立だと診察は無料、薬も特別なもの以外は無料で、
あのマリーシャープでさえ、公共を使っているというこんな逸話が
あります。(彼女本人が言ってたので構わないと思うのですが)

ある時、マリーさんが息子が風邪を引いたので、公共の病院に行くと、
待っていた患者さんが、「あなたはお金持ちなんだから、私立の病院に
行けばいいのに」と言われたそうです。そこでマリーは「私は、他の人
より税金を高く払ってるのよ。だから、私こそ公共の施設を使う権利が
あるわ。」と言い返したそうです。

私もこれからも公共の病院を使い続けると思います。
あと1人ずつ公共の病院にお医者さんがいてくれたら、ずっと
サービスもスムーズになると思うのですが・・・。

ベリーズの医療事情。新政府に期待です。

日曜は、エルビスの釣り仲間の船長さんが
森の中にリゾートを建設中というので見に行くことにしました。

マスカルは、ベリーズシティから北へ約2時間、
アルトゥンハという遺跡を越えて、奥地の村です。

prul
track







バスで行く予定でしたが、マスカル行きのバスは日曜はない
ということを朝に知り、エルビスと2人で自力で行くことに
なりました。Norzern Hwy、Sand hillジャンクションを
降りて1時間ほど歩きました。村に行く車はほとんどありません。
疲れたので、道路に2人で寝転がって、次の車が
前から来たら帰る、後ろから来たら行く、ことにしました。

エルビスは「新鮮だ〜」と言いながら
木になっているプラムをそのまま食べています。

後ろから車が来ました。危機一髪というところでトラックに
拾ってもらって、そしてついにマスカルへ!

マスカルに着いて、「白くて、太った人を知らないか?」
と聞き込みを始めました。

mary
RV







船長さんには行くことを伝えてありましたが、いつ着くか
わからず、マスカルに住所もなかったので村人に聞くと、
皆教えてくれました。なぜ住所がないか、というと、
彼は、RV(キャンピングカー)の中で生活していたのです!

そしてついに彼を発見!
彼の計画では、ここに6棟のカバーニャを建て、マスカルの秘境として
川を上って観光客を呼ぶようです。そして各カバーニャには、専用の
ジープカーをつけ、ゲストが自由にジャングルを探検できるように
するということです。

hakkenn

river






それからゲストがいつでも自由に食べれるだけのバナナを
植えておきたいということで、植物園に行きました。
なんとバナナの木、10本で40bz(1本あたり約250円)でした。
これで年間中、バナナフリーと思うと幸せですね。

ベリーズでは料理によく使われるリカドの木も見ました。写真下左
ベリーズ料理はこちらを参照。
http://www.bprp.bz/basic/food.html
チキンの色味付けにレッドリカドが使われています。

最後に村の子供たち。いつか遊びに来てね!

りかど
maskal kids

昨日は、バレンタイン&ベリーズで正式に結婚が
認められた記念日☆

今日は、絶対に怒らない、不機嫌にならないと決めて
デートに出かけました。え、なぜかって?

ベリーズは友達いわく、「ふざけてる国No.1」なんだそうです。
日本のまともなサービスを期待すると、キレるか、落胆するのが
オチです。なので、あまり期待はしないで客観的に楽しむと
面白いです。

1)最初はショッピング、2人でお互いに服を買うことに
ルンルンでした。しかし、買っても日本のように紙袋などなく、
黒のスーパーのごみ袋に入れられるだけなので、
やめようということになりました。(このあと食事にいくのに)

すると、店の女主人がデポジットを入れていけ、と言い出しました。
デポジットも何も、今日は持ち帰れないからまた来ると言ったのに
私も強く言われたので腹を立ててしまい、じゃあいらない、と
言ったら、今度は値段を下げてきました。

さっきは、もう限界までディスカウントしたから下げれないと
言ったのに、帰ると言ったら下げてきた!私はこれにもカチン。

相手はインド人。エルビスは商売上手なんだよ、となんとか
なだめてくれましたが、商売なら「お客様は神様でしょ?」と
思ったところで、終了ー。ベリーズにはそんな概念はないのでした。

2)メインは、某Pホテルでバレンタインビュッフェ。
予約もしたし、と思って実際言ってみると・・・・。

「すみません。予約でいっぱいです。」
「えっ、だから私予約したんですけど」
「もう終わってる・・・。」

実際はこうだ。予約の名前など確認せず、どんどんお客さんを入れたので
食事がなくなってしまい、もう終了していたのだ。
予約の意味がないじゃないかぁぁぁぁ。

ともかく、最後にクラブカリプソという外のお店で食べられたので
良かった。中のビュッフェより、食べ物もずっとおいしくて、夜の海を
観ながら雰囲気も良かったので、万事おさまるでした☆

