中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

August 2008

ブログネタ
プチセレブな女社長を目指す に参加中!
lesson今日は、趣味のお話。
シエラちゃん、ベビーシッター中にしてる仕事以外の
最高の贅沢。

「ピアノのレッスン。」

20年以上、ただ辞めなかっただけ。それで飯が食えると
思っていなかったので、音大行こうとは思ってなかったし、
まさか今教えてるとは思っていなかったけど。

ベリーズには、国にピアノが数えるほどしかないので
弾ける人もほんの一握り。でも、近年キーボードがアメリカ
から入ってきて、弾きたいという人も沢山出てきた。

最初は、余暇で何かできればいいな、と自宅で教え始めたけど、
ベリーズでも有名な音楽学校で教えるようになってからは、
自分もスキルアップしなければならない!

特にベリーズでは、イギリスのグレードシステムを取っているので
先生がパスしていないことには教えられん!ということで、
来年、ディプロマを目指すべく、グレード7という高校卒業程度を
取ることになった!曲はなんとか弾けるものの、スケール、音楽理論が
全くわからん!誰が私に教えてくれるんじゃ、というわけで
この夏、イギリスから来日中のプロのピアニスト、フランシスレノー
に特別見てもらえることになった。しかも費用は学校もち!

学校にNICHという国の文化財団のようなスポンサーがついていて、
そこから未来の音楽の卵を育てる教員に、都市ホールでレッスンがなされる。

こんな環境に感謝。自分だけでは勉強できないこと、教えながら自分が学ばされる。
いくつになっても自分の能力を伸ばすことは、楽しい。

フランシスレノーとその生徒達の発表会は、9月12日(金)。
ブリスセンターにて。私もショパンの子犬のワルツと、ルパン3世のテーマ連弾で
登場します。ベリーズにお住まいの方、見に来てね!

banner
人気ブログランキングへ

ブログネタ
海外生活 に参加中!

tateついに完成。BPRPのパンフレットです。

今更ながら、友達にもBPRPって何?展開が早くてわかんない、
何やってるの?と聞かれますが、

BPRPはBelize Public Relation Productionの略称で
ベリーズのPRプロダクションです。

観光を第一産業とするべリーズを少しでも多くの人に知ってもらいたい、とベリーズ初
日本人エージェントのマーケティングカンパニーとして起業したわけですが、実際ここに来てもらわなければ意味がないと、最近ではトラベルエージェンシーとして、ホテル、ツアーの予約、現地ガイドも始めたわけです。来年には、もっとメディアに進出して、ベリーズってこんな国なんだ、と
知ってもらえるようベリーズのパンフレットを作りました。

実際、ほとんどの人にベリーズって何?国?と聞かれるわけですが、調べようとしても日本には、地球の歩き方の中米編にちょこっと載っているだけで、
ベリーズに関するガイドブックや書物はほとんどありません。

そこで海外協力隊経験のある私と現地人の夫と私の日本の友人のネットワークを借りて、自社でパンフレットを作りました。世界遺産のブルーホールを表紙に、海好きのあなたに、山派のあなたに、とベリーズで楽しめるアクティビティの紹介、ベリーズ基本データ、日本からのアクセス、BPRPスタッフ紹介などの内容になっています。

naka

デザインにあたっては、HPページでもお世話になっているジムコックデザインの
岸野英子氏に多大なる協力を得て作らせて頂きました。いつも彼女が生み出すブルーのアレンジセンスは、脱帽でとても気に入っています。
お仕事の依頼はこちらへ→
jimJIMCOK DESIGN Co.,Ltd. (ジムコックデザイン)

★ADDRESS:東京都豊島区  TEL:03-3469-6737
[東京] [石垣島] を拠点とし、デジタルメディア制作他、石垣島への移住のご相談、業務受託等を行っています。

