中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

日本人ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー/コーディネート会社 ベリーズコンシェルジュと日本食レストランの顧問をしているソリス麻子のブログです。

March 2013

Belize zooは、1983年ナショナルヒストリーのドキュメンタリーに
使われた17ひきの動物に作られた小さな動物園でした。しかし、現在は、全国の事情に
よって野生へ帰れなくなった動物たちの保護シェルターとして今や36種150以上の動物たちが
暮しています。昨年末リノベーションをして、入口の建物や歩道が整備されましたが、放し飼いの動物たちも
いるくらい自然に近い動物園。日本のストレスをもった動物たちとは全くちがうのんびりして空気に出会うことができます。

その中でもエキサイティングな体験が!

【トウカン・エンカウンター】
4人までの一グループ$5USD で檻の中に入って間近で写真を撮ったり、
エサやりができます。
IMG_0360
IMG_0366





【ジャガーにタッチ&キス】 5人までの一グループ $50USD
動物園生まれのジュニア。まず最初は檻の中から体をさわったり、でんぐりがえしをみせてくれます。
そして頭の上まで来て、肉球をさわったり、ふわふわのおなかをさわったり、そしておでこ?を舐めてくれます。

私もやりましたが、舌がザラザラで狂喜!ムンクのような叫びをあげてしまいましたが、
可愛い顔が目の前にくるっ。これはテンションあがります。

IMG_0357
IMG_0341

















【ブラックジャガーとハイタッチ】 一人$5usd
ラッキーボーイの黒ヒョウさんは、ちょっと野生育ちなのでワイルドです。
くまのようなヒヅメとお手を目の前で披露してくれます。
IMG_0381
その他にもヘビを首に巻いたり、国獣のバクとふれあったりできます。

ツアーのお問い合わせ・お申し込みは、BPRPへ!


Picture11.『世界の果ての日本人』 傑作編

3月17日(日) TBS 19時〜

今までに放送された「世界の果ての日本人」の中でも選りすぐりの5家族に
焦点をあてて、傑作編を紹介する。その中に入っちゃいました。2010年11月に放送された元祖「世界の果ての日本人」ソリス麻子はと一家は、あの後、どうなったのか?

自分ウリしたわけではありません(笑)

久しぶりに当時のプロデューサーさまが連絡があり、実はあれこれありまして・・・・
とお話したところ、続編を撮ることが決定!急きょ、現地カメラマンを
雇いまして、現在の私と家族、BPRPの様子が赤裸々に・・・。
野生のイルカやマナティも登場してくれましたよ♪

gokujyo-no -cruise2.『極上のクルーズ』 ベリーズ編

4月3日、10日、17日(水) BS-TBS
毎週水曜日21時〜

ナレーションは、高橋克典。

ベリーズシティ発、ベリーズシティ着の豪華客船を素晴らしい音楽と極上の映像で紹介します。

3週連続放映です。わぉ。 船にプラス空撮もやったしね、
パナソニックさん超気合はいってます。



3.BS朝日 「ボクらの地球」
「カリブの絶景世界遺産 グレート・ブルーホールに潜る」
4月5日(金) 20時より 放送予定

こちらは、フリーダイビングでギネス記録を持つ水中表現家の
二木あいさんがレポーターとなって、ブルーホール近くの小島に
一週間スティし、ベリーズの海の魅力を紹介してくれる
2時間特番です!

今まで見たことのないブルーホールの映像が映っています。
bluehole(写真はイメージです)

みなさんビデオ録画のご用意を!
私ものどから手が出るくらい早く観たいのですが、ベリーズでは見れないので
放送終了後のDVDを待たなくてはなりません。

番組終了後のコメントもお待ちしています♪

私は、3月28日〜4月5日まで両親とカンクン旅行です。



roukaベリーズシティ発、ベリーズシティ着の7日間クルーズ、一度は乗ってみたいクルーズです。

BS-TBS 毎週水曜21時放送の「極上のクルーズ」の番組の撮影をコーディネートしました。
番組HP:http://w3.bs-tbs.co.jp/cruise/index.html

パナソニック映像さんが作る超美しい映像と素敵な音楽にとても心癒される番組です。

⇒写真は船の中とは思えないホテルのような船内。

普段はなかなか陸から行けない穴場を訪れています。日程は以下の通りです。
クルーズ船会社HP:http://www.traveldynamicsinternational.com/cruiseinfo.asp?VoyageID=307
(一部、実際の航路とマップが変わっています。下記の内容が実際に訪れた航路です)

Belize_REVISED1日目 ベリーズシティ 乗船                         

2日目 ダングリガ メイフラワー国立公園、ガリフナミュージアム、ドラムメーカー訪問、マーケット見学など

3日目 キリグア遺跡(グアテマラ)  日本から来たカメラマンは、なぜかラスタ風カッコいい。 cameraman

4日目 プンタゴルダ上陸 ルバントゥン遺跡、ニムリプニット遺跡 スネークキー

5日目 ビッククリーク上陸 コックスコム野生保護区

6日目 海洋保護区サウスウォーターキー、クラウルキーにてシュノーケリング

7日目 ハーフムーンキー、ブルーホールにてシュノーケリングDemian solano

実は、コーディネーターは、男性スタッフと同じキャビンになるため、男性でなくてはならないという条件があり、
私は行けず、コスタリカから日本語・英語・スペイン語を話せるペル―人コーディネータを雇用、私は陸で撮影許可とりや
現地水中カメラマン(TONY RATHさん)の手配、ホテル、車両、ボートアレンジと裏作業でした。

熱帯雨林とサンゴ礁とベリーズ・グアテマラの古代マヤ文明に触れることができるこの極上のクルーズ
おすすめです!放送日が決まりましたら、またお知らせしますので観てくださいね!


yorktown

↑このページのトップヘ