中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

November 2018

KIMG0817
観光シーズンが始まる前、10月は、ベリーズ国内のピアノの調律アレンジをさせていただきました。

日本から超プロフェッショナルなピアノの調律師の斉藤さんを
お呼びし、ベリーズコンシェルジュで、ベリーズでピアノを持つ学校、教会、ホールとピアノの生徒さんたちにアポイントを取って結び、サービスを提供するお仕事です。

そう、今でもベリーズにはピアノの調律師がいません。
高温多湿の中でピアノを持つ人にとっては、のどから手が出るほど欲しいサービス。

以前、メキシコから呼んだ時には、ハリケーンなどで壊れたピアノを
修理する方で、なかなか日本からの繊細なピアノに釘などをうたれるのが
いたたまれなくて、国際交流基金で来ていただいたピアニストの講演のために来られたのがご縁で、以前にも、ピアノコンペティションの優勝者にピアノを寄付していただいたり、大変お世話になりました。
KIMG0818

もうベリーズ4回めになる斉藤さんですが、来るたびに新しいピアノの持ち主から
お声をおかけいただき、スタインウェイのグランドピアノがこんなところにあったんだ!?
というところから、

no title
シロアリ、ねずみ、ゴキブリの卵と、こんなになるまでほっといたんだ?!
というピアノまで、

様々なピアノに出会います。きっと他の日本の調律師さんだったら、お手上げのピアノも
斉藤さんが愛情込めて、直してくださるので、

私も掃除機をもって、シロアリ駆除の毒を持って、愛のこもったみっちりスケジュールを持って?
お渡ししています。☺

今年は37件もの要請がありました。こんなにベリーズにピアノがあったんだ?というほど、
首相官邸、大使邸、国立音楽ホール、学校、教会、そして色々なピアノのある皆さんのお宅訪問は楽しいものです。
そして、今年は新しい試みをお願いしました。

それは・・・ベリーズ新設、セントジョーンズカレッジの音楽コースの子たちに
調律講座を開く、というものでした。

ピアノの調律師になるには、日本では音楽大学や専門学校などに通い、ピアノ製造メーカーや
販売会社などで5~6年修業し、体系な技術を身に着けるのが一般的です。

でも、そんなものがないベリーズで、少しでも調律師の卵になる芽を見つけようと
音楽学校の先生に、可能性のある生徒を紹介してもらい無料で講義を開いてもらいました。
3
そんな中、いました!ベルモパンで自分のスタジオを経営するポールくん。(写真真ん中)

ギターは5本ですが、ピアノには1台で230本もの弦があるって知ってました?

最近ではYou Tubeで「ピアノの調律の仕方」なんてあったりしますが、
ピアノの蓋を開けた時点で、気づくはずです。

私には、こんな忍耐強さはない・・・・。

一つ一つの音を何度も叩いて、一つ一つあわせ、一つ狂うとその周りも狂うわけで、
ピアノを弾くより何十倍も難しい・・・・・・。

DSCN1370


今日も、調律を受けた方から、「ありがとう!ピアノが生き返ったよ。またお願いします!」の声を
いただいて、私も嬉しい限りです。

観光だけじゃなく、ローカルの方に日本人だからできることを返せるビジネスをもっと増やしていきたいなと思っています。

ベリーズコンシェルジュは、現地でのアポイントメントサービス、車両提供、小切手回収からフィードバックまで
アフターフォローもしていますので、どうぞ何かございましたらお知らせください。

ベリーズは、11月~3月が乾季で、観光シーズンです。megumi fix

今年は、9月・10月と主力のブルーホール遊覧飛行機がメンテナンスに入っており、小型⇒中型飛行機での振り替え飛行を行ったりして、このままでは値上げをしなくては、との危機でしたが、無事パイロットと機材が戻ってきました。


基本、ベリーズでは1セスナ、1パイロット制で、パイロットが手に怪我をした時は、A会社が仕えず、B会社に頼らざるを得ませんでしたが、B社のセスナ会社は、パイロットの怪我が治ってA社の機材がメンテナンスに入って、パイロットの職がなくなってしまうという時に、競合であるはずの相手のパイロットを呼んで、仲間を助けたというドラマがありました。

pilot一方で大手会社のC社は、小型飛行機がメンテナンスに入っている間に、弊社の契約をとろうと大型契約でのディスカウントを申込んできたり、ブラック企業のD社は、今後小型飛行機会社がブルーホール遊覧飛行を運営できないように裏工作をしたり、全くドラマがつきません。


しかし、Mr.ブルーホール、復活です!
お客さんのカメラのモニターを見て、飛行機を調節し、ブルーホールとの距離をうまく撮影しやすいようにとって、羽が入らないように傾け、自らすすんでお客さんのセルフィ―をとってくれるパイロットなんて他にいません。

彼は、もとは地上係員でした。しかし、私と先代の飛行機オーナーがこのブルーホール遊覧飛行ツアーを開発した時、彼はその亡くなったオーナーの代わりにブルーホールツアーをするために育てられ、職を得ました。
日本人が空からブルーホールを見るために旅をしてくれることが彼の人生を変えたのです。

KIMG0993
これからも、適正価格でセスナチャーターはじめとして、良いツアーを作っていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!



こちらが混載可能なツアー催行スケジュールです。
November 15 7:30発ラマナイ遺跡ツアー
November 16   9:00 ブルーホール遊覧飛行(満席)
November 17 6:30発 ATMツアー(日本語ガイド)
November 18  9:00 ブルーホール遊覧飛行(残1席)
November 19 6:30発 ATMツアー(日本語ガイド)
November 22 3:30pm(残1席)?
November 29  10:00(残1席)?
November 30  3:00 pm -(残1席)?
November 30 7:30発 シュナントニッチ遺跡と動物園

DECEMBER
December 1 - 11;00 (残2席)ブルーホール遊覧飛行
December 2 7:30発 カハルペッチ遺跡と動物園(日本語ガイド)
December 3 7:30発 シュナントニッチ遺跡と動物園(日本語ガイド)
December 12 10:00 ブルーホール遊覧飛行(残4席)
December 13 7:30発 ラマナイ遺跡
December 14  6:30発 ATMツアー
December 15 12:00(残3席)ブルーホール遊覧飛行
December 23 - 9:00(残3席)ブルーホール遊覧飛行、動物園
December 24 6:30発 ATMツアー
December 24 9:00 マナティウォッチング&ゴフキーツアー
December 25 7:30発 ラマナイツアー
December 26th 9:00 (残3席)ブルーホール遊覧飛行
December 30   10:00&12:00(残3席)ブルーホール遊覧飛行
December 31 9:00 マナティウォッチング&ゴフキーツアー

1月からの予約は再度アップデートいたします。

次回予告・・・
(2019夏休み企画)
7月6日~12日 【絶景・癒し・異国情緒 を肌で感じるツアー】(7日間)
https://goo.gl/pnDicC
2018年に大好評だったこちらのツアーをさらにパワーアップさせたいと考えてます。
この冬は来られないけれど、来年の夏休みにベリーズをどっぷり味わってみたい方、
ぜひこちらのパッケージにお申し込みください。お問い合わせはお気軽にinfo@bzeconcierge.comまで!

https://youtu.be/ffVpjFnRmkU



↑このページのトップヘ