中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

日本人ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー/コーディネート会社 ベリーズコンシェルジュと日本食レストランの顧問をしているソリス麻子のブログです。

November 2012

TV tokyo crew2012年11月11日 前回の日曜ビックバラエティ
「世界の秘境に嫁いだ日本人妻」夜7:54〜TV TOKYO
で紹介されました。

レポーターは、タレントのモンキッキーさん、そしてコーディネーターは、私、ソリス麻子でした♪





ベリーズ画家に嫁いだ日本人妻の自給自足の生活とは!?tomato

ベリーズの国際カップル、小森美土さんを画家のウォルターカスティオさんの生活を
取材しました。美土さんは、一人っ子で、お母様が亡くなられた後、お父様を引き取って
ベリーズに連れてこられました。80すぎのお父様とウォルターさんと3人の不思議な関係!

歩いて町から10分のところにマヤ遺跡があります。
日本の撮影スタッフとも石畳の上でハイポ―ズ。ruin

ウォルターさんは、国際的にも個展を行う有名な方で、
絵の風景は、すべてベリーズで寝ているときに夢で見るのだそうです。
paint
BPRPでも、ウォルターカスティオさんのミニプリント版が購入できます。
どうぞ旅の記念におみあげにどうぞ。

撮影は、10月の雨季の終わりに行われ、毎日ぬかるむ道路の中、ジャングルやご近所のみなさんにご協力いただき、伝統の料理「ピビル」もつくっていただき(土に穴を掘って埋めて8時間かかる)
2時間番組の一番最後にベリーズが紹介され、高視聴率でした!

そして快く取材を引き受けてくださった美土さん、ウォルターさん、
撮影がこんなに大変だと思わなかったと嘆いていらっしゃった
と思いますが、最後までおつきあいいただき、本当にありがとうございました!!!

日本からの撮影隊のみなさん、毎日笑わせてくれてありがとう!
またの機会をお待ちしています♪

2012_0831_095510-P8310002あっという間に2012年ももう終わりですね・・・

気づけば前のブログ投稿から1カ月もたってしまいました。
懲りずに見にくれたみなさん、ありがとう!

10月といえば、ベリーズは雨季の終わりでツアーも一番スローで暇なハズの月。

しかし、ありがたいことに今年のBPRPは、
ハネムーンのお客さん、社長グループのお客さん、TV撮影、バス旅行に
日本の旅行代理店の視察、と毎週お仕事が入っていました。
お仕事にはいろんなドラマがあります。

そこで遅ればせながらご報告。

Guide licence Asako1.日本人初!ベリーズ政府公認ガイドのライセンスを取得しました。

試験内容は、ガイドの資質、ベリーズの歴史、自然、文化、民族、マヤの世界、水泳、救助
そしてフィールドワーク。今までは、英語ガイド+日本語通訳という艇で現場には出ていましたが、
これをパスするのにまる一年、かかりました。

ようやっと合格した、と思ったら、観光局のプリンターが壊れて、ライセンスが発行できないととか、

車買ったのに、車のライセンスプレートが交通省にない、とか、

ベリーズらしさ満喫後、ついに受取。


BUS2・バス旅行でビザトラブル?

そんな困難のあと、日本からビザをとってきてくれた団体のお客さんを国境で迎えたら、
ベリーズのビザはステッカータイプに代わったということで、
今もスタンプタイプの日本のベリーズ領事発行のビザをホールド。

首都ベルモパンにfaxして確認しないとということで、2時間も団体のお客様が
足止めをくらう事件がありました。今後、日本のベリーズビザは問題ないこと、
観光局、イミグレーション、日本の領事館にも連絡して情報を徹底してもらうようお願いしました。


3.日本人観光客パスポートを紛失

最近、残念ながらメキシコ-ベリーズ-グアテマラを旅行中のバックパッカーが
ベリーズシティにて盗難にあう事件がありました。

ベリーズには日本大使館がありません。なのでパスポートを発行することはできません。
そこで、近隣国の大使館にパスポートなしでその国へ行けるよう渡航書の申請を
しなくてはなりません。

monkey旅行者がjicaやジャマイカの日本大使館の紹介を得て、我が家へ渡航書を
取りに来たのですが、fedexで隣の国に申請書を送って、送り返されるのにも
2週間、我が家(シェアーズ)にてホームスティでした。

うちのちび(←写真左)たちも遊んでもらえて、私も「ねえさん」と呼ばれて
若いお兄さん2人のお世話で楽しかったです。

今日はこのへんで。TV撮影の裏話については、また来週!

↑このページのトップヘ