中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

September 2020

なかなか先の見えなかったパンデミック、少し希望の光が見えてきました。

日本では悲しい有名人の自死が続いているようですが、
日本でも必ず未来は見えてきますから、もう一息がんばりましょう!

Phase

さて、ベリーズ政府の発表する観光業再開プランですが、
10月からフェーズ3に入り、観光局の基準を満たしたホテル・ツアー
オペレーターを通したセーフコリドーの場合に限り、観光OK!となりました。
観光客は、滞在中ゴールドの腕輪をつけて過ごすことになります。まるで大きな遊園地でも入るようですね。

私も40時間の研修を受けて、ゴールドスタンダードのツアーオペレーターの
申請を出しました。このブログを書くまでに認証取れましたという報告ができるかな
と思ったのですが、観光局の審査には1週間ほどかかるようで、しかしながら
提出から24時間以内に、ここはどうですか?という質問レポートが入り、それらを
クリアすれば月曜日には、パスできそうです。

2021年1月には、フェーズ4で一般の観光もフルオープンになる予定です。

10月からは、アメリカン航空も一日2本、機体を小さくして80人くらいの機体で運行を再開するようですが、
それでもすでに航空券はすでに満席との情報が出ています。
これ以上、被害が広がらないよう、それでも少しでも経済が良くなって多くの人が
救われることを願います。

以下が、以前の情報より変更になったポリシーです。
BTB-Traveller-Protocols-Updated-October-1-657x561


前回からの変更点は、Belize Health Appが使えるようになりました!

1)ベリーズ人または永住権保持者、ワークパーミットを持っている、ベリーズの外交官
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒ 必要なし!自宅隔離10日へ

2)ビジネス (ワークパーミットは持っていなくとも、ベリーズに投資している証拠と
滞在期間中の日程表の提出必要あり)
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒ 必要なし!1台の専用車で専用宿泊地へ

3)セカンドホームオーナー、長期滞在者
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒必要なし!自宅隔離10日へ

4)観光客
⇒72時間以内のPCR検査の陰性結果を持てば、早い列に並べる。しかしランダムチェックによって
2回目のチェックを虐げられる場合は、自費US$50ドルによって検査。検査結果を持ってこなかった場合も同様。

⇒ゴールドスタンダードの認証の受けたホテル・オペレーターを通して移動と滞在が可能。→前回同様


私個人の活動としては、
オンラインツアー (ベルトラ)https://www.veltra.com/jp/latin_america/belize/
10/3 & 17 &31 ベリーズ市内観光&市場ツアー
10/11 & 25 ベリーズ動物園ツアー
10/10 キーカーカーツアー

HISオンライン旅サロン 旅フェス参加
ベリーズセミナーで45分話します。無料です♪

Youtube  ベリーズVlog増やします。
今まで写真ばかりだったのを、動画にし、動画検索でベリーズといえば、Asako!となるように、
未来の子供のためにも生きる糧を残しつつ、
お客様との1対1のコミュニケーションツールとしてFBだけじゃなく興味をもってもらえる人を増やしたいです。

ブログも10日に1回を目安にこれまで通り頑張ります。
皆様の応援、よろしくお願いいたします。

Final-BzeReqirements-Infographic-Matrix_Sep4-01

無事にハリケーンも過ぎ、いよいよベリーズ国際空港が再開いたします。
入国にあたって、まずは4種類の入国申請によって対応が変わりますのでおさえましょう。

この申請は、Belize Health Appによって、到着72時間以内にします。

1)ベリーズ人または永住権保持者、ワークパーミットを持っている、ベリーズの外交官
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒もしPCR検査が陰性なら、残りの13日は自宅にて隔離

2)ビジネス (ワークパーミットは持っていなくとも、ベリーズに投資している証拠と
滞在期間中の日程表の提出必要あり)
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒もしPCR検査が陰性なら、残りは、自分の所有している施設に移ってもよい

3)セカンドホームオーナー、長期滞在者
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒もしPCR検査が陰性なら、残りの13日は自宅にて隔離

4)観光客
⇒72時間以内のPCR検査の陰性結果を持てば、早い列に並べる。しかしランダムチェックによって
2回目のチェックを虐げられる場合は、自費US$50ドルによって検査。検査結果を持ってこなかった場合も同様。

⇒ゴールドスタンダードの認証の受けたホテル・オペレーターを通して移動と滞在が可能。

⇒すべての滞在者は、コロナ陽性の場合は、14日間の隔離になります。
滞在者の足取りは、GPS機能によって確認されます。

自分の泊まりたいホテルがゴールドスタンダードの認証を受けていて、自身の陰性が証明できれば
着いた翌日からツアーに参加することも可能で、バケーションを楽しめます。

言い換えれば、認証の受けていないホテルには、入国から14日以上経っても滞在することはできません。
水上ボートや一般タクシーを使って、自分たちだけで行動することは許されておりません。
Safe_Corridors-CR-01
ではゴールドスタンダードとは何なのか。観光局は、ベリーズの安全コリドーを以下のように説明しています。

