中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

February 2011

blue hole10blue hole9












この日は、私にとってまた一つ夢が叶った日。

1年以上も前から、このブルーホール遊覧飛行を日本のグループ旅行のパッケージにしたい!

と思っていたけど、そんな企画が某社様で、3か月まえくらいに公募され、パートナー様のおかげで催行人数以上の人が集まり、
さらにオプションで従来のツアーに他のお客様も加わって、なんと同日決行!される日でした。


blue hole7blue hole5


世界遺産を見るためにセスナの飛行をするツアーは、世界でもナスカの地上絵とベリーズの遊覧飛行くらいです。

しかし、ベリーズのセスナは、3人乗りと5人乗りとほんとに小さいです。4機のセスナに分けたり、天候が悪かったらどうしよう・・・とか色んな気がかりが絶えませんでしたが、神様は私たちに微笑んでくれたようです。


blue hole1island









私は、サンペドロからA社様を乗せたセスナに同乗させてもらい、ブルーホールを堪能しました。


私も年間、もう何十回も乗っていますが未だ飽きません。一般のオペレーターは、これを
売っていなくて、ローカルオペレ―ターである私たちのみこれを商品化したのですが、
これは、まだまだ多くの人にこの感動を見てもらいたいと思っています。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


当初は、飛行機の予定でしたが、ビザがとれなかったため、
またバスで、グアテマラ・ベリーズの国境へいざ出陣。


朝6時にホテルに迎えに来てくれるという例のいかがわしいバス、
ほんとに来てくれるかな、とお客様と心配しながら待っていると・・・・

来た!しかも行きよりデカイ&お客さんいっぱい乗ってる!

immigretion今日は、ツイテルと確信して国境に向かい、2時間!!!

お客さんは本当にベリーズに入って、日本に帰れるのだろうかと
いささか不安そうなご様子。


そして、いざビザ申請!

あ、この人知ってる!私が永住権申請のために10回以上通った
ベルモパンのイミグレ―ションオフィサー発見!

思わず「ミスター○○!!」

「おーっ」とミスター○○。

向こうも覚えててくれた❤

事情を説明して、ティカルにお客さんを連れていっただけなんだけど、
日本ではシングルビザ1回しか出してもらえなくて・・・・・と

書類をベルモパンに送って、返送され次第、承認するから、と言われ、
待つこと、3時間。


降りた〜。(ビザ)


belize busということで、当初まる1日かかると言われていたが3時間で何とか手に入れ、
直行バスは、もうないのでタクシーでベリーズ国境の町ベンケーへ行き、
ベリーズシティ行きのローカルバスに乗り換える。

ここでうっかりベリーズシティ行きまでタクシーを使うと90USドルかかる。

バス停までタクシーで行けば5ベリ(2.5US)、そこからのバス代は、9ベリ(4.5US)で
ベリーズシティまで2時間半で来れるのだ。

無事、お客さんは、島行きのボートに送りだし、
ベリーズ出国の旅終了。

ちなみに入国の際の出国税は、24時間以内の時は、15USで、2日以上の時は、+3.5USなんだって。

ちょっとドキドキしたけど、面白かったな。やはりティカルに行くなら、2泊3日で
余裕を持って行くのがいいと思う。


さて、次の添乗は、ベリーズの海(サンペドロ編)です!お楽しみに!!!

※ダイビングツアーの専門旅行会社ワールドエクスプローラで
ベリーズのダイビングツアーが紹介されています。航空券からすべて手配できますので、
興味のある方は、ご覧ください。

http://www.bpt-labo.sakura.ne.jp/wtp2/area/belize/index_tmp.html

floresフローレスから約1時間20分。フローレスは、山があって、湖があって、ちょっと日本っぽい雰囲気のある観光地。

7時にホテルに迎えに来てくれるという混載ツアーに申し込んでいたのだけど、その朝は、すごい霧でグアテマラシティから
朝来るはずのお客さんが遅れているというので、少し出発時間を待った。

そしていよいよ出発してから、アジアではよくあるんだろうな、トイレ休憩と
言われて、おみあげやさんに連れて行かれる。

もう日は高く登っているので早く連れてってくれないかな、と思いつつ、
抜け目ないグアテマラ観光ビジネスにやややと思う。
(ベリーズではまずおみあげやに連れて行かれることはない)
tikal map
ティカルは、国内最大の国立公園です。16キロもの地点に 4000もの建築物があるといいます。

