中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

May 2020

DSCN3500


10日に1回のペースで書いています、と言ったので、
今日がそのブログをアップする日なのですが、

まだ言えないプロジェクトが3つ位進んでいて、
結局またいつもの忙しい毎日に戻りつつあります。

なので週末のひとときの幸せを書きたいと思います。


➀誕生日は道場キャンプ
20200516_185701

ここ近年、自分の誕生日は好きな場所で好きな人と過ごすになっていますが、
今年選んだのは、子供たちと道場でキャンプです♪
センターのまわりは、メイフラワーで囲まれていて、裏の茂みを探検して
川の字で寝ました。肉も真っ黒になったけど、BBQして食べました。

道場で寝るのは、生まれて初めて。
夜、もしかしたら野生の動物が出てくるかもしれないし、朝は鳥たちが沢山
出てくるから飽きません。この土地は2年前に買ったのだけど、
嬉しいような悲しいような、道路ができて時価総額が倍以上に上がっているのだそう。
私は売らないから値段は関係ないけど、動物達が離れていくのは寂しいな。DSCN3325DSCN3451


これは今年3月から買い始めたインコのみどりとキイロちゃん。いっつもチュッチュしている。






ハミングバードフィーダーにも、いつも吸いに来るハチドリ。








日曜日は、マンゴー狩り

Golden Tree並木

ベリーズの砂糖工場敷地にお住まいのMIKAさんを訪ねて、
まずはゴールデンシャワー並木に感動。

DSCN3534
DSCN3540そして期待のアップルマンゴー狩り。DSCN3541

DSCN3545DSCN3549 (2)
木の下に絨毯のように落ちている果物。
ここは天国?
はるかに食べきれる量を越えて、子供たち、ご近所さん、道場のみなさんにシェアすることにしました。

5月のベリーズを愛してやみません。これから毎日マンゴー生活です。
20200524_110946 (1)


皆さん、STAY HOME. STAY POSITIVE してますか?
私だって色々あります。今週は、心折れまくりの1週間でした。

でも、気持ちをポジティブに持っていれば、未来は開ける。

ダーウィンも、最も強いものが生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのではなく、

変化できるものが生き延びると言っていますね。

ポジティブシンキングだから変われるんです。

Covid19

さて、ベリーズはコロナ感染者が31日以上発見されておらず、
明日から規制がゆるみますー!

現在アメリカ大陸でスリナムとベリーズだけ!!が唯一、コロナフリーです。
どうやってコロナ感染を防いだか。

ベリーズは最初のコロナ感染者が1名発見されて、島を封鎖しました。
次の感染者はその人の母親でした。感染者が接触した人すべてをチェックしました。
ランダムチェックもありました。

2週間厳格なロックダウンをしました。色々それで経済活動が止まったという人もいるけれど、
ちゃんと対策も出していたし、私はベリーズ首相のアクションは、素晴らしいものだったと
讃えたいです。

先週は、エクササイズ時もマスク着用でしたが、今日の首相会見で
エクササイズの時は、マスクなしね、とすかさず、訂正しているのもいいと思います。
みんな正解なんてわからないのだから、トライ&エラーです。

ちがう州への移動も可能になりました。ホテルもホテルレストランも営業OK
(ただしアウトサイドスペース、1テーブル10人まで、6フィート距離など制限あり)

まだまだ反対意見はありますが、首相はこのまま6月以降緊急事態宣言が
伸びなければ、7月から観光業を復活させるべく空港を開くつもりも述べています。
(6月28日アメリカン航空マイアミ往復$260、7月3日デルタ航空アトランタ復活)

ホテル組合も、コロナダメージを受けたからといって今年の値上げはしない、
死ぬまでに行きたいホテル100選のチャークリークもダブルアップキャンペーン
(2泊以上で追加2泊無料もしくは2室めが無料、6月末までに予約、1年間有効)をやっています!

