中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

August 2010

登頂インターンのSaoriちゃん。
今回は、ラマナイ遺跡に登ってきました。

(写真は、ラマナイ頂上)以下、彼女のレポートより。

『マヤ遺跡は、紀元前200年に建てられました。ラマナイには約6万人が暮らしていた大都市だったと言われています。

マヤ族が使っていたカレンダーは、2000年が経った今私達が使っているカレンダーとほとんど狂いがありません!!!
また、彼らが使っていた2つのマヤカレンダーが交じり合う52年に一度、街を新しく作り直しました。
6万人の大移動が始まります!!!
実際には、隣に街を作り直すので、施設によっては52年が経っても使われていた場所があるといいますが、マヤ遺跡が広がっていった形跡が分かりますね。
そんな文明を残し、忽然と消えたマヤ族、、謎は深まります。

ラマナイ『"The High temple"
『ココには、雨の神様が祭られています。
洪水、干ばつの時、人々はココに集まり雨の神に祈りを捧げていたといいます。
頂上に上がるには1本のロープが頼りになります。苦労して頂上に上がった時に見える景色は言葉には表せません!!!ココは、ベリーズで3番目に高い遺跡ですが最古の遺跡になります。頂上に到達すると、海抜が低いベリーズ一帯を見回すことが出来ます;)』


バロン
『ジャガーの神様、バランです!!!
彼は、生け贄にされそうになっていた双子の兄弟を助けるために火に飛び込みました。
その時の火傷から、ジャガーには斑点模様が出来たと言われています。
バランは私達に、太陽と月を与えてくれたと信じられています:)』




墓『ココは王様のお城でした!!!
屋根はありませんが、太陽の光当たり方が計算されていて、朝夕には日が当たらなっています。日中だけ暖かい日差しが差し込みます。
ココには王様と何人ものWifeが住んでいたそうです!!!』

色は消えてしまっていますが、ココはセメントで固められ、色が塗られていました。マヤ族は当時、階級制を利用した唯一の民族だったといいます。
下の階級の人々は識字がなかったため、色に意味がありました。
白→北、赤→西、黄→東、黒→南、緑→地獄、青→天国
また、彼らはピンク(赤と白)やオレンジ(黄と緑)、紫(赤と青)など混ざった色は使用していなかったと言われています。


マスク
ラマナイのマスク
『ラマナイ遺跡ツアーで最後に訪れるのが、ココ、王様のお墓です!!!
コレは2010年2月に、元々あった像の上に修正された物ですが、形、表情は変わっていません;)
中にはまだ、王の骨が収められています。』




ステラ
『コレはレプリカ(本物は博物館で見る事が出来ます!!)
マヤ族が祈りを捧げていた時(!?)に、この像が倒れてしまいました。
神様が怒っている証だということで、神様が好むとされた5人の子供の生血をココで捧げたといいます。』



猿
『Lamanaiに行く途中、野生のサルを見る事が出来ました!!』
 +地元の子が川で泳いでいるのも見て、飛び込みたくなってたそうです。

こんな感じでSaoriちゃんの実地研修が進んでいます。

先週は、観光局へのインタビュー、カーニバルの練習にも参加しました。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

今日のご紹介は、先月、世界旅行をしながらオンラインで旅行記HPを
随時更新している世界一周夫婦ふたり旅のArisa &Yujiさんです!
http://96happyworldjourney.web.fc2.com/


図1




















HAPPY WORLD JOURNEYと称し、各国の特徴をとらえた写真と文章で
ベリーズも語られています!

個人的には、Diaryの「マナティのおなら」っていう記事が
気になって、気になって、面白かったです!!!

かなりデザインも素敵で感動しました。

こうやって、ベリーズを訪れた人のブログが増えると嬉しいですね。
来たいという人にもわかりやすいと思うので、BPRPのホームページリンクにも
ブログ広場ということで集めていきたいです。
http://www.bprp.bz/link/index.html

ぜひ他にもここにもベリーズ旅行した人の体験記見つけたというのありましたら
お知らせください。


先日、紹介したみじゅきさんのブログ、ベリーズ旅行記でどんどん
更新されてます。追ってまた見て見て下さい。

コメント数って、人気のバロメーターですよね?
お客様の方が、私のブログよりコメントもらえてたりして、私も頑張らなくては、
と思ってます。


ではまた!



