中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

June 2016

_DSC0977普段、ベリーズの現地旅行代理店として、仕事でホテルやツアー手配をやっているわけですが、人生初めてヨーロッパ、自分で旅行を計画するお客さんの気持ち体感してます。

本当に何も知らないところから、トリップアドバイザーみたり、
Booking.comでホテルとったり、自分で行けないところは、
BELTRAでツアー申し込んだり、HISロンドンでユーレールパス買ったり、
出発まであと3日。こうゆうプロセスが、新鮮です!!

ベリーズ住んで12年目、会社ももうすぐ10年になる前に
ベリーズで唯一の日本人企業ということに甘え、受け身ばかりで
たるんでいる会社姿勢に、他を勉強することで見直したい。
ベリーズに戻ってきた時にいい変化が起こせるといいな。

今までの人生、途上国とアメリカばかり旅してたので、ヨーロッパとかは一番縁がない感じでしたが、ベリーズである程度の観光の基盤ができた今、さらに上のサービス、よい刺激を求めて
イギリス・フランス・イタリア・スイスへ列車で行ってきます!

今年も去年も日本帰ってないしね*
写真は、インスタ・FBの方でアップして、あとでブログでまとめて振り返ります。
しばらくベリーズを留守にしますが、アシスタント丸ちゃんとBPRPスタッフが
ツアーとレストランは続けてくれるので、任せて旅してきます♪感謝♪


chikyubin1
おかげ様で関西地方で5月22日(日)に読売テレビで放送され、大好評いただきました番組のDVDが届きました〜!

ブルーホール。

ちょっと曇っているな。本物はもっといいけど、雰囲気は伝わる。chikyubin3

ブルーホール遊覧飛行開発秘話。
昔は、ブルーホールを空から見るツアー、というのはなかったけど、現金輸送のためのチャーター機を遊覧用に航空会社と交渉して、ツアー用にアレンジ@ってとこまでは出てなかったけど、移動の手段から、飛行機をツアーのアトラクションとして使用、と紹介。


chikyubin4 

そして、実際にブルーホールと近隣の島ハーフムーン島をボートで訪れるツアーを紹介。









chikyubin5

うん、ハーフムーン島の鳥やイグアナや島の良さが出てる。
お昼のお手製バーベキューも、お客様に美味しいって言ってもらえて幸せ♪





chikyubin6


「世界の果ての日本人」「世界の日本人妻は見た!」に引き続き、
必ず聞かれる主人との馴れ初め。
日本人妻では、再現VTRまで作られた(笑)興味のある人はこちらをどうぞ。
”世界の日本人妻は見た!”11/14/2014 ベリーズ


chikyubin7
そして、私がベリーズの貝を使ったジュエリーパーツを送って、日本とつなぐ役割もしていることを紹介。



chikyubin9




主人は、今の自分があるのは、過去に助けてくれた人のおかげなので、その恩恵を次世代の若者に返したいとダイビングを教えたりしているところも放映。


お客さんからは、最近「ジャイアン」とニックネームをつけられている。
うん、ダイビングの合間に魚やロブスターを捕まえたり、マイペースなところは本当そっくり。(笑)


そのほかにも、日本食レストラン「TAKASAN」や実家の両親と届け物シーンなどを
取り上げてくれました。これだけを編集するのは、大変だったろうな。
Sディレクター、制作スタッフの皆様、ベリーズを取材してくださり、素晴らしいドキュメンタリーを作ってくださり、誠にありがとうございました!


フェイスブックでIDをお持ちのかたは、こちらから、
https://www.facebook.com/wataru.tomidokoro/videos/989720547815864/

個人視聴用ということで、こちらから削除されない限りご覧いただけます。

20150427_1513501年前になりましたけど、チャン河合さんがベリーズにいらっしゃって、
水族館プロジェクトをやりました。

しかし、コーナーとして不成立。日本で最高視聴率番組だけあって、
面白くないと使ってもらえなかったのです。

内容は、ベリーズの珍しいお魚を捕まえて、日本に送るというもの。20150427_151456その魚に出会うだけでも大変なのに、捕まえて、さらに日本に輸出するっていうのは
たくさんの試練がありました。

7色に変わるというタコも夜中の1時すぎまで、チャンさん泣きながら取っていましたが、 チャンさんは逃す、逃すで、泣き笑い。結果色も変わらず(汗)

それでもいろんな熱帯魚を捕まえて、日本に送ったんですけどね、
八景島シーパラの皆様、届いてますか?


ブルーホールへは、ドアをはずして、シートベルトをガムテープで止めて
ギャーギャー言ってましたが、

最後は、ベリーズの農業祭、ロデオに挑戦!〜
ベリーズ水産大臣が、日本のコメディアンの飛び入りと勇気を歓迎してくださって、
闘牛に乗るもわずか1秒で転落(泣)

今年も、水産大臣からはチャンさんは帰ってこないのか、とお電話で招待してくださって
暖かいベリーズの人たちを感じました。

昔、ベリーズのお父さんの島に泊まったヴィンテージ武井さんは、消えちゃうし、
チャン河合さんはお蔵入りになるし、イッテQの皆さんー、リベンジでベリーズに来てください@@@

↑このページのトップヘ