ブログネタ
アメリカ中南部生活 に参加中!
BPRPの新日本人ガイドとしてデビューするチャコさんの
ために、本日は日帰りツアーを決行。

altunha旧高速道路へ





ベリーズシティから北へ40分。ここから旧高速道路といわれる
1車線しかない、でこぼこ道へ入ります。
(旧高速道路なのに反対車線から車がきたらよけなくてはならない!?)

entrancerudy





日曜は、ベリーズ人は遺跡の入場料が無料です。私は、ベリーズの運転免許証を
見せたら、ベリーズ人扱いになりました。(一緒にいたチャコちゃんもとられませんでした)

アルトゥンハ遺跡の入り口。普通に土が盛られているだけに見えますが、これも
立派な遺跡のあとなのです。右はプロのガイドのRUDIさん。ガイドさんが
追っているものは・・・・・!?!?!

JABIRUP1050111
Photo【Rudibird & Associates】




鳥、です。左は、JABIRUといる国内最大の大きさの鳥で、図鑑で見せてもらったら
フラミンゴのようでした。空とコントラストが綺麗です。

右は、ORIOという鳥で緑と黄色がとっても美しく見えました。

Altunhaaltunha yoko














そしてこれがアルトゥンハ遺跡です。ベリキンビールのラベルにもなっている建築物です。

アルトゥンハ遺跡は、紀元後200〜900年の間に栄えました。
ベリーズには火山がないのにもかかわらず黒曜石が発見されたり、JEDE(ヒスイ)の
彫刻(約50センチほどの大きなもの)が発見されたことから、その頃すでに
グアテマラと国交があったことや、メキシコのティオティワカン遺跡から
建築様式を学んでいることがわかりました。

dkiall sprice







1950年頃、発見されて、1962〜1971年の間に発掘が進み、ベリーズでは
整備されている方の遺跡ですが、ふと歩いてるところに土器を発見することが
できます。ベリーズの法律で持って帰っていけないことになっているので
置いていきますが、こんな足元に転がっている天然文化財はベリーズならではです。

ガイドのRudiさんには、マヤの遺跡のことだけでなく、自然、鳥、動物など
多くのことを教えてもらいました。ちょっと「この葉をかじってごらん」と
言われ、かじるとそれは、「オールスパイス」の木でした。オールスパイスって
それまで色んなスパイスが交じってると思ってたんですが、一つの木から
なっているんですね(笑)

日光も強く、妊婦にはこれ以上の散策が不可能。車に戻って次の場所へ
移動しますー。次回へ続く。

いつも応援ありがとうございます!クリックにご協力お願いします。banner
人気ブログランキングへ