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

P8160107blue hole 10 mikikosamaP8160112

清水様は、3泊4日という期間の中で、ブルーホールを含む5本のダイビングと2本のシュノーケリング、お帰り前に遊覧飛行という充実のスケジュールでした。帰りには、ベリーズシティも見学して飛行場までお見送りいたしました。

雨期で朝方、バケツをひっくりかえしたようなすごい雨が降るんですが、
その後、カラッと晴れてくれる。清水さん滞在中はほぼ快晴でした。

清水様のコメント「思い描いていた旅ができました。ブルーホールは、映像や写真で見た景色そのまんまの美しさでした。ダイビングについても、行くまでの景色、ハーフムーンキー、ブルーホール内の景色すべてにおいて美しかったです。
また、サンペドロは治安が比較的よく、女性の一人旅も安心だと思いました。」

お客様の旅行記は、こちらをどうぞ。空の上や水の中の写真、詳しい旅行記録が見られます!
●みじゅきさんのブログhttp://ameblo.jp/cherrylip21/

a hol chan 4 blue striped gruntshark raykame
8月はお客様がモリモリです!

N様:奥様と旦那様と10歳の息子さん、家族でセスナ機をチャーターして
国際空港到着からブルーホール上空を通って、サンペドロへ上陸です。
お父さんと息子さんで、ブルーホールダイビング、ローカルダイビングにも
挑戦しました。

K様:遺跡好きのご夫婦。グアテマラから国境を越えて、カラコル遺跡へ。
翌日はティカルにも訪れます。

A様;メキシコ駐在のA様。他の国では遺跡は沢山見ているそうで、
ベリーズでは、ブルーホール/ハーフムーンキーのシュノーケリングに参加。
サンペドロとキーカーカーと1泊ずつ手配させていただきました。

M・Y様:メキシコからダイビングお仲間4人で、ブルーホール参加です。
BPRPインターン期待の新人Sちゃんも現在同行中です。

Y・S様 アメリカ駐在のS様、サンペドロで5日間、シティで3日間
ゆったりと過ごし、最後は、ブルーホールを空から眺めます。

お客様のお好みに合わせて、様々なツアー&宿泊先をアレンジします!

bprp_banner




banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします



もみじ先述のワークショップの後半で、日本での社会起業の例として、
はっぱビジネスで有名な株式会社「いろどり」のビデオがベリーズで流れたんです!(字幕で)!!

「彩」は、徳島県の上勝町でみかんが枯れて町にビジネスがなくなって大変だった頃、
横一さんという素晴らしい起業家が、葉っぱを料亭の装飾として売ることを思いついて
、色んな困難を乗り越えて、成功したって話です。

すっごい色んなエッセンスが詰まっています。

ベリーズシティも今、スローシーズンです。アメリカの経済危機の影響も
受けてるし、日本人のお客さんはそんなことないですが、アメリカ人は暑い時期に
わざわざ暑い国に来ないので、夏が少なく、11月〜3月の冬が観光客が多いです。

ベリーズ人は言います、こんな国は嫌だ。アメリカに行きたい。と。

しかし、横一さんは言いました。
「モノの見る目を変える。モノは変わらない。」と。

上勝町は、みかんが枯渇した年、何も葉っぱや木々しかありませんでした。
奥さんは、葉っぱを庭で集めて捨てる作業がごみの山で大変でした。

しかし、今は、その葉っぱは「宝物」だと言います。すべてお金に変わるのですから。

ベリーズには、地域資源が豊富にあります。

ブルーホールもただの穴。森林地帯もただの山。湿地帯は何も使えない土地でした。

しかし、今はブルーホールは、観光資源として空から見つめたり、
なかなか見つからない隠れ家を作ったり、湿地帯でエビの養殖を始めたアルビンさんの
ように、地域を見つめて、良さを見出して、ずっと自分の住んでいるところが
好きな国でいたいです。

三輪車隊ラテンなジャパニーズギャル
写真は、我が家の三輪車レース。ラテンなジャパニーズギャル、シエラ。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


