中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

October 2020

20201019_195946みなさんお元気ですか?

ソリス麻子です。日々、行動規制は緩くなってきましたが、
コロナ感染状況は変わらず、家でネコとオンラインツアーを楽しむ毎日です。

ベリーズでは、PCR検査の結果を持ってこなくても、国際空港にて検査OK($50)
そして、PCR検査にて陰性だった場合、10日間の自己隔離の義務が撤廃されました。
uPDATED


最新の入国前のステップです。
1.72時間前までにベリーズHealth appをダウンロード
2.72時間以内のPCR検査結果を持ってくれば、即審査入国。
  PCR検査をしてこなくても、国際空港にて検査Ok($50)
  陽性の場合は14日の隔離ですが、陰性の場合は隔離の必要はありません。
3.マスクをして、ソーシャルディスタンスプロトコルを守って、ベリーズ滞在をお楽しみください。

ずいぶんシンプルになりましたね!

現在、いろいろなところでオンラインセミナーが流行ってきて、あたらめて
ベリーズのどんなところががいいのか、なんで来てもらいたいのかを考えてみました。

そのポイントが凝縮されているベリーズ動画がこちらです!


Explore different reality さまざまな現実を探って
Where limits are not in our language 制限が私たちの言葉にないところ
And constraints not part of our culture そして、制約は私たちの文化の一部ではありません

A place you can be what you were meant to あなたが意図したものになることができる場所

astonished びっくりして

Be laid back のんびりして

Be rambling とりとめのない

Be Primitive 原始的に

Be peculiar 独特の

Be alive 生き生きと

Be unleashed 解き放たれた

Be natural 自然体で

Be native 現地人になって

Be pure 純粋になって

Be buoyant うきうきして

Be mortal 致命的で

Be quenched 冷やされて

Be satisfied 満足して

Be uncharted 未知の

Be free 自由の

Be barefoot 裸足の

Be jiggy 高揚して

Be still じっとして

Be crowded 込み入って(自然生態系に)

Be awed  畏敬の念を抱いて

Be engulfed 飲み込まれて

Be humbled 謙虚に

Here you can discover how to Be

あなたがどうなりたいか発見できるところ

ベリーズ


10月31日 HISさんの旅フェスにてベリーズのお話をさせてもらえることになりました!(日本時間11月1日9:00〜)https://www.hisonlinesalon.com/ ベリーズ単体参加で$15US、他の国も24時間フリーパス参加で 3250円で 前売りで25%Offだそうです。お時間のある方は、見に来てください〜。


先日、日本からベリーズの荷物はこうやって届く、の記事を書きましたが、
普通郵便、郵便局に行って3人スーパーバイザー確認してもらいましたが、
答えは届かない!です。あー、今年はこのままだとクリスマスカードも年賀状も
ない1年になってしまいそうです。

国際空港も開いているし、アメリカン航空もマイアミのみ毎日行き来あり、
日本からマイアミも便あるだろうに、でも郵便は×ですって。

11月になったら機体が大きくなるからCargoも始まるだろうとか、
12月からダラス便も出るので、アメリカ泊なしでも乗り換えできるでしょう、と
いわれましたが、どこを探しても同日乗り継ぎは見つかりません。

ユナイテッドは、現在羽田―ヒューストン(ANA)で翌日ヒューストンーベリーズがあり、
12月は、ニューヨーク、シカゴから直通あり、成田から乗り換え1本で来れますが、
こちらもアメリカ都市で1泊が必要です。

幸いなことに、アメリカは、出発・到着の際もコロナに関する隔離の義務などないので、
乗り換えは心配なくできそうですが、ベリーズでは空港でPCR検査があります。
ゴールドスタンダードのホテルを予約して、検査も陰性であれば、翌日から
ゴールドスタンダードのオペレーターのツアーで観光に行くことができます。

例年であれば、もう年末のホテルはいっぱいになり始める頃ですが、
今年はまだ余裕があります。年初に新婚旅行で10月に予約されていたお客様は
一度キャンセルになりましたが、来年1月に航空券取り直しました!と言ってくれて
ベリーズのブルーホール遊覧飛行を再チャレンジしてくださることになりました。

ほんの少しの希望の光に嬉しくなったり、

かと思えば、つぶれてしまったダイブショップや、値上げを避けられない取引先と
また一から関係を構築しての、コンシェルジュ業になりそうです。


最後に今年の4か月の集大成。ベリーズで家を建ててみた!動画です。
コロナが始まった3月から着工して、7月末に引っ越し、その後もいろいろ直しながら
進化してますが、生活が一気に変わりました。みなさんに感謝です!



