中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

日本人ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー/コーディネート会社 ベリーズコンシェルジュと日本食レストランの顧問をしているソリス麻子のブログです。

October 2011

9月にいらっしゃったお客様よりおたより&写真をいただきました。

こちらのお客様、とある日本の会社のカレンダーにベリーズの遺跡が
載っているのを見て、来て下さったそうです!
http://www.iichiko.co.jp/design/graphic/10/10_chri.html

<ホームスティ&遺跡堪能プラン>

カハルペッチ遺跡にて幸せの青い蝶1日目 空港送迎 

2日目 (写真左)バタフライフォーム&カハルペッチ遺跡(写真右)見学 サンイグナシオ泊







3日目 カラコル遺跡見学            サンイグナシオ泊012_12_カラコル

066_66_ビール










4013_13_ベリーズ動物園日目 ベリーズ動物園&アルトルンハ遺跡     ベリーズシティ泊020_20_アトゥルン・ハ











021_21_ブルーホール遊覧
5日目 ブルーホール遊覧飛行&シティパレード見学 ベリーズシティ泊023_23_ブルーホール遊覧








6日目 ラマナイ遺跡見学             ベリーズシティ泊041_41_ラマナイ
060_60_ある日の昼食






7日目 サンペドロへ               サンペドロ泊047_47_サンペドロ

8日目 ビーチリゾートでのんびり         サンペドロ泊

9日目 空港送迎





(お客様からの声)

『旅行中は、特にベリーズシティでは宿泊もさせてもらって本当にありがとうござ
いました。 (ト中略)

遺跡も堪能!
海も綺麗♪
臨機応変にブルーホール遊覧の日程変更も提案していただいたおかげで綺麗なブ
ルーホールも見れましたし。
ありがとうございました!


海も遺跡も動物や蝶もいるし、もっと近かったら家族で行きたい、とも言われました。
ベリーズという国や場所は知らなくても知るとみんな好きになる国ですね♪

ベリーズがとても好きになる旅行でした♪』


Mさん、こちらこそどうもありがとうございました!^^





diving先週は、シニアボランティアで観光業を担当しているN氏と一緒にハマナシのダイビングに行きました。island2

やっぱりサウスウォーターキーは綺麗!

ベリーズのダイビングの本場は、やっぱりベリーズ南の方だと思うんです。

サンゴも色彩豊かで、魚も人懐っこい。





french angelと思っていたら、バディのNさんが急浮上であせってひっぱってとめようとするが
巻き込まれ、とめられずレスキューダイバーなのに助けられないふがいさに愕然、、
インストラクターは、Nさんが経験が浅いのを見越してそういうことが起こっても
大丈夫な深さのサイトにして連れていかなかったから大丈夫、と笑われ、
さすがインストラクターは一枚上手でした。



island
このダイブツアーを出しているリゾート、ハマナシ、っていうんですが、
常にお客さんがいて、Trip Advicerでも常にNO1、95%の人がExcellentに評価し、
2011年のTraveller's choice service NO.1にも選ばれました。
http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g635532-d578879-Reviews-Hamanasi_Adventure_and_Dive_Resort-Hopkins_Stann_Creek.html

ハマナシのよさは豪華さじゃなくて、素朴さ。
hamanasi4

決して派手ではないけど、心地よい空間でみんなが帰ってきたくなる。

Hamanaci1

海の前のプールもいいんだけど、私が好きなのはここで食べるすべてのフルーツや
調味料が敷地内で自然栽培されていて、生ごみも腐葉土になって再利用されている。

papaya tree
パパイヤってこうやってなるの知ってた?

ベリーズのスイカも最高だよ。

図1
1. 商号
Belize Public Relation Production 【ベリーズ法247条項による】

ベリーズPRプロダククション・BPRP     

2.設立日 
2007年3月5日

3.代表 ソリス 麻子

4.住所 6181 Lizarraga Ave. Belize City. Belize. C.A

5.事業内容
  各種ツアーの運営・予約、ホテル、車両、国内線の手配
  大学・大使館・TVコーディネートなど
ベリーズの観光業を促進するため、日本に向けての観光促進戦略立案、メディアへの調査、情報配信、その他ツーリズム促進に関係するあらゆるサービスを行う。

6. 目的
ベリーズの現在のメイン産業は、観光です。ここ近年、観光客の増大に伴って、ホテル、レストラン建設が進められ、人々に来てもらえばもらうほど、ベリーズ社会が発展するといった公式ができてきました。しかし、ベリーズ観光局では、アメリカ、カナダなど一部の英語圏に情報を発信しているほかは、日本への情報が乏しく、旅行大国である日本人に対してのマーケティングが全く行われていません。そこで、私たちは現地に親しむ日本人スタッフによって、情報を正確に調査し、情報の乏しい中央アメリカ、カリブ海エリアの魅力を日本メディアに向け発信し、互いの活性化を目指したいと考えています。

ツアー一覧 http://www.bprp.bz/tour/index.html
TVコーディネート・メディア実績一覧http://www.bprp.bz/company/bprpwork.html


ADO車のライセンスを更新にいったら、ベリーズシティのバス停留所に
メキシコの大型バスADOが止まっているではありませんか!
もしや、と思い聞いてみると・・・・・

ADO1




そうです。直通バスはじまりました。
今年は、カンクン-ベリーズシティのマヤ航空も周航をストップしていて、
バスでは国境まで行って、チェトマルで乗換えなければなりませんでした。

それが安い、速い、便利!

カンクン夜10時半発に乗ると、ベリーズシティ朝5時とか6時に着くみたいです。

Ado2


室内は快適なので、ぐっすり寝てくればいいですね。(でもACめっちゃ寒いので注意)

ベリーズシティからは夜7:30出発なので、観光後も安全に乗られます。
今後の活躍に期待!

メリダラインもあるので、ベリージアンも都会の空気を味わいに出かけられますね!



↑このページのトップヘ