皆さん、コロナが終わったら海外へ。

しかも人の行かないところに行こう!
なぜなら、マスク外してほしいから。

オンラインで伝わらない空気、森のにおい、水の冷たさ、
地球の美しさを感じてほしいから。

まだまだ人生は終わらないよ〜!
20200512_120601
*写真はうちの近所のMIRABU からの風景。

日本は緊急事態宣言は後一か月くらい延長する
模様ですが、ベリーズは6月末までになりました。

でももう、21日間コロナ感染者が出ておらず、現在感染中の2名も
今週中には治癒する見込みで、経済活動が今週から戻ってきています。

日本は終わりが見えずに不安の人もいるかも知れませんが、
大丈夫、終わりは必ずきます。
0405ベリーズは、2週間のロックダウンを終えて(朝のエクササイズと最低限の買い物2回以外出れなかった)
工事が再開になった💛

ありがたい。

しばらく観光客は来ないけれど、この間に新しいオフィスと家を整えて、
再出発するっ!
DSCN3312DSCN3323
Office image


DSCN3319と決めたところに、また問題発生。日本式とベリーズのマヤ式の茅葺き屋根にするつもりだけど、消防局と環境庁とCBA(中央ビルディング権威局)の許可をとらなくちゃいけないそうだー。↓こんなイメージ。




えーん、カヤの屋根は環境にいいぞー、使い終わっても肥料として自然に
返せる。鉄板の屋根は吹き飛ばされたら、ただの粗大ごみ。


以前苦労した貯水槽※2018年9月参照(http://belize.livedoor.biz/archives/53360528.html
今回は、全部地盤から全部手作りなので、1個1個確認しながらやってる。
大工さんと仕入れやさんと素材の状態を確認して、そのたびに変更変更でも、
家建てるまでの工程が学べて嬉しい!



ベリーズと日本のCovid-19の感染者被害のボルテージ状況は
ほぼ同じ時期だったけど、厳しい警察の取り締まりのおかげで?
政治的体制のおかげで?
それでもマスクと3Mのソーシャルディスタンスはとらなくちゃいけないけど、
少しずつ材料が手に入るように回復してきた。


緊急発令中は、医療関係者や食料品店のスタッフ等々以外は出られないから
それだけでも100人以上が刑務所行になったよ。

私は拘置所と刑務所が一緒になったムショに入ったことがあるので、(笑)
たまに、ムショの中と自宅ロックダウンとどっちが辛かったかな、なんて考えたりしてた。

ムショは、外の世界には出られなかったけど、他の囚人さんたちとは
自由に話せたので(檻越しで (笑))なんか疎外感はなかったな。

今は自宅でオンラインでつながれるけど、なんか終わった時の
ちょっとした空虚な気持ちはなんだろう?と思ってたら、映画を見た後に
社会的なディスの機会も得られて、実際行く以上に満足を得られたオンラインイベントも出てきた。

Profile
20191028_151558
ピアノの自宅レッスンもできなくなって、今、2人だけピアノレッスンをスカイプで受けてくれてる子がいる。この2か月、レッスンを辞めた子とオンラインでも続けた子には雲泥の差ができる。
カメラも2個、顔位置と手位置にセットして、先生も進化!

何があっても、教育の機会は止めちゃダメだと思う。大人も子供も。

この年になっても、毎日学ぶことがある。

私はこのコロナ休暇中、大学一個通ったくらい、オンラインでいろんなこと学んだよ。

筋トレも現在20Daysチャレンジ実行中。

朝のエクササイズで見かける花や鳥も調べていったら、今度ガイドに出たとき
いっぱい話せるな!


私たちは、ウィルスで閉じ込められているのではない。

人間の政策のせいで、閉じ込められたり、病気を拡散させている。

この期間にめいいっぱい娯楽をして、映画見たり、お笑いやするのもよし、
でも、友達からパワーもらって充電したら、
夜明けは絶対やってくるから、朝が来た時に全開で味わえるように
今、
どんな状況でもその中でできることを見つけて、学ぶことはできるものだと
毎日を新しい発見でいっぱいにしている。それが私の生きがいだから。

夢はすすんでく、麻子でした!
(もう私しかわかんなくなってきた ブループリント!)

Blue print

Belize Expressive Arts Center で教育と観光と環境保全が交わる時!見ててください!

↑このページのトップヘ