久々に観光を離れて、中小企業振興のセミナーに参加した。

私のフィールドは、起業家育成である。元来、ベリーズの若者に職を増やすとか
新しいビジネスを立ち上げる現場に関わることに血が騒ぐ。

ベリーズには、素晴らしいアイディアを持っている人や素晴らしい資源がある。

足りないのは、それをビジネスプランやキャッシュフローを立てる力。
ブレイクアウトも持たないで、銀行の利子が高いとか、投資家がいないとか
嘆いている人、多し。

今日は、省庁とか企業とか投資したいって言っている人だこんなにいるんだ、って
痛感させられた素晴らしいステークホルダーが揃っているミーティングだった。

内容は、JICA(Japan International Coorporation Agency)のコンサルタントが
6カ月ベリーズ70の中小企業を訪れ、経済危機の影響を受けているかとか、
それの改善策を発表するワークショップだった。

印象的な冒頭は、日本が戦後50年、荒廃したあとにToyotaやSonyのような
企業が出てきて世界市場に出て、どうやって経済回復を遂げることが出来たのか、という
ことによって、ベリーズ人リスナーの興味を引き付けたこと。

終わりは、ベリーズの中小企業約8000社が5人ずつ雇用を増やせば、
4万人の雇用が生まれ、ベリーズの失業率は14.5%だったので、人口30万人のうちの
ほとんどの人に職が当たるようになるということ。

私がいくら観光分野で、ベリーズ人を使って成功しても、やっぱりそれは
外国人が外からやってきて、会社を作って成功しているように見られてしまって、
ベリーズ自体の底力にはならないんだよな、と思う。

私は教えたい。私に会社が作れたんだから、アイディアと勇気のあるベリーズ人に
起業のフレームワークをつくってあげて、失敗しないように一緒に頑張っていきたい!
そんな企業?起業家育成組織?をやってみたい!

今、誰が責任もってそういった指導をしているの?と聞いても、
銀行は、知らないというし、省庁は、できないというし、Beltradeのような
組織では、予算がないというし、そんなことないよ!
予算なんて、会社が成功したら返せるから教育に投資しようよ!

と思うのであるが、私も実際、自分の家庭があるから、
今の会社にプラス時間、とか余裕ないし。。。会社つくるって、ハイパーパワー使うし。

早くおっきくなれ、子供。ゆっくり、だけど確実におっきくなれ、私の会社。

私は、飛び立ちたいのです。

地域貢献型では、地元人がヒーローになれるけど、
海外で成功するモデルになるには、自分が中心になっちゃダメだとも思います。
裏に回って、ベリーズ人全員がヒーローになれる方法を探さなきゃいけない。

あ、今日の気づきは、現代版マザーテレサ(アサコ)に一歩近くなったかなぁ。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


Carnival (30)9月1.2日 マザーネーチャーカーニバルバンドマスキャンプ 7pm
(Saoriが参加するチームです)

9月3日 フランキーレノ― ピアノコンサートat Bliss at 8pm

9月4日 Queen of the Bay Pageant At Civic Center at7pm
   (ミス・クイーンを決めるコンテスト)
   
   カーニバル キング&クイーンコンテスト at MCC Ground at7pm
(各カーニバルチームの目玉セットを背負った男女が踊ります)

9月5日 ベリーズ観光局主催 SanCas Classic サイクリング大会 at Albert St.at 2 pm

9月6日 Evening of patriotic Songs and Poems at Wesley church at 7p.m

Independence Day Parade 2006 (4)9月7日 劇 Belize, the Play, from Settlement to a Nation

9月9日 Fire Engine Parade Street of Belize City at 7p.m
    Ninth Night Saca Bashment at old Belize at 9p.m

9月10日 Official 10th Day Ceremony at Memorial Park at8p.m

9月11日 カー二バル本番!
    4a.m CarnivalJouvert (泥のカー二バル)
    1p.m Carnival Road March (華やかなダンサーが日暮れまで町を踊り歩きます)
1 from Yarborough to Marion Jones Stadium

9月12日 St.George's caye “Battle Regatta" St.Georges Cayr

9月17日 Children RAlly &Expo at Belize Civic Center at 9a.m
     National Colours day (青と赤と白の洋服を着よう!)
     スチールバンドコンサート at house of culture at7p.m

