中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

May 2012

spotted eagle rayじんべいのあとは、南バリアリーフの山脈に現れるスポッテッドレイの大群をご紹介しましょう。

現地では、マンタと呼んでいるのですが、まだらおトビエイの仲間で
SPOTTED RAYといいます。
これがサンゴの山脈に沿って一緒に遠くから来ては消え、来ては消え、沢山現れるのです。
サウスウォーターキーは、レイと大きなスポンジ(海面)でも有名でベリーズでも有数の透明度を誇っています。south water caye


お昼は、サウスウォーター島に土地を持つ、トニーさんの場所で頂くことになりました。
数十億?でも売らなかったというその島は、本当に完璧で美しく、そのままの自然をのこすべく歩道もつくらず、裸足で歩いていました。マーケティングも行っていないそうですが、口コミだけでいつも予約はいっぱい、部屋はベットとシャワーだけのいたってシンプルな作りです。トニーさんは写真家と思っていたら、こんな島のオーナーでもあったなんて。
今回のプロジェクトでアシスタントして入ってもらい恐縮しました。

southbacksouth6south8そして午後、トニーさんがベリーズでいくつもの賞を受賞している作品を作っている秘密のポイントを教えてもらいました。ブログにはどこにあるかは書けないのですが、おそらく地図にも載っていないマングローブの島群で、一つの場所に白い砂浜とサンゴとマングローブの根っこが張っていて生物の楽園なのです。ただ綺麗なサンゴと魚だけではなく、生命の命の源のパワーを感じる
マングローブの根っこと水の中の緑園に住む魚たちは観ている人にもパワーを与えます。

なんだか大人になってから覚えたダイビングより、子供の時に見た川や海をはじめて潜って覚えた感動を呼び起こすような映像でした。

ベリーズ珊瑚礁保護区は、1996年ユネスコの世界遺産(自然遺産)に指定されました。その中でも海洋公園や天然記念物があるのですが、今回は4回に渡って、そのベリーズの海の見どころ(潜り方)をご紹介いたします。Furushima san5月6日~21日までTBS世界遺産「ベリーズバリアリーフ」の撮影が行われていました。
カメラマンは日本を代表する古島 茂さん(写真左)と、ベリーズからNO1カメラマンのTONY RATHさんらが協力して、私、ソリス麻子がコーディネーターとして、約16日間のロケをアレンジさせていただきました。

まず最初に向かったのは、世界最大の魚、じんべいサメが毎年帰ってくることで有名なGladden Splitです。 BlogPaint

自然保護区に指定され、毎年3月~6月の満月の後から1週間は、ダイバーでいっぱいになります。

ダイブショップは、年の初めに抽選でその地域に入れる順番を決め、9時~10時半、10時半Gladden2~12時半、12時半~2時、2時~3時半、3時半~5時というようにグループを分け、1時間半くぎりに最大6隻のボートまでしか入れないように
コントロールしています。10年前は、プラセンシアでたった1つのダイブショップが始めたというこのジンベイサメダイブツアーは、
今やベリーズ11社が行っており、SEAという団体が認定したショップ、ダイブマスター、ボートキャプテンでなければこのジンベイサメ地域に立ち入ることはできません。

ではなぜこの地域が特別なのか。それはこの地形に秘密があります。約180キロも続くベリーズバリアリーフの南部に
このGladden SPlitはあるのですが、Splitというくらいここはそのサンゴ礁の区切れになっていて、
深さ3000Mほどにおちこむブルーウォーター地域になっているのです。ここへ満月の時、スナっパーという魚が何千、何万と産卵するためにやってくるのです。そして、じんべいはその魚の卵を食べにやってくるのです。
WHALE SHARK - TONY RATH

産卵を邪魔しないためにも、ダイバーは、24mより深く潜ることは許されていないのですが、
底は見えないブルーウォーターですし、流れがあり、サメが出たとなれば上へ下へ体力を使う上級者向けのダイビングだと
思います。撮影中にも他のダイバーが減圧症になって、サンペドロのチャンバーへ運ばれていました。


hachat caye2hachat1(写真:Tony Rath)

じんべいゾーンへのアクセスは、プラセンシア、ホプキンス、ダングリガの本土から2時間程度なのですが、じんべいの近くに泊まりたい!ならハチェットキーという30分ほどのリゾートがあります。
昨年6月に完成したばかりのこのリゾートは360度海で7件のカバーニャでできた理想の楽園。今回はロケで6日間泊りました。http://www.hatchetcaye.com/ 





31hachat5
来年のゴールデンウィークは、ちょうどジンベイサメの帰ってくる時期にあたっています。どうぞ日本からの挑戦者は
ルールを守って安全に、そしてご予約はお早目にお知らせください♪ info@bprp.bz

↑このページのトップヘ