中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

日本人ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー/コーディネート会社 ベリーズコンシェルジュと日本食レストランの顧問をしているソリス麻子のブログです。

July 2010

イッテQついに、あの超人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!"超田舎に泊まろうベリーズバリアリーフ編"」の
放送が今度の日曜日になりました。

次回予告によりますと、当日は、
イモトアヤコの珍獣ハンター、ブラジル編と
超田舎に泊まろう!ベリーズバリアリーフ編の2本立てのようです。


詳しいことは言えないのですが、超田舎に泊まろう!のコーナーでは
いつもお笑い芸人のヴィンテージ・武井さんが、世界遺産を訪れ、
無理やりホームスティをお願いし、号泣するコーナーになっています(^^)

さぁ、ヴィンテージ・武井は、ベリーズの過酷な炎天下の中、今晩の寝どこを探すことができたのか?
武井はまたも号泣するのか!?

私もコーディネーターとしてお手伝いさせて頂きました♪

放送後は、武井さんとの2ショットや非公開写真もありますので
ブログをお見逃しなく!サインももらっちゃいました(^v^)/

放送は日本テレビ系列 にて、8月1日日曜日 19時58分〜20時54分 です.
世界の果てまでイッテQ! 超田舎に泊まろう!〜ベリーズ・バリアリーフ〜
ご期待ください!

放送後の感想もお知らせいただけると幸いです!
(私は、日本からDVDが届くまで見られません(泣))

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

Belize tarpon July 10 002うちの旦那様です。彼も年々大きくなってますが、すっごい大きいターポン 中身のつまった鯉のぼり・・;50キロはあるそうです。@Turneff flatにて。
この時期、ここには100匹くらいこんなのが釣れるそうです。ああ、おそろしや・・・

エルビスは、今、グアテマラにいます。ツアーボート拡充のため、ボートの材料を仕入れに行っています。

彼のゴールは大きな船一隻と小型ボート3隻。
不思議なアイディアで船を増やすべく、日々頑張っています!


彼のホームページが充実して来ました。
http://www.belizefishingenterprise.com

Gallaryから彼のフィッシング写真が見られます。
年々確実に釣って、腕をあげてます。(用具代もかかってマス↓
ぜひ日本から釣り?格闘技をしたい人は来てね!

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

Scan10001今日は、ベリーズから日本に渡ったベリーズ人の先生を紹介したいと思います。

私がベリーズで結婚してから1年後、逆にベリーズから日本人に恋をして日本に渡ったベリーズ人がおりました。

名前は、キーロン・ラクロイさんといいます。

彼は、ベリーズではスチールバンドのプロミュージシャンであり、スタジオを経営していましたが、私と同期だった協力隊の女性に恋をして1年後、日本に渡りました。

日本といっても彼女は、熊本に住んでおり、東京とちがってスチールパンバンドができるような都会ではありませんでした。ある時は、彼は公園でパンを弾いたり、ハローワークへ行ったり、大変な苦労をしたそうです。

それから彼は今、英語の先生になりました。熊本の小学校でELTの先生として、
ベリーズと英語と文化を伝えるために毎日片道2時間の電車通勤をしながら、日々頑張っています。彼の日本でのカルチャーショックは、それはそれは計り知れないものだったそうですが、彼が日本に来ると決めたから、

2年間一度も愚痴をこぼさなかったそうです。


彼は、今、ベリーズに一度里帰りに帰ってきました。奥さんに
赤ちゃんができた、という報告も添えて。
とてもとてもうれしかったそうです。

私のところにもやってきてくれました。3時といったのに、3時、10分前には
やってきたので、日本人になったなぁと苦笑。

Scan10002私も日本人でありながら、ベリーズで生きてきて、文句をいいたいことも沢山あるのに、彼は、日本で文句一つ言わないで頑張っているのは本当に偉いことだと感動しました。そういうふうに言える奥様も本当に素晴らしいです。私も愚痴を言わず、パートナーを称える人になりたいわぁ。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


Faust1ぎょっと驚く挑戦者、開発者、冒険者など、ファウストの魂の持ち主たちの
話題を世界から伝える、FAUST ADVENTURERS GUILDにブルーホールがベリーズ紹介されてます。


写真家の竹沢うるまさんは、写真だけじゃなく、コピーライト、文章の才能もあると思う。

彼は宇宙人に私たちの住んでる地球を伝えるとしたら、という発想で写真を撮ってる人だから、
ブルーホールが「地球の入り口」だなんて発想ができるんだね。


Faustうるまさんが泊ってた宿の子供とお母さんの不思議な写真も。


写真家うるまの世界一周放浪記!!
http://blogs.yahoo.co.jp/zvc00730/

竹沢うるま写真事務所
http://www.uruma-photo.com/





ボンバー


頭のボンバー具合では、うちの子供も負けてないですが、写真のクオリティでは
かなわないですな(笑)(←写真・ソリス麻子)


今回BPRPでは、空撮の撮影協力。これからも世界旅行を続けるうるまさんを皆で応援しよう!


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


BPRPのHPが続々と更新されてます。

‐例えばベリーズシティ・レストラン情報が10件追加。地図もダウンロードできるから便利。
http://bprp.bz/city/belizecity.html

ベリーズシティは、歩きながらレストラン探すってできないから、
これで事前に行きたい場所を決めてタクシーで行くといいですよ。
私のいくところベスト10全部載ってます。

‐サンペドロも地図追加&レストラン追加。
http://bprp.bz/city/sanpedro.html

サンペドロは歩いて全部回れちゃうから、地図プリントして
自由に探すといいですよ。メジャーなとこだけ載せてます。

‐会社実績が会社概要にアップロードされました。
http://bprp.bz/company/index.html

この一年意外と頑張ったなぁ。車も新しくなったり、新しい家もほしくなったし、
これからもガンバロウ!

‐BPRPトップページにTwitter, Facebook,RSSがリンクされました。
ついったー、フェイスブックやっている皆様、できたてほやほやのベリーズPRプロダクションを
リンク&ツイート&フォローしてあげてくださいv

facebook http://www.facebook.com/pages/Belize/berizuPRpurodakushon/114801278568221

Twitter http://twitter.com/BelizePR



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

yuki
元同じ会社で勤務したこともあり、ベリーズで海外協力隊先輩だった
ゆきこさん。日本の忙しい生活もベリーズののんびりした生活も経験した彼女が
感じたこと、伝えたかったことは何でしょうか。

ベリーズを離れて約5年、今、彼女が日本で写真展を開催します。
大阪近郊の方はぜひ、お立ち寄りください。

-----------------------------------------------------------------------------------------
                      西川由紀子写真展
                 GROOVIN' IN BELIZE
              〜のんびり、ゆったり、ベリーズの日々〜


海と太陽の国「中米ベリーズ」。日本ではまだまだ聞き慣れない、
カリブ海に面したこの小さな国で、青年海外協力隊として暮らした
2年間。
経済的には決して豊かとは言えないけれど、溢れんばかりの笑顔で
日々を過ごす人々とのふれあいが、そこにはありました。
のんびり感漂うベリーズの日常風景を、のぞいてみませんか。
(出展作品:カラー55点予定)

会期:2010年7月8日(木)- 13日(火)
 11:00-18:00(最終日は16:00まで)

会場:MI.CA.LI gallery
 大阪府箕面市箕面6-2-18 カフェ「サルンポヮク」2F
(阪急箕面駅より徒歩1分)


<プロフィール>
1976年、大阪生まれ。日本アイ・ビー・エム(株)にてITエ
ンジニアとして勤務後、
青年海外協力隊に参加。中米ベリーズ政府人間開発省にてIT
サポート活動を行う。
帰国後、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士課程修了。
現在は、フリーランス翻訳のかたわら、大手電機メーカーの海外拠
点ネットワーク構築
プロジェクトに参画中。

詳細はコチラをご覧ください。
http://web.me.com/groovyyukiko/Groovin_in_My_Life/Belize写真
展.html


---------------------------------------------------------------------------------------
banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

P7020324 今月のお客様は、なんと77歳で中米を1人でまわられている
自称)意地悪バアサン、和田 妙華さんでした。

「出逢いふれ愛を紡いで中米ひとり旅」と称し、

5月28日から2カ月間、グアテマラから入る予定が、グアテマラ火山噴火の
空港閉鎖で、のっけからアクシデント&トラブル!

それでパナマに入ったものの、問題が起こり、大使館からも早く帰るように言われたものの、
コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドルと渡り、

そこは100カ国以上を旅している和田さん、ベリーズにもやってきてくれました。

空港に主人と日本人ガイドの新井さんを送り、ホテルにお連れする予定だったのですが、
うちに泊めてもらえないか?というのでびっくり!?

他の国ではマリオネットホテルのような一流ホテルに泊まられてる方が、
うちのような民家では、、と思ったのですが、

実は1週間前にとあるTV番組のコーディネートで、全然知らないベリージアンのうちに
突撃して、ホームスティをお願いする、という企画をやり、主人から
「君だったらどうする?」と聞かれ、いいよ、と即答する私がいました。

これも面白い御縁だと思います。夕飯の買い物をするうちにベリーズでは
数少ない日本人ですが、偶然海外協力隊の女の子にも会い、その夜、仲間を連れて
うちで鍋をすることになりました。

77歳の和田さんですが、どんなことにも目を輝かせて、すべてのことを楽しんでいるんです。25年前に旦那さんを亡くされたそうですが、
お子さんは3人、お孫さんは、10人!息子さん、お嫁さん、お孫さん皆、東大という超優秀家庭のお母様で、1人で世界を渡り、巧みに生きられていると感動いたしました。

中でも印象に残ったのが、「私をどんどん変えていきたいのです!」とおっしゃっていた言葉。
年を重ねるといいことばかりだけでなく、わるいことも見えてくるし、
自分のいたいようにいると思いますが、和田さんは、いつも新しい環境の中に飛び込んで
いって、それを楽しむし、何でも受け入れる、私は和田さんの中に伸びる若者の姿を見ました。

あんな方にはそうそう出会えません。どうもありがとうございました!
これからもお気をつけて、長生きされてください。


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

↑このページのトップヘ