バスと飛行機の場合のカンクン―ベリーズ間の行き方をご紹介します。

domestic%20logo1(飛行機の場合)
日本人は、90日までの観光の場合、メキシコはビザの必要はありません。

ベリーズからカンクンは、マヤアイランド航空で約1時間10分。

毎日9:30の便で出発、サマータイムは1時間時差があり、11:40に着きます。

カンクンからベリーズは、13:50の便で 15:00にベリーズシティに着きます。
depature tax(土日は変更になりますので、確認してください。)

Q.出国税は?ベリーズ人 35bz / 外国人 39.25USドル です。

航空会社のカウンターでは、7.5bz(3.75US)環境税という新しい税が導入され、(写真左)出国審査カウンターでは、35.50USの税金を徴収される。
これらは、航空券に含まれていないことが多く、現地でUSドルかクレジットカードで精算可能。

orange
Q.機内食は? Yes
たったの一時間ですが、ベリーズの自慢のオレンジジュース、サンドイッチ、ウェハースのお菓子が出ます。







skyQ.航空券は?片道$199ドル 往復329ドル (別途税金)

BPRPで申込できます。

カンクン、ベリーズ間のフライトは、エメラルドグリーンのカリブ海上空を、サンペドロやキーカーカーなどの島々を見下ろしながら行けるので、とても気持ちいいです。こじんまりとした
飛行機で、スチュワーデスさんの明るい笑顔とアットホームな雰囲気です。


(バスの場合)

私は、トゥルムからADOの高速バスに乗りました。時間は比較的1時間に1本くらい出ていて快適。
前日にチケットカウンターでバスの切符を買いました。170ペソ(1500円くらい)でした。


カンクンまたは中継地点からチェトマルに向かいます。ADOの高速バスはここでおしまいなので、
タクシーで、ベリーズシティ行きのバスが出る新マーケットへ行きました。


bus terminalと、ここでいきなりぼったくりタクシーです。友人と2人で新マーケットまでいくら?と聞き、
25ぺソと言われたので、OKしたら、降りる時になって、1人25ペソだから50ペソだよ。と言われました。
相場は、20ペソと知っていて、荷物もあったので、25ペソなら、、、と思っていたのに
おつりを返してくれません。結局30ペソ取られました。

さて、気をとりなおして、新マーケットで知り合いのベリーズのバス運転手に出会います。
新マーケットのバス乗り場は、コダックのマークのタワーが目印です。


syukkokuQ,出国審査は? ベリーズ人 $ 0 / 外国人 20USドルor 200ペソ(←写真のキオスクのようなスタンドで出国カード提出します)
Q.ベリーズ入国ビザ US $50ドル / $100 Bz

100ドルと言われても、ベリーズドルのことなので、払わないように!
事前にビザを取ってきている人は、同じカウンターでスタンプ押されて、荷物チェックです。

ビザを取ってきていない人は、個室で必要書類を記入します。(ちなみに写真を添付する欄がありますが、なくても大丈夫です)

bus特にとりとめた尋問はされませんが、オフィサーはゆっくりなので、他のベリーズ人を乗せたバスに
置いていかれないよう運転手にアピールすることは大事です。私の場合は、バス運転手に迎えに来て
もらいました。荷物も結構チェックされます。(アルコール類は没収です)

これが終われば、いざベリーズへ。レギュラーバスだと、お客さんがどこでも乗ったり降りたりするので
ベリーズシティまで5時間くらいかかります。コロザル、オレンジウォークで30分くらいの休憩もありました。
(国境からベリーズシティまでは $12 bz/ $ 6 USドル)

というわけで旅行情緒たっぷりのバス、私はベリーズらしくてホッとするのですが、
カンクンからですと、合計8時間〜10時間結構なバスライドになりますので、片道は飛行機がおすすめです。

飛行機でも、手書きの航空券、10cmヒールの出国審査官達、自由席のオープンシートなど、ベリーズ感満載です。

tegaki
nyuukoku
nyukoku sinsa



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします