中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタント、NGOシェアーズで音楽教師&日本語教師をしているソリス麻子のブログです。

July 2011


CIMG1206トリニダードの国際空港から車で2時間。グランリバーレという世界でも数少ない海カメが戻ってくる産卵地へ。

ピークシーズンには、一日400匹ものウミガメが、1.6Kmほどの狭い砂浜ビーチに産卵に来ると言われています。
一匹のカメは、5,6回産卵をするそうで、8日〜10日おきに戻ってきます。一回に産む卵の数は、80−100個、約60日〜70日で
孵化するそうです。




CIMG1191
驚いたのは、辺り一面に卵の殻が落ちていて、孵化して残った抜け殻もあるし、孵化できないで鳥や犬に食べられたものなど、
そして孵化したてのカメの赤ちゃんが砂浜からポコポコ出てくるのです。昼間にのこのこ出てきたものは、鳥などの天敵の絶好の標的になりますので、
村の人が日が沈むまで保護して、夜に海に返してあげたりしていました。カメの性別は、砂浜の中で温められた時の温度によって決まり、
温かいとオスが、気温が低いとメスになるそうです。


CIMG1187 生まれたばかりの赤ちゃんカメは、海に向かって歩き出します。まだ体をひきづりながら、波に飲み込まれてひっくり返ったりしながら。

そして朝5時です。
CIMG1205 案内人のあんちゃんと共にビーチへ。

CIMG1211 体長2mくらいあるレザードックタートルです。これでも小さい方と言っていました。ほとんどのカメは夜中に産卵を終えますが、
初産のカメだったのでしょう、朝8時くらいまで彼女は頑張っていました。


CIMG1212 CIMG1213涙ではないとわかっていても、砂浜で目から水分を出して、横たわっているカメをみると、
あ、このまま力つきちゃうんじゃないのーと心配になります。





CIMG1222
周りには、犬や鳥などの天敵がいっぱいです。お願い、食べないでーと言いたいけれど、自然の食物連鎖の中では
彼らも生き延びなければならないのです。かたずを飲んで見守りました。

そしてついに。。。。CIMG1225 もう触っても大丈夫だよ。とガイドさんが。ポロポロポロっと卵が出てきました。

CIMG1230CIMG1244そして、一生懸命、土をかぶせて、きゅっ、きゅっ、と右足で上手に砂をかけ、また砂をかぶせて、今度は左足できゅっ、きゅっと固め、
何度も何度も50cmくらい砂をかぶせて、前足でバサバサとその跡をわからなくするように何度も何度もズリズリ動き、

CIMG1257CIMG1260 カメは海へ戻っていきました。

感動しました。人は本当に感動すると言葉がでなくなるものです。
Amazingでも、Greatでも、Beautifulでも全然足りなくて、放心したままこの親が子供に会えなくなるんだろうことを
考えたり、誰から教わったわけでもないのに、こんな立派な仕事ができるんだ、ってただ感動するばかりでした。

これが最初にトリニダードで体験したことです。これからまだまだ熱帯雨林や人々のホスピタリティ、エンターテーメントにかける情熱を
あとで知ることになります。次項はまた!


Piton私は今、東カリブ海に来ています。目的は、TV番組「未来の子供」のロケハンで、各国の子供の取材をすると共に、ホテルや車などのセッティングをしています。

1.セントルシア は、マイアミから3時間。人口17万人の島国です。世界遺産に登録されているピトン山が代表するように島中に山の起伏があり、道やトンネルは整備されているものの、
田舎の雰囲気があります。国民は、ベリーズ人に似ていて、クレオール中心で何かを聞くと120%以上にして答えてくれるようなとても親切な人ばかりでした。

ここでは、ジュニアカーニバルの子供と自閉症のシンガーを取り上げます。

ルシアンガールズ(左)ルシアンガールズカーニバルダンサークリスタルちゃんとお兄さん(右)

ダンサーのクリスタルちゃんと弟
ピトンビール と ルシアのクレオール料理(左下)


piton beer

カリブ海を旅行して嬉しいのが主食がごはんと魚と野菜がどこでも食べられるので、比較的困らないこと

私の好きなセントルシアアート
セントルシアアート(ミニ情報)
セントルシア 空港ATM キャッシュカード×(Plus) ダウンタウンキャッシュカード○。USドル使用 ×(以前は大丈夫だったそうですが、町のスーパーには禁止の表示がありました)
ホテルランク 4つ星 Ok レンタカーはどこの国のでも免許証があればUS22ドルでパーミットを発行してもらえて簡単に借りられて便利。空港から首都まで1時間半、ホテルエリアまで
2時間ほど離れている。空港は、2つあり、近隣諸国へ飛ぶ場合は、首都カトリーズに10分くらいの空港があるが、アメリカンなどのエアラインはこの遠い方にある。

↑このページのトップヘ