9月18日&19日 BCCI EXPO 2010 at ITVET Compound at 7p.m

9月20日&21日 Official Flag Rasing Ceremony,at memorial Park
Firework-Misic entertainment 9:00am-2:00am

9月21日 独立記念日 official Ceremony at memorial Park at 9a.m
ユニフォームパレード 10a.m
Independay Day Bush 1p.m-6:00p.m

11日のパレードに一緒に参加してくれる人、募集中です!
日本からの参戦;見学もOK!興味のある人は、info@bprp.bzまで。

passionin Carnival (1)
banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

Saori今日から、日本の大学4年生がBPRPにて6週間インターンとして
働いてくれています!本日初出勤のSaoriちゃん。

ブルーホール遊覧飛行のお客様のお迎えに行ってきます!

なんとこのブログをきっかけに、連絡を下さり、ご家族の了解もあって我が家で、ホームススティをしていただくことになりました。

うちの会社は、研修生を受け入れるほどまだそんな偉いものではないのですが、
せっかくの機会ですし、来たいという方はできるだけ受け入れて、
私も今の日本の学生さんから色々学んでみたいという思いがあります。

大学卒業前の最後の夏休みは、私自身今までで一番大切だった時期だと言えます。
就職活動もしないで、自分の方向を決めることは、とても勇気のいること。

私もそれに応えるべく、盛りだくさんのプログラムを組みました。

1週目(8/16 22)世界遺産ベリーズバリアリーフの魅力 キーカーカー・サンペドロレポート
2週目(8/23-29) ベリーズシティレポート
3週目(8/30-9/5) マヤ遺跡・地下世界レポート
4週目(9/6- 12)カーニバル・ベリーズの国民性レポート
5週目(9/13-19) 日本人観光客にお勧めのツアープラン、スタディーツアーの立案
6週目(9/20-26) ベリーズ新マーケティングプランとBPRPへの提言

これから島に行って、まずはダイビングのライセンスをとります。
他の海外ではもう潜って海が大好き、そしてブラジルのカーニバルも経験して
いるということで、9月のベリーズの独立記念日にも参加します!!!
彼女のブログはこちら!
http://ameblo.jp/solsaori/

これは見逃せないですね!
4年前の私のような?伝説を作ってくれることを期待します!

皆さん応援してくださいね!

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

先日は、日本の古い友人が遊びに来てくれました!彼は6年前に私が
日本からベリーズに発つ時に温かく送り出してくれた友人の1人です。

私が里帰りした時も、日本で結婚パーティをした時もベリーズに来てね!
って言ってたけど、それがホントに月日を経て、ついについにやってきて
くれたのは嬉しいものです。5泊6日の短い間でしたが、
私の思うベリーズベストツアーを体験してもらいました。

ちょっと長いですが、おすすめツアー凝縮版なので、どうぞ!

altunha113日(火)ベリーズ到着・アルトルンハ遺跡とシティ観光

頂上まで登ります。てっぺんに立っているのが彼です。他の観光客がほとんど
いなかったので独占した気分だった、そうです。
私が最初にアルトルンハに来た5年位前は、土器なども足元に落ちていて
今より整備されてなかったので、ホントに歴史を地に感じることができました。

ベリーズミュージアムにも行きました。
この遺跡では150もの翡翠のジュエリーが見つかっているのですが、
そのオリジナルがミュージアムで見られます!


ATM sign14日(水)ATM(Actun Tunical Mucnal )洞窟探検

シティから他のお客様が見つからなかったため、公共バスに乗ってもらい
山側から来るガイドと待ち合わせしてもらって、洞窟に挑みました。
(この看板のところで待ちます)


ジャングルハイク45分で川を3つ越え、写真の洞窟の入り口に着きます。
入口は深くなっているので、泳いで渡らなくてはなりません。
そして中3kmくらいに渡って、つるつる光る鍾乳石の中を探検します。
ATM2ATM3