より多くの人の心に届きますように。本日もクリックお願いします!
banner
人気ブログランキングへ

shot ツアーのあとは、仕事した感が。さすがにおつかれ。

ありがたいことに、来月〜年末年始にかけても問合せが続いており、
気がつくとパソコンの前の鬼になるので、週末はゆっくり
家族と休むことにしています。

たいてい行き先は、海かプール。






mamadaisukipuu









仕事中はおばあちゃんちでムクれていました最近のシエラ。

水に浸けるとご機嫌回復しました。




それから、女の休日の楽しみはショッピングですよね?

takaramonococonuts




高いものじゃないのですが、ちょっとしたベリーズアクセサリーを見つけると
幸せな気分になります。(写真は、私物のコレクションです。)




それが日本のデザイナーさんに言ったら、こんなアレンジ試作品をもらいました。
かわいい!彼女にもここに来てもらえたら、インスパイヤーすること間違いなし!






necklessyubiwa




ベリーズは、宝物の宝庫です♪
知ってほしいけど、知られなくないような。人気投票にお願いします♪
banner
人気ブログランキングへ

drawing2人目の性別がわかった。男の子だ♪
この上なく、嬉しい。

写真は、超音波検査で赤ちゃんを下からみたところ。
足の間に突起物が見える。現在22週目で妊娠6ヶ月。

だいたいDUEは、12月初旬だが、帝王切開なので、
誕生日(手術日)が決められる。私は、四柱推命を
信じていて、理由はわからないが、なんだか当たるので
息子の誕生日が彼の一生の運命を決めるなら、と思って
候補日を占ってもらった。

11月29日の場合:
旦那さんと本質が全く同じで”母性豊かなコアラ”となります。

母性豊かなコアラは、コアラの中でもひときわ暖かい愛情に溢れています。
また、動と静が効果的に働いているタイプで、粘り強さと頭の良さから、先を見
通して長期的な展望で仕事をこなすことも可能。夢や理想に向かって、長期的な
努力もします。
ただ、最大の難点は先走りしすぎること。天性のカンを頼りに生きているため、
良い時と悪い時の差が激しいのが特徴です。テキパキとやっていても、気が付く
と一人で意固地になっている可能性もあります。

12月6日の場合;
”強い意志を持ったこじか”となります。
月グループですので、麻子さんとも旦那さんともまったく異なった本質で
生まれてきます。人望、周囲との調和、四六時中暖かく包まれている環境を
好みます。
こじかは甘えん坊で無邪気、無邪気すぎて時には人を傷つけてしまう一言が
あるぐらいに無邪気です。
考え方は保守的で、目立った行動をするよりも人との調和を大事にします。
ですが、面白い運の持ち主で、保守的な行動を取っているにも関わらず
周囲の人たちからの人望を得てリーダーになる時もあります。

12月13日の場合:
”クリエイティブな狼”になります。
地球グループですので旦那さんと同じ部類ですが、狼はペガサスと
とても似ているので、麻子さんとの相性はばっちりです。
ちょっと宙に浮いているような感じで、人と同じことをしているのが嫌で、
それこそ一匹狼のような生き方を望みます。
しかし、狼は家族意識が強く、家族をとても大切にします。

私は、太陽グループのペガサス。(行動力を持った勇敢な人らしい)
旦那は、月グループのひつじ。(後輩や人の面倒見が良く情に厚い人が多いらしい)
シエラは、地球グループのクリエイティブな狼。(サッパリとしていて、飾り気のないチャーミングな女の子だそうです)

次に誕生する息子は、いかに!12月6日、希望します!
banner
人気ブログランキングへ



ブログネタ
アメリカ中南部生活 に参加中!
zeitaku またまた出ました!8月19日コンビ二に登場した新製品!

「贅沢オレンジ」

ラベルに、カリブ海の宝石"ベリーズ産"との文字が入ってるそう!

