中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

September 2014

photo 5
BPRP CEOのエルビスと Maya Island Air Dupty CEO クリス氏


私がベリーズに来た頃、ブルーホールを空から見るツアーは
そんなにメジャーではありませんでした。

サンペドロ・キーカーカーと島の銀行に現金輸送をするための
セスナチャーター会社があって、そこのオーナーに頼んで、
このセスナをベリーズシティ、ブルーホール、ベリーズシティと
ツアー運行できないかパッケージにしたのがはじまりです。

それがここ数年、昔は月に数組の時もあったベリーズですが、
1日に200人以上の予約が入る時も出てきて、
ガイドや車両やサービスをどうするか、ロジステックスの面で
ベリーズ国一番の航空会社、マヤ航空と話し合いを持ちました。

まずは保険について。
ベリーズ観光局では、一人750万円までの死傷保証しかない。でも、
マヤ航空では1回につき、23億円、一人当たりでも1億円の死亡保障が
かけられていて、毎年もエンジンを取り替えているし、絶対に落ちない
保証をしていることが公開されました。

日本人を扱う上でのエチケットについて。
ベリージアンタイムと呼ばれる時間があるベリーズでは、そもそも時計など
皆あってないようなもの。
しかし、ツアーに関しては、定刻どおりに始まらなくてはお客さんがパニックになってしまいます。
今までは、パイロットがちょっと休憩が必要だから、とかトイレ行ってくるからと
15分くらいの遅れは当たり前だったのですが、これも気をつけてもらうようにしました。

VIPルームのオープン
今までブルーホール遊覧飛行ツアーのお客様も一般の国内線のお客様と
同じように待合室で、お待ちだったのですが、マヤ航空がブルーホールツアーの
日本人のお客様用に、VIPルームをオープンしてくださり、ここのスクリーンで航路の
プレゼンテーション、コーヒーのサービスなどができるようになりました。

写真撮影コーナーの設置
これまでは、セスナの前で、搭乗前、搭乗後記念撮影をしていましたが、
ツアーということで、ブルーホールのアーチをつくって記念撮影いただけるようになります。

さて、これがその遊覧飛行の一部です。(40秒)

https://www.youtube.com/watch?v=MCzXnUYVpbo&feature=youtu.be

どうぞお楽しみください!


今年もカー二バルが行われました。Photography by Moonie Garner
思わず顔がほころぶものやベリーズらしい写真10選です。

00
2

7

17
19

22

29

37

40


 うちのスタッフも5−6時間、猛暑の中、素敵な笑顔で頑張ってくれました。
 インターン生の登竜門、無事合格です。


今年8月、日本訪問をかねて今までベリーズを
扱ってない旅行会社周りをしました。

結果、今期新規商品として販売が増えました!!!

JTB1.JTB 個人旅行

ベリーズ4泊5日に+カンクンでのオールインクルーシブを加えた
ブルーホール遊覧飛行とカンクンの休日7・8日間
コレ!売れてます!
日本語ガイドが送迎しますので、安心です!


2.近畿日本ツーリスト ホリディ

世界の絶景 〜1週間で行けるベリーズ〜
http://firestorage.jp/download/8b070250d6dca0f0b5bf7003d118ec4c30f6bbec

近ツリさんの絶景ブランド第一弾として単体パンフレットの
第1号にベリーズを選んでくださいました。遺跡が入っていない
絶景に特化したベリーズコースです。


hankyu3.阪急 新聞折込チラシ &説明会しました!

グアテマラ&ベリーズ 11日間
ベリーズ6日間

添乗員さん付の最低催行人数15名ですが、2015年2月の催行がすでに
決まりました!集客力のあるトラピックスさん今後期待です。


4.HIS 新聞広告、Ciaoの表紙特集に出ています!
HIS
カンクン&ベリーズ7日間
ニューヨーク&ベリーズ6日間
オーランド&ベリーズ7日間

カンクンとの組み合わせだけならず、ニューヨークやオーランドで
ディズニーワールドも一緒に行っちゃおうというハネムーンに最適なプランです。


5.日本橋トラベラークラブ11日間
日本橋トラベラーズクラブジャマイカ&ベリーズ

カリブつながりで、大自然ジャマイカのブルーマウンテンと
ベリーズのブルーホールやマヤ遺跡にも行くという斬新なプラン。


その他、準備中多数。今まで秘境系の専門店しか扱ってくれなかったのが、
今年はじめてベリーズをこういった大手旅行会社さんがお金をかけて
パンフレットを作ってくれたことに感謝。

今までベリーズを売ってくれていた西遊旅行さんや
ユーラシア旅行さんも、ベリーズを含むコースを5種類も
設定してくれたりして、さらにお客様に楽しんでいただくため
力を入れてくれてます。

ここでコケないように、これから腰をすえてベリーズの手配を大切に
行っていきたいと思います。これからも何卒よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