今年は、「無理をせず楽しみながら」をモットーにゆる〜く我が家でやっておりましたが、振り返ってみると色々広がっているな、と感じます。

その1.今年は、元協力隊でベリーズに戻ってきたHiroko先生にピアノ初心者クラスを手伝ってもらい、
私は、ベリーズ首相の娘さんなどに、出張サービスでピアノを教えに行くなど幅広くやりました。

サヤン・アブリルKyron Odae

その2.ステップアップの試みとして、自分の生徒を
夏休みに来ているフランキー先生に連れていくこともしました。

P8060046


その3.ベリーズにお住まいの日本人の子供達に、アートと音楽を教えました。我が子シエラも3歳デビューです。
 
「自分の子供と地域と共に活動を広げていく」のが夢だったので、実際地に足がついてきた感じ。アートは素材を与えるだけで子供の創作性が広がってくれるので感動も大きい。子供たち初めてキャンバスに描いたサメの絵と折り紙とのりだけで作る創作、島とクリーク。

我が家でミニコンサートも開催しました。その後は、Saori先生の折り紙教室も。



クラスアート3











アート1IMGP7616









asakoその4.今年は、ベートーベンの3大ソナタ{悲愴」にチャレンジ。
毎年恒例、ピアニスト、フランキーレノ―コンサートでの夏の成果を発表するコンサート。

生徒と親の見てる前で、先生としてのお手本を見せるっていうのは、結構なプレッシャ―ですが、
私も学び続けるいい機会です。レッスン中に今後の目標も見つかりました。
来年は、ドビュッシ―、30代で大人のショパンを弾きこなし、5年以内にラフマニノフが
弾けるようになりたい!夢はまだまだ広がります。




banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします