ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
最近のフィッシングビジネスは、晴れたり曇ったり。

天気通り、ビジネスが左右されるので、ツアーがあると
いうので、こないだも3時間かけてプラセンシアまでボートをもって
行ったが、現地で天候不良でツアーキャンセル。

夫エルビスは、また3時間かけて帰ってくるも、帰りがけに一人で
魚をひっかけてきて、ガス代をペイするので気にしていなかったが。

こないだは、彼が提携している会社のボートで島に行ったきり、
彼のいぬ間に大雨が降った。すると、外に停泊している彼のボートは
沈んでしまうかも知れないというので、私、赤ちゃん、彼の従兄弟を
連れて、バケツでぱんぱんに水の張ったボートの水の掻き出し。

ボートを持つってことはこんな原始的なこともするのか;;;
最近、ようやくフィッシングビジネスを理解しはじめた私。

だいたいフィッシングツアーは高いんだよ。、と思っていたが、
ベリーズ観光局が定める一日チャーター$375ドルの理由が
わかってきた。

1、ガソリン代が高い。

2、ボートのメンテナンス費が高い。

3、魚のえさになるルアーが高い。一匹食われるごとに1500円。

4、狙う獲物がでかい。よって釣竿、リール、針、すべて大物専用、
定期的に購入が必要。

5、魚との格闘が楽しめる。レンタル器材無料、カリブ海の
大海原で、ベリーズ人ガイドに確実に魚と格闘する体験を
してもらって、その吊り上げた魚の価値は、ツアー代以上。
dishing2fishing1
ということで、もしご興味ありましたら、お問い合わせください。
男のロマンを味わえるらしいです。女の私は食べる専門ですが。

http://www.bprp.bz/tour/index.html#02


応援クリックをお願いいたします!
banner
人気ブログランキングへ