中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

日本人ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー/コーディネート会社 ベリーズコンシェルジュと日本食レストランの顧問をしているソリス麻子のブログです。

July 2012

夏まっさかりですねー。ベリーズは今年独立してから31年目の記念日を迎えます。Carnival schedule
こないだフィルムフェスティバルに行ったら、お祭りスケジュールが発表されてました@


7月28日 SOCA MADNESS @MCC エンターテ―メント10PM

8月4日 ミスター&ミス カーニバル @Bliss Center 8PM $10

8月24日 National Song Competition @ Memorial Park 7pm free

8月31日 Carnival Motorcade @Street of Belize 4PM
(消防団やパトカー、サイレンの鳴る車が市内を走り回ります)

9月1日 King& Queen Comprtition &Dj Soca Madness@ Mcc Grounds
(小林幸子も顔負けの衣装セットをチームごとに発表します)
7pm Adult $10 Children $5

9月8日 Jouvert 5am Carnival Road March 1pm After party@BTL Park 3-9Pm
(昨年のTBS世界の果てで放送された泥つけ&シティで一番のカーニバルパレードです)

9月9日 Ninth Night Soca Concert BTL Park 8pm Free

9月14日 Pan Yaad& Carnival Award Ceremony @House of Culture 7pm
(カリブの楽器、スチールパンの華麗なオーケストラ演奏をお楽しみください)Adult $10-Children $5

というわけで、今年はカーニバル観戦とブルーホール遊覧とマヤ遺跡と島を含んだ日本からの
下記特別モニターツアーを企画しました。申し込みは8月15日まで。ぜひこの機会お見逃しなく!!!
http://www.bprp.bz/tour/carnival.html

Manatee
今年最大難関のコーディネーター作品、TBSーBS「世界遺産」3D GRAND TOURの放送が無事終了いたしました。
今回の撮影は3Dということで、大きな動物がメインでした。

撮影するのに苦労したのは、じんべいサメ、ブルーホール、サメやマンタを乗り越えてきて、
最後に残った難関、マナティ。

ベリーズのマナティは、野生です。

一度目のチャンスは、カメラマンが入水したところ、流れが強く、カメラを受け取る前に流されてしまってNG, 2度目は、マナティが草を食べているところでしたが、ダイブタンクを金属音で即退去で失敗、3度目は、遠かったり、水が汚かったり。。。

撮影に与えられた時間が残り1日。果たして本当に撮れるのか、という緊張の中、
ついにマナティが綺麗に撮れるところをつきとめました!〜

マナティがいるところが、撮れるところ、とは限りません。

ベリーズシティの近くにあるスワローキーの辺りが一番マナティがいるのですが、
保護区内は遊泳禁止、また透明度もそれほどよくないので船から見えるのは、
マナティが息を吸いに上がってくる鼻と寝返りをうつときのしっぽのみ。

この難門を考え、撮影に最適な透明度と浅さと出現確率が高いところ、ということで、キーカーカーからのお客さんの声を思い出しました。
そうBPRPには先週、マナティとも泳げましたというお客様がいたのです。
そこからキーカーカーのダイブショップに聞き込み、そして島のガイドに十分ポイントを教えてもらい、捜索していると・・・

マナティと一緒に泳いでいたツアーグループボートに出会いました!
そこは、キーカーカー保護区の北側 North channelのポイントです。
ここに3ぴきのマナティがいました!

カメラには1匹のマナティが大サービスでレンズまで近づいてくるサービス、その間に他の2匹はキスしたり、ハグしたりしていたそうです。こちらは、キーカーカーから日帰りのシュノーケリングツアーで行くことができます。

7月8日のツアー受付中。催行スケジュールは、BPRPホームページ右下のINFOに出ていますのでぜひ
気になる方はチェックを!http://www.bprp.bz/


↑このページのトップヘ