こうゆう時、日本のサービスってすごいよなぁって再認識します。
ベリーズでは本でも勉強するのが難しいけど、ネットで
面白い人を見つけました。「サービスの宝箱」としてブログに
サービスの理論を体系的に研究しており、プリントアウトしてでも
読みたいなと思った人です。http://blog.livedoor.jp/ym01/

今日は写真がなくてごめんね。影響されてつい書いてしまいました。

文化放送「デジタルラジオUNIQue → http://www.uniqueradio.jp/ 」のト
ラベル情報番組で、生放送に出演します。
この番組「ヤマモト世界旅行社」は各回の放送で世界の
ディスティネーションを一ヶ所取り上げ、その土地の旅行
情報をさまざまな角度から紹介している番組だそうです。

先ほど取材のお電話がありました。日本語でベリーズのこと
いっぱい話せて嬉しかったです♪

番組HPはこちらです。
→ http://yamatra.azureconnexion.com

番組案内を見ていたら、「世界最高のビーチの1つをもつ、
キーカーカー」ですって。「知られざる宝石のような中米のこの国」
ですって。まかせてください。

中米・カリブ地域でも数少ない英語圏のこの国のトラベル情報をお楽しみに!

【放送日】
生放送(1回) … 2月23日(土)午後4時〜午後6時
リピート放送(3回)…2月24日・3月2日(日)午後2時〜午後4時、
           3月1日午後4時〜午後6時

出演時間は、午後4時15分くらいになると思います。
日本のみんな〜、聞いてね〜。

higasi
”Imagine the possibilities”
(想像してごらん、可能性を)

をスローガンに訴えた新首相のディーン・バロー。

なぜかこの写真を見たときに、日本の東国原知事を
思い出しました。なかなか雄弁で革命児で、可能性を
持った人。就任会見では、アナウンサーに向かって、

「とてつもない責任と立ちはだかる巨大なチャレンジ、
にキリキリする思いだ。でも私の決心は確かだ。
私はいつも全力でベストを尽くし、正直でできる限り
開かれた(政治を)すると。」

there’s this keen sense now of the tremendous
responsibility, the huge challenges that lie ahead
and this determination on my part to steel myself
to ensure that I always do my very best and that
I do so as honestly and as openly as I possibly can.”

Keen senseというのが格好いいな、と思って全文載せてみました。
果たしてベリーズがどう動くのでしょうか。期待しています。

shishimai
今日はチャイニーズのNew Yearを祝うイベントがありました。

日本では、旧正月といってもあまり街角で見られることは
ありませんでしたが、ベリーズはそれぞれの民族が文化を
強調しあって生きる国。

今日は、獅子舞がベリーズシティ中のすべてのチャイニーズ
ショップを舞っていました。なぜか長安レストランの2Fからは
お金の包みがぶらさがっていて、爆竹にも日が点き、
ものすごい音を立てています。

ベリーズの子供たちは余った爆竹が欲しくて、獅子の後を
探っていました。

bakutisku
bakuthiku2

昨夜、選挙の開票が行われた。
10年以上続いた現首相のPUPが大敗する結果になった。

ベリーズに暮らして4年目になるが、歴史は繰り返すと
実感する。米騒動のような事件(ダウンタウン叩きわり)、
農地開拓(土地の分配政策)、そして、幕末のような
自民党と民主党がひっくりかえるような歴史的瞬間を
ベリーズで経験した。

ベリーズに来るきっかけになった協力隊の要請が、
現在のムサ首相の起業家育成プログラムだったので、
もう存続しなくなってしまうのは、ちょっと寂しい気も
するけど、時代が経つと政権も荒廃する。

これだけ汚職も見つかってるのだから、日本だったら
警察行きになりそうだけど、これからムサ首相はどうなる
のかな。勝利したUDP政党トップのディーンさんも
なにやらダイナマイトなイメージだけど、改革なくしては
前進なし。この国良くしてくださいね


寝ても覚めても、笑顔。
sierra9
sierra8







先週3回目の予防接種でした。あと1歳までなし。
離乳食は1日2回。ベリーズの人は、全然ドロドロのものを
作らない。ゆでバナナ、ゆでポテトくらい?

自分でスプーンとお皿つかもうとするので、
そこらじゅうご飯飛び散って大変です。

7

すごく立ちたがるし、横にさせてるときは、
ベットの端から端まで転がりまわり、カーテンやら
そこらじゅうのものをひっぱり、前には動けないくせに
後ろには2mも3mもずりずり下がって悪さしてます。

歩行器を使わせるべきか悩んでます。
私は、ハイハイをしないで歩行器使ったので、腕の筋力が
伸びなかったと言われてました。

ベリーズでは、足の筋力つくのに、歩行器いいよと
言われるし、私も歩行器で一人で遊んでくれれば安心だし
使いたいけど、エルビスも私の話を聞いてか、うちでは
歩行器禁止令が出ています。

パパの上でボンボン。↓
chichito

↑このページのトップヘ