Peace boat2015年10月26日、第88回ピースボートがベリーズに初上陸しました。
一週間前の豪雨から心配していた天気も嘘のように、最高の秋晴れの中、またこの日はベリーズで夢が一つかなった日です。

ツーリストビレッジ前は大混雑。テンダーボートでお客様が運ばれてくるのをドキドキしながら、ツーリストビレッジ前
BPRPは、ベリーズのランドオペレーターとして、7つのツアーを運営しました。

A.世界遺産ベリーズバリアリーフでシュノーケリング
B.キーカーカーでシュノーケル&小島でベリーズ音楽に触れる旅
C.ジャングルトレイルとケーブチュービングツアー
D.マヤ遺跡とマヤ村小学校訪問ツアー
E・F チューチュートレインで行くベリーズシティツアー
G・H ブルーホール遊覧飛行
I トロリーバスで行くベリーズシティツアー

Naomi3ベリーズの日本人スタッフ総動員で、旦那にボート3台海のツアーを見てもらい、私は、陸のツアーを見ましたが、大型バス4台、チューチュートレイン4回、ブルーホールのセスナをとった人が一番多くて18組、1日で最高の200人。

私は基本的にセスナ空港に待機して、
15分おきにシャトルバンを3台回して、セスナキャラバンを4台回して、
私もスタッフの丸と交代でお客様のお迎え、ブリーフィング、地上整理、
他ツアーのレポートも聞きながら、バタバタしながらの一日でしたが、
ベリーズのスタッフも協力してくれて、無事成功裏に終わることができました。

20151026_15293020151026_153545
特に忘れてならないのが、
ベリーズのマヤアイランド航空の社長さん、Mr.SOSAで、
ベリーズでは、何億円もの機材を10台以上もっているセスナ会社の社長ですが、
日本の国旗まで特別発注して、日本用の部屋をつくってくれて、写真撮影コーナー、手作りの桜、サンドイッチにコーヒー、生演奏ギターリストまで
日本のお客様に用意してくれて、これまでにないホスピタリティでおみあげにベリーズの旗もつけてくれる歓待ぷり。
 20151025_150026主人もBPRPとマヤ航空のロゴと日本語でWELCOMEのかかれた写真コーナーにご満悦。

そしてマヤ航空の社長さん自ら、お客さんのバックを預かったり、待合室でコーヒーカップがなくなるのを補充したり、お客様の合間にモップをかけさせたり、トイレチェックの指示を出したり、自分は食べないで私たちスタッフの食事も気をつかってくれて、私は人の上に立つ人はこうでなくてはならないという生き様を見せられたし、自分もどんなに豊かになっても人を大切にする姿勢は忘れてはならないと思い知らされました。

お客様が帰ったあとも、協力してくれたスタッフ全員と私たちを皆の前で称えてくれて、
手厚くもてなしてくれたのは、もう足を向けて寝られない、という気持ちになりました。

感謝感謝大感激の一日でした。マヤアイランド航空の皆さん、本当にありがとうございました!!!!

20151026_152811