鍾乳石が1cmできるのに100年、この洞窟がこの形になるまで10万年はかかったと言われています。

洞窟の終わりには、マヤの生贄になった14人の骨が埋葬されずそのまま
残っており、鍾乳石、人骨、壺などマヤ人の生活のあとが手の届く距離で見ることができます。います。1000年前に農作物の豊作を祈って、このような儀式をしたと言われ、
まわりには儀式に使われた容器が150個ほど残っています。


tubecaving15日(木)チューブケービング

翌日は、午前自転車でベリーズシティを自由散策してもらい、
午後、チューブケービングのできるJaguar powへ。森林浴と川のせせらぎを
感じながら、最高のレジャーです。虫よけを忘れてしまったので、川に乗るまで
のハイクでかなり虫さされましたが、実際乗ってみると思ったよりも流れが早く、
真っ暗な洞窟の中に入っていくのでスリリングだったとのこと。



P1010724_116日(金)La Isla Bonita(美しい島)サンペドロへ

La isla Bonitaと呼ばれるキー(島)へベリーズシティからウォータータクシーで
向かいました。
1時間に1本出ているので、その日の予定は決めないで、ふらっと出かけていきました。

サンペドロでは、フィルムフェスティバルがやっていましたが、入口では、
お姉さん達がお立ち台で踊っている異様な雰囲気だったとか。


17日(土)ブルーホール&ハーフムーン島シュノーケリングツアーBule Holehalf moon caye












お決まりはブルーホールと自然モニュメントのハーフムーン島です。
アンケートでは、最高点つけてくれました。
シュノーケリングでは、エイやウミガメを見ることができ、上陸した
ハーフムーン島では、おびただしい数の鳥を一度に眺めることができたそうです。

1人参加の人も多いので、よい雰囲気で楽しめます。
これを見ずにはベリーズは語れない、カリブ海のバリアリーフの外側です。

シュノーケリングだったので、カメラ持っていかなかったそうですが、
きっと思い出に残ったと思います。


P1010752_1 彼に聞きました。ベリーズの何が良かったですか?
「1人でいるとすぐに声をかけられるので、1分とじっとしていられません。
出会った人たちすべてが良い思い出です。」

男1人旅でもそうなのか〜。
私の周りには、私を含めて、女1人で旅行する人が多いので、
男1人でも確かにベリーズ人は、下心なしに話かける、話しかける。

日本に帰った時に、電車であんなに人がいて、誰も話していないのに
逆カルチャーショックを受けた覚えがあります。

「人も少なく、特に日本人をほとんど見かけないのが何か特別なところに
いるようで嬉しかったりしました。」


そうですね。世界のどこに行っても日本人はいるもんですが、
ベリーズでは遭遇率が低いので、そこが特別感があっていいですね。


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


heli放送、いかがでしたか〜!?!?!?

最後の方、ちょっとだけだったって?

いやいやあのコーナー10分以上あればすごいもんです。

あれだけのためにベリーズでヘリコプターやらチャーターボートで
ベリーズ縦断、すんごい費やしたんです。
←セスナで遊覧もいいけど、やっぱヘリはすごい、ってスタッフも言っていました。

guiter
普段行かない島まで入って行って、ほぼ南に6時間?給油所もないから
全部ガソリン13タンクに詰めて持って移動して、スタッフ寝る施設もなくて
ADさんは、夜通し頑張ってました。スーツ姿で水に落ち、島に到着する
武井さんには、現地のお母さんも笑ってました。

robstar
タケイさんは運がよくて、ロブスターもバンバン撮れちゃうし、
ロケ中、イルカの群れが追いかけてきたり、(偶然;)

ギター聞いてたら、地元あんちゃんたちも自然に集まってきたり
とてもいいロケでした。


最後にヴィンテージ武井さんとも写真を撮って頂きました。
テレビで見るのと、全然違わない、すご〜くいい方でした。
武井さん

ブログ掲載もOKとのことだったので、ここに証拠写真を
つけさせていただきます。

彼のブログでもベリーズ体験談書いてくれてマス。
ヴィンテージ武井俊祐「キープthe フェイス」
http://ameblo.jp/vintage-shun/


そして、最後に友達が送ってくれた
エンドロールにBPRP出てたよ〜、ってこんな写真送ってくれました
にくい演出でしょ?泣かせてくれます。ありがたいっす。

IMG_0062

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします




↑このページのトップヘ