まだ未開拓いっぱいの中で、山の中をモリモリ歩きました。

tikal4その中でも一番高い4号神殿に登るとジャングルの中にさらにそびえる神殿がぽっこんぼっこん出ているのが見える。

昔の人は、神様とコミュニケートしたくて、少しでも高く、高く、岩を積み上げて行ったそうな。






それから綺麗で印象的だったのは、7つの神殿の広場。

7つの神殿の広場2

そこに生えてる木も気になります。自然にして必然だった。

tree4

ティカル
アクロポリス広場
気がつくと夕方4時くらいで一日たっぷり見て、

早目に切り上げないで帰らなくてよかったな、と思いました。















やっぱりメインは、1号神殿とアクロポリス。ポストカードでよくこんなとこ見るでしょ?

racoon公園内には、何か所もトイレと休憩所とドリンクが買えるところがあって、そこに座っていると
リスや猿やターキーやいろんな動物に出会えるので、それもなかなかおもしろかったです。

今日、もうクタクタだったけど、せっかく延泊したので、帰りフローレス空港前のショッピングセンターに降ろしてもらい
ガラクタ物のショッピングを楽しみました。

さぁ、明日朝イチで国境へ戻ります。

LDバスいよいよグアテマラへ。

フローレス行きのバスは、キーカーカーウォータータクシーの乗り場の前から
9時と1時に出ます。フローレスまで直行で約2時間。

このバスは、外国人しか乗れません。ベリーズ政府がグアテマラへ
ローカルバスの行き来を禁止したため、一般人は、
国境の町ベンケーまでしかバスが出ておらず、タクシーで
越えなくてはなりません。

バスが来たのは1時20分でした。
そして約3時に国境着。

depature hallまずは、ベリーズ出国です。

30 bz (15US)を支払います。+7.5bzのはずなのですが、この日はとられませんでした(笑)

出国カードも入国カードも、特に1日ティカルを見て帰ってくるだけでは必要ないようです。


今度はグアテマラ側の入国審査Guatemalla



20ケツァール(2.5US)を支払います。


ということで無事入国。だったのですが、この時、私とお客様は、

ある重大な事実を知らされます。実は、お客様の持っているベリーズのビザは、シングルビザなので、また帰ってくる時にビザが必要なのですが
制度が代わり、国境でビザがすぐ取れなくなりました

翌日、ティカルを見学をして、飛行機で帰ってくるつもりだったのですがビザがなくては搭乗できません。

ビザを手に入れるには、グアテマラシティに行くか、時間がかかっても、国境で粘るしかありません。国境では、ティカルへ行くのを辞めなさい、と言われましたが
そこは、腹をくくってまた国境に戻ってくることにしました。

そして、また2時間、野山をドライブし、フローレスへ。

yuugure1yuugure2
フローレスは、湖で島のようになっています。夕暮れで子供達が水浴びをしていてとても綺麗でした。


そこでまた予期しないことが。

バスが、グアテマラシティまで行くので途中でまた小型バンに乗り換えてくれ、とのことでした。それはよかったのですが、そのバンは、グアテマラに来て両替が必要だろうから、
ATMに連れてってやる、とか、そしてその時にツアーに申し込んでるか、とかホテルを予約しているかと聞かれて、バスは、ツアーデスクへ。

私は、全部手配していたので良かったですが、他のお客さんは餌食でした。
うーん、帰りのバスのチケットを買えたのはよかったですが、
これは、おすすめできかねる手段ですね。

tuktukla casona de lago
hotel canoa de lago











最後は、トゥクトゥクという三輪自動車でホテルに向かいます。

ホテル カソナ デ ラゴという、グアテマラのイツモトラベルさんに紹介してもらった
とても居心地のいいホテルで、夕食のレストランも安価でおいしく、長く滞在したくなるホテルでした。

さて、明日はいよいよティカル遺跡です。

おやすみなさい。


グアテマラの旅は、つづく。


tikal01行ってきます!

ベリーズから一番近い世界遺産ティカルは、マヤ遺跡最大級の大きさ。

ベリーズの国境から2時間だけど、今まで行ったことはなかった。

近いけど、遠くの異国グアテマラ。今年は、絶対行こうと決めて2月即実行!

JICA時代からこの国境を越えることは禁じられていたが、
1996年に12月29日に、政府とゲリラによる「最終和平協定」が締結され、
グアテマラの36年間に及ぶ内戦に終止符が打たれた。
それ以降、テロ事件等は起きていない。

最近では、日本からのお客さんがこのティカルを登って、
そのあと、ベリーズのバリアリーフや海でゆっくり過ごす、そんな
パターンがよく聞かれる。

ティカル行きのバスは、ベリーズシティから9時と1時に出ている。
ローカルのバスでは、国境は越えられない。フローレスまで約4時間だ。

1泊2日で行きはバス、帰りは、フローレスから1時間の
ベリーズトロピック航空を利用して帰り予定。

情報の集まりにくい陸路も便利な空路もしっかり勉強してこようと思う。

いざ出陣!

帰国後、ブログにレポートしますのでお楽しみに♪

↑このページのトップヘ