バヤリースブランド、こないだのカクテル同様、
メーカーはアサヒ 350mlで170円。私も飲みたい♪

ニュースリリースはこちら。
http://www.asahiinryo.co.jp/newsrelease/topics/pick_0778.html


いいねぇ。贅沢なものを飲んだ時の至福感に一票☆
banner
人気ブログランキングへ

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
空のブルーホールとお見送りのご案内

blue holeいよいよ最終日となりました。

お昼までにチェックインを済ませ、帰りはなんと
小型飛行機をチャーターし、空のブルーホールを見下ろします。

写真で見ると幻想的で、加工されてる写真ようですが、
これ生の色なんですよ。右回り、左回り、みなさん写真撮れるまで機長は、飛行機を降ろします。

お客様アンケートでも、この空のブルーホール
よかった!という声が多かったです。

私は、国際空港にて、皆様が到着するのを待ちました。

幹事のお客様からは、こんなお礼の言葉を頂きました。

「現地では、今まで経験したことのない様々なすばらしい体験や活動ができ
ました。特に、ブルーホールのダイビングや空からの遊覧、野生のワニにも会えた
マヤ遺跡観光、イルカも歓迎してくれたフィッシング、絶景で快適なホテル、
夕日を見ながらの夕食、等、全てが大変印象的な旅でした。

空のブルーホールは***さんや(含む、BPPRスタッフ)のサポートなしでは
不可能なことで大変感謝しております。(以下略)」

ワニやイルカや美しい夕日が出てきてくれたのは、私も予期できたこと
ではなく、ベリーズでは色んなハプニングが起こってくれて、それは
嬉しいことばかりではないけれど、でもベリーズが幸せな恵みの地である
ことを改めて実感します。

集合写真一番嬉しかった言葉は、
「株、買うよ。BPRP絶対のびるよ。」

と言われたことです。日本では、あまり知られてないベリーズですが、
あの世界のTOYOTAの役員の方に、ベリーズのツアーを体験して頂いて、
これは、イケル!と感じて下さったことが素直に嬉しかったのです。

まだまだ規模は小さい会社ですが、ベリーズの国と共に少しずつ
成長していければ幸いです。勉強させて頂いたお客様、BPRPとおつきあい頂き、ありがとうございました!


banner
人気ブログランキングへ

さて、前回、お客様から、

「釣った魚を日本へもって帰れるか?」 もしくは、

「釣った魚をレストランで捌いて食べさせてくれるか?」
とリクエストを受けていた。

さすがに魚はパックできたとしても、以前”するめ”で
空港で税関を通る時に「水産物を輸出するには許可が必要」と言われた
ことがある経験から、とても生モノが通るとは思えない。

caye cauklerそこで今回、午前中フィッシング 
ランチにキーカーカー(島)に上陸 釣った魚をバーベキュー 
(他にお魚も用意しといてもらう)ことになった。

*キーカーカー
サンペドロ島から20分ほどの小島。サンペドロに比べるとホテルよりはロッジが多く、バックパッカー向けで安くベリーズシティから日帰りツアーもできる。

フィッシング 午前中3時間くらいで、6匹ほどの種類の様々な魚がつれた
スタッフがロブスターを1尾ゲット ランチでいただくことに.

12:00 キーカーカーに上陸 

fishingポイントを変えながら男性は釣り、そのあいだ女性はラムコークとフルーツで歓談
omiyageバーでビールを飲んだり、砂浜でのんびりしたり、アクセサリーなどのお土産のショッピングを楽しまれていました

ーいりのシチュー的なもの、トルティーヤ、ビーンズ

14:30 コーラルガーデンをシュノーケル(マスク・フィン無料)

帰りの船に4匹のイルカたちか戯れ登場!

