今日は、ベリーズ歴史上初?少なくとも私の会社が始まって以来最大の
日本人の来航がありました。クルーズで訪れてくれた阪急グループのお客様なのですが、
弊社でバス7台(3台は午前と午後のダブルラン)を市内観光を手配させていただき、
見知らぬ国、ベリーズと弊社のガイドさん総動員で頑張りました。

弊社の名物ガイドさんです。
Guides


BELIZE サイン でお客様とも写真を撮らせていただきました。
文字が見えないくらいっぱい。

Hankyu Group


今年は、これだけではなく1000人以上の人が寄稿するピースボートも
控えており、1日でどうやってこれだけのお客様に満足していただけるようアレンジ
するのかチャレンジの年になりそうです。

そしてこれと同じくらい嬉しいのが、リピーターさんです。
今日、日本人大上陸の日に、実は以前ブルーホール遊覧飛行を一人でされていたお客様が
いらしていたのです。その方が今度は婚約者を連れて、ブルーホール遊覧とマナティウォッチングと
シュノーケリングをしに、帰ってきてくれたのです!

ベリーズが遠い国だということは私も知っています。ほとんどの出会いは一期一会で、
旅をする人にとっては、ベリーズでの出会いは、通過点でしかない、と思うのですが、
再び遥々日本からやってきてくれて、「あさこさん」と声をかけてくださると、
私もやっててよかった!と喜びもひとしおになるのです。

だから、これからも人数が増えて、お客様とのふれあいも薄利にならず
お客様にいつでも名前を呼ばれて帰ってきてもらえるようなガイド&会社を
目指したい、と再実感した日でした。

また日本語での勝手なガイドを温かくサポートしてくれたベリージアンライセンスガイドの
皆さんには感謝。マネジメントの立場でありながら、私を勝手に外に出してフォローしてくれる
旦那さんにも感謝。私の子供を本当に家族のように面倒みてくれるお手伝いさんにも感謝。
それから私一人ではできなかった他のバスの日本語ガイドスタッフ、
いっしょにプレッシャーと闘いながら、チャレンジしてくれてありがとう!

これからも皆様と共に成長していきます。よろしくお願いいたします。