ご覧いただいた方は、グッドボタンを押していただけると幸いです!https://youtu.be/JfhBeCocCS4



DHL
DHL2コロナの影響で、飛行機が飛ばなくなって、
物資が届かなくなって7か月。

国際郵便は届かないけれど、DHLなら専用機が飛んでいると
いうことで、私の戸籍謄本とオンラインツアーのためのジンバルを
入れて、日本からDHLで送ってもらいました。

東京→シンシナティ(米国)→マイアミ→パナマ→グアテマラ→ベリーズ


シンシナティってどこ?と思いましたが、オハイオ州の一つで日本から
普通の直行便はありませんが、DHLは独自のネットワークでHUBにしているようです。

国境も閉まっているのに、なぜグアテマラへ?と思いましたが
日本を出てから1週間、無事到着いたしました。

送料は、封筒・BOXの大きさごとに決められていて、
15Kgまでは重さに関係なく同じ。
20200928_133450
私の場合は、東京から店舗に持ち込んでもらって送料、
11500円 で済みました。

受け取る時には、国際空港に行って関税を支払わなくてはならないので、
(関税は物の価値+送料の30%ほど)
 30bz +15BzDHL手数料で 約2400 円でした。

20200928_133414
物の価値は、送る人にこのように書いてもらうとよいです。

もうベリーズで、化粧水なし、ファンデーションなし、その他いろいろ
日本人の感覚なし、で困っていたところ、


帰国したJICAの隊員さんからお世話になった先輩に、よかったら残った
日本食をもらってくださいという有難い言葉をいただき、
ベリーズに住む友人と分けました。ベルモパンに住むベリーズ・ジャパニーズ
家族を訪れるきっかけにもなり、歓迎していただきよい休日を過ごせました。

120038736_10158808401664539_1564425625467775488_o
もう国際空港が再開して、普通郵便も復活されると思いますが、
アメリカン航空は、まだ機体が小さいため、Cargoはやっていないとのこと。
まだまだ不確実性が高い郵便事情、何かの参考になればと思い書き記しました。


ベリーズでは、パンデミックの影響で、日本米ももう3か月手に入らなかったり、
普通のラーメン=(Maruchan)も手に入りにくかったり、みんな必死に生きています。

一刻も早く状況が改善しますように。


20201001_124031
本日10月1日より、ベリーズ国際空港が再開しました。弊社ベリーズコンシェルジュも観光局からゴールドスタンダードの認証を頂きました。
バンにパーテーションを設けたり、サインを表示して、ソーシャルディスタンスや衛生面に気をつけています。

van partition
私個人としては、コロナが怖いとかではありません。
万が一、お客様がPCR検査で陽性になっても、肩身の狭い思いを
されることがないように、専用車で、ドライバーに気を使うこともなく、
ゆっくり過ごして欲しいのです。

私個人としては、感染予防策が本当にいいことか、
ソーシャルディスタンスとか、
手だけ消毒するとか、
マスクもそう、
避けて暮らすくらいなら、

自分を鍛えよう。(免疫力を上げる根本的予防)という派です。

自分の免疫力が下がっている時に菌に触れたら感染するかもしれない。
みんな、完璧ではいられないから感染予防対策をするのもわかる。

でも、菌が入っても発症させない生活、体づくりをすることはもっと
大切だと思います。でないと、子供たちも、臭いものには蓋をしろ、で、
なんにもできない、子になっちゃう。 ウィルスから逃げ続ける生活はもうこりごり。

6ft

というわけで、お客様歓迎です。
もっぱらの悩みは、しばらく日本からのお客様がいなくて、来てくれたらハグしたいのに、できないこと。してもいいよ、という人はお知らせくださいね。(笑)

クッションを置いたりして、隣と近くならないようにしたり、
万が一の個室を作ったり、できるだけの対策はしてきました。
cushion

ビジネス用の専用車手配もいたします。

コロナ時代を乗り越えて、
皆さんが世界に飛び出せる日をお待ちしています。

↑このページのトップヘ