中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタント、NGOシェアーズで音楽教師&日本語教師をしているソリス麻子のブログです。

March 2015


Taichi

「やっと終わった。」ゴールの瞬間は達成感より疲労感が勝っていた。
4日間、280キロ、合計32時間。
しっかりとパドルを漕ぎつづけた証は数字以上に体のアチコチに表れている。

最後まで力を合わせて頑張った仲間はもちろん、JICAの方々の手厚いサポートや参道や河川敷に立って応援してくれる人の声援にどれだけ勇気をもらったかわからない。
本当に心から感謝したい。
今回僕はLa RutaMaya「ルタマヤ(マヤのルーツを辿っての意)」という国際的なカヌーレースに参加してきた。
ベリーズの中心地から流れる川を約280キロ遡って、未だにマヤ民族が多く暮らす場所から、カリブ海まで3人1組でカヌーに乗り、4日間に分けてベリーズシティに戻ってくるというなんともM要素の高い耐久レース。
早朝から一日中パドルを握りしめ、食事はボートの上でバナナやチョコレートバーをかじり、トイレも川の中。
チーム一丸になりながらわき目も振らずにひたすらゴールを目指す。
そんなワイルドにも程があるレースだが、今回僕をルタマヤに誘い、一緒に出場してくれたのが2人の女性だったことは特筆に価する。
小さな体で一生懸命漕ぎ続ける姿は勿論、キャンプ生活での負担も小さくはなかったはずだ。
声を掛け合い、叱咤激励しながら苦楽をともにした仲間の支えがあってこそのゴール。(途中、僕の華奢な二の腕のせいか、幾度となく Go! Go! Ladies!! という声を耳にした。笑)
仲間のおかげ、みんなのおかげ。 (スタッフ 山田)

さて、レース自体は前半は比較的順調にこなすことができました。
初日の前半は練習コースだったし、2日目もその延長という雰囲気でした。
しかし、2日目のクライマックスで濁流の難関コースがあって、岩を気にしていたあまり、川沿いの木に突っ込む、いわゆる「沈」を連続2回してしまいました。
濁流自体でひっくり返ったのではなく、木です。木。木は怖いです。
それからの合言葉は「Noチン!」となりました。
3日目前半までは高をくくっていたのですが、3日目後半に訪れる、曲がっても曲がっても川。
これが無間地獄なんだと思い知らされました。
頼れるチームメイトもさすがに苦しそうな声を出していました。
涙が枯れて、そうそう泣くことのない私も、さすがに泣きそうになりました。
4日目はもうあと帰るだけ!と、再び高をくくっていたら、ホールオーバー橋(普段仕事でよく通る橋)から延々続くマングローブ林。流れが無いから自分たちの力だけでしか進まず、しかもその直前の向かい風と高波ゾーンで体力の尽きた私には、ベリーズ川からの厳しい鞭のように感じました。
滞在先の近所にある、建設中の新MIRABやSMARTの建物が見えた時は、また泣きそうになりました。
ゴールした時には手も痺れて、お尻も激痛で、体力はゼロ。普段の私だったら布団の中に3日ほど籠もるくらいのコンディションでしたが、満足感に満たされて、最高に気持ちよかったです。
カヌー漕ぎも初めてでしたが、実はキャンプも、寝袋で寝るのも初めてでした。
日の丸の精神的包容力の素晴らしさを知ることができました。
参加記念の木のメダルは一生の宝物です。(スタッフ 丸)

2人共、応援してくれた皆様、JICAのサポーター、チームメイトに感謝し
感動裏に終わることができました。来年も日本人のチャレンジャーウェルカムです!

Taichi2


Ruta maya route

「ルタマヤ」とは、「マヤのルートを辿って」を意味する言葉で、
中米ベリーズにおける伝統的な大きなカヌー大会なのです。

ベリーズリバーチャレンジとも呼ばれるこの大会も今年で17年目。
サンイグナシオからベリーズシティまでの全長280メートルもの長い川を
3人1組チームでカヌーを漕ぎつづける4日間。

今週末、3月6日〜9日、その大会“ルタマヤ”に(無謀?果敢?)参加してくるのは、
BPRPスタッフ、丸直美、山田太地、そして青年海外協力隊の山田ゆかさん、です。

弊社のオリジナルT-shirtsブルーホールを見たら、ぜひ応援してくださいね。


練習に出た山田くんによりますと、

「3人力を合わせて完走することが目標ですが、穏やかな川の流れや時折姿を見せる野生の動物たちに癒されながら、日本人らしさを生かしたチームワークを発揮しながら楽しみたいと思います。

ベリーズオールドリバーでくたくたに疲れた顔をしながらも満足感に浸っている自分たちの姿を想像して、(イメージ)トレーニングに今日も励みます。」

練習1回しただけで、すぐに腕が上がらなくなり、数日間肩も腰も筋肉痛に悩まされたとのこと
。私も2005年に出た時、&2006年に応援した時は耐久レースでした。

http://belize.livedoor.biz/archives/15932319.html

http://belize.livedoor.biz/archives/50693323.html

青年海外協力隊からはもう1隻、そしてベリーズ大好きBPRPから初参加のY&Yを
皆さん、応援してください!私も3日目、4日目駆けつけます!!!

Picture1


↑このページのトップヘ