dlyphin
すごいなと思ったのが、昨日1日ブルーホールと3本のダイビングをされて
翌日、お客様全員がまたフィッシングチャーターにご参加になったこと。
チャーターなので、フレキシブルに対応できましたが、
お客様は、男性6名で女性も5名様いらっしゃり、年齢も失礼ながら
ご退職されている方ということで、女性の不参加はもちろん、
ボートキャンセルも覚悟していたのですが、全員で1日参加ご希望に
なり、盛り沢山のスケジュールをすべてこなしてくださって、
自然の生き物も旅を盛り上げてくれて、
コーディネーターとしては、嬉しい限りでした。

banner
人気ブログランキングへ

ブルーホールダイビングのご案内

reported by Chaco

5:30 集合 ショップに用意されている軽い朝食を食べながら待つ(コーヒー、パン、チーズ、バナナ)

6:00出発 2階建の大きなボート ダイバー総勢25名ほど

出発してほどなく船のメンテナンスのため、30分ほど徐行運転をくりかえす
(実はこの前夜、チャコの旦那さんは寝ずにボートメンテナンスをしていた)
島に上陸し、その後なんとか持ち直す
     
9時ごろ ブルーホール到着 

Blue hole1本目 ブルーホール

*ブルーホール 世界遺産に指定されている世界でも例の見ないカリブ海の大穴。直径約300M。深さ約125M。氷河期以前に地面が陥没して、洞窟になっていたものが水面の上昇により、海面に覆われてできたと考えられている。水の透明度がよく、海面下に鍾乳洞が見られるのと、深さによって青のコントラストができるのが大変美しい。

2つのチームに分かれて潜る 1通常のブルーホールダイビングのご案内
(45M程度) 4名希望
             2浅瀬(20メートルほど)を(残りダイバー)ダイビング 


half moon2本目 ハーフムーンキー 

*ハーフムーンキー
ここも自然保護区として、沢山の野鳥が観測される他、海がめが産卵のため砂浜に戻ってくる場所として、バリアリーフの中の貴重なもっとも美しい無人島。

2チームに分かれてダイビング 急浮上をしてしまう方が3名ほどいた

(ダイビングでは、急浮上をすると脳に障害または肺に危険を伴うので
同行ダイバーがひきとめます)

ランチのため ハーフムーンキーに上陸
シチューチキン ライスアンドビーンズ マカロニサラダ ジュースのランチ

3本目 アクアリウム 

*アクアリウム
「水族館」を意味するダイビングスポットの名前通り、
沢山のさかな達とカメやマンタが現れるスポット。

水中集合写真















「ダイビングのあとは皆さんご満悦のご様子でした。でも3ダイブはさすがにつかれたようで、帰りの船ではみなさん寝入っていました。
ボートででてきたラムパンチを飲みながら、夕日を眺め、6時半ごろサンペドロに到着。」

とのこと。

実は前日、ダイビング技術不足の方が多く、ブルーホールダイビングのご案内
をシュノーケルに変えられないかとスタッフの相談を受けていた。
しかし、お客様、ブルーホールに潜るぞー!と1日目のダイブのあと
飲みながら壮行会をされたということで、心配さながら潜っていただくことに
なった。無事帰還の報告を受けて、大変安堵した。

この日、夜10時半頃日報が送られてきた。朝5時頃から夜遅くまで
本当におつかれさま。チャコちゃんに一票。
banner
人気ブログランキングへ



ベリーズのダイビング案内

reported by Chaco
holchan8:15 集合 ローカルダイビング 2本
レンタル機材のフィッティング 

9:00 1本目 ホルチャン 浅瀬ながらも流れがつよいのでビギナーのダイバーの方々は四苦八苦。 ベリーズのダイビングでは、ジャイアントスライドでのエントリーなので、女性の皆さんチャレンジ。

* ホルチャン国立公園は、1987年中央アメリカで初めて海の中の自然公園として海洋保護区に認定。
パークフィーとして、1人5Bzかかる。サンペドロから5Kmもっともメジャーなダイブスポット。