1.ホテル到着時に体温チェックとチェックインをします。
2.健康と安全ルールに従います(ソーシャルディスタンスの徹底、マスクの着用、よく手を払い、健康安全プロトコルによって
トレーニングされたホテルスタッフに従います)
3.ホテルのダイニングで食事します。
4.健康安全プロトコルによって訓練されたツアーオペレーターによって出かけたり、
ホテル施設を楽しみます。

私もゴールドスタンダードの認証を受けるべく日々、オペレーター勉強会には参加していますが。
9つの新しいチェックポイントがあります。

1)観光ゴールドスタンダードのマネージャーがいるか
⇒私ですね。万が一、私がいなかった時に代わりに対応できる人の名前とトレーニングに
参加したログを提出しなければなりません。
5種類の勉強会に参加して、コロナの症状が出た人に会った時、どのように処置するか、
すべてのツアーのログのつけ方、安全プロトコルをどうやって検査するか、スタッフがどのように衛生管理するか、チェック項目が沢山あります。

2)モニタリングと報告処理
すべての従業員とお客様の健康状態をチェックします。他からの訪問があった場合は
記載し、重大な症状があった場合には、健康省に通告する義務があります。

3)ソーシャルディスタンスの徹底
受付エリア、チェックインカウンター、お客様の乗り降りをするエリア、車内にて
お客様が密集しないよう、オペレーターはサインやテープを貼ったり、車内にパーテーションを設け、6FT(1.8m)の距離を保つよう促す義務があります。

4)さらなる清掃と衛生の改良
スタッフは、ハンドサニタイザーを常備、マスクともしくはフェイスシールドを使用、何かをつかむときはグローブを使用します。

車両、器具、オフィスは定期的に清掃し、ログ記入が必須です。
受付、コンピュータ、クレジットカードマシン、ドアノブ、電話、待合室椅子、化粧室、車両ドアなどは、さらに細かい頻度で清掃します。

5)リスポンスプランを向上
すべての従業員は、症状のあるお客様に対し、以下の対応をする。
1、ゲストを孤立させる環境を整える
2.プログラムマネジャーに連絡
3.車両を移して、医療施設に搬送する
4.コロナの状況をログ付けする
5.ツアーで使った車両と器具を消毒殺菌する
6.清掃のログをつける

6)コミュニケーションを明快にする
WEBサイトやEmailにて、お客様訪問前にベリーズでの政策を説明、合意をとる。

7)公衆衛生ステーションの設置
石鹸、サニタイザー、シングルユーズのタオルを使った手洗いステーションの設置

8)新しい技術を実装
オンラインクレジットカード決済や、デジタルトラッキングなど

9)スタッフの研修計画を立てる

まずここに観光局の認証を受けたホテル・オペレーターの名前が並んでいます。日々更新されます。
https://www.belizetourismboard.org/

https://www.travelbelize.org/health-safety

9月12日現在、日本の外務省の渡航情報では、アメリカ大陸全体が
危険度3で、なかなか日本からの渡航は勧められていないと思いますが、
ベリーズでのこういった取り組みが、少しでも危険度緩和になることを望みます。

私としても、来てもらえるかわからない中で、果たして車両や施設に投資をして
無駄にならないのか、考えさせられるところですが、近い将来・長い将来でも
いつでも
お客様にも安心してきてもらえるよう努力していきたいと思います。

まだ海外旅行は難しいという方は、弊社のオンラインツアーも是非参加してくださいね!
https://www.veltra.com/jp/latin_america/belize/ctg/198357:online_activity/

Youtubeも作ってしまいました。
https://www.youtube.com/channel/UCuD0ltnHU0tl8Yqj_Ra-TbQ

【海外DIY女子】【Vlogベリーズ】などテーマ別に不定期で動画をアップしていきますので、
良かったら Asako Belizeでチャンネル登録よろしくお願いいたします!

nana


現在、カリブ海沖にある熱帯暴風雨が、ハリケーンへ成長しつつ、
ベリーズ方向に直進しています。予定だと木曜の朝に到達なので、
明日一日でハリケーン対策します!



DSCN4397



今日せっかく自分で作った庭の葉っぱの屋根。

見よう見まねで理解して、家で余った葉っぱを庭のテントの屋根にくっつけた。
毎日2行ずつ、と編み物のように決めて、ようやっと今日できた。

屋根心配してたら、日本からベリーズ会長がテント小屋の心配してくださって
テント自体をパイプで括り付けるか、ブロックを下げるかしないと、とのこと。
そうでした。日本からベリーズのことを見てくださって、具体的なアドバイスをくださるのは
本当にありがたいです。


メノナイトに作ってってもらった道場も窓に板を貼ったり、竹垣も倒れるかも知れないし、
新築の家の屋根も飛ばされたら困ってしまうので、明日は1日知恵を絞って頑張ります。


数日連絡が取れなくなるかも知れませんが、無事を祈っててください!

↑このページのトップヘ