ベリーズのダイビングでは、水上の休憩を船でとる間、シュノーケルを楽しんだ
イワシをえづけし、たくさんの魚、エイたちをおびきよせているなかシュノーケル。

shark alay    2本目 イーグルレイアレイ

* イーグルレイアレイ(シャークレイアレイ)
2、3mの浅瀬にナースシャーク、スティングレイ、などが集まってくるポイント。
かなりサメを真近で見たり、触ったりできる。

lay2

ベリーズのダイビングの午後の自由行動では、4名が追加で1ダイブ。


他の方はゴルフカートレンタルしてサンペドロ見学。
夕方のクロコダイルの餌付けショーをご覧になったとのこと。

wanisanpe 写真はサンペドロ島。




6:00 夕食レストラン 

ベリーズのダイビングでは、サンセットグリルでは、美しい夕焼けが。

sunset grillベリーズのローカルダイビングに1票お願いします♪
banner
人気ブログランキングへ

reported by Chaco

boat8時 ダイビングショップ発 小さめなボート(定員ちょうどくらい)でアルトゥンハへ
リバークルーズのガイドをサンペドロ南側でピックアップし、海を走ること約30分。河口に到着。

リバークルーズは30分くらい、鳥、植物(ラン、エアプラント)コウモリ、などを所々、ボートを止め観察しながら進む。


*ベリーズには600種類以上の鳥類が生息する。動物類は約150種ほどだがなんと
その半分は、コウモリ。(前回研修講師のRudyさんのお話より)
ベリーズの国花は、ブラックオーキッド'黒蘭’で実際には紫色の小さな野生蘭である。

orchid
ボンバに到着 船から待機していたバンにのりかえ、ここから40分ほどかけてアルトゥンハへ ところどころ村や眺めの説明をガイドがマイクでしてくれた。


アルトゥンハ遺跡に到着

アルトゥンハは、紀元前200年頃から存在し、紀元後200〜900年の間に栄えた遺跡。
そのあと1950年ごろ発見され、1962年から1971年の間に調査された。
この遺跡の8キロ四方には、250から300の塚が存在する。本当の大きさはいまだ分かっておらず、おおよそ8千から1万人の居住者がいたのではないかといわれている

この間、何があったのか、なぜ滅びたのかは全くもって謎である。

tyojotyojo2(写真は頂上からの景色)
*先に広がる広場 プラザAの寺院を説明
 ここには、翡翠、黒曜石の装飾品が多く見つかっている

*プラザBへ 太陽の神殿に希望者のみ登る
 上にある台の上で生贄の儀式ではなく、
 生きているものの血をとり火をたいて お祈りの儀式を行っていた


マルバリゾートにてランチ
 ベリーズらしいメニューである。(ドリンク、グリーンサラダ チキンor フィッシュ ライスアンドビーンズ バナナケーキ)

marubamaruba2

ランチのあとプールサイドでお昼寝タイム
2時間ほどの滞在のあと、バンにのりこみ川岸へ 



帰りの船では なんとクロコダイル、マナティがお見送り!?
(姿ははっきりみえなかったが、白いものが水面下にすすんでいた)とのこと。

*マナティー
カリブ海で最も絶滅危惧種に指定されている動物。
manateeアメリカマナティは、現在世界に1200頭生息しているが、
そのうち900頭がベリーズに住む。体長4M、重さ1トン。


16:30ごろ ホテルのあるサンペドロ島に到着。

19:00 夕食の場所をご案内
 明日のダイビングについて説明


下見の時は、私自身、半日射病になり頭が痛かったが、
ほとんど皆さん、遺跡頂上まで登られる元気っぷりだったよう。

ベリーズシティからは、車でのツアーが一般的だが、
島からの訪問ということで、川をボートで上り昔ながらの交通路は
歴史をさかのぼる感もあって楽しめたのではないでしょうか。


ベリーズ遺跡ツアーに1票を!
banner
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