20160129_115957

子供の小学校の行事に参加することは、ベリーズの改めて生活と文化を知る良い機会です。
私には、小学校1年と2年の子供がいるので、フィールドトリップ(遠足)のお知らせが来れば、迷わず保護者に⭕️をつけます。

去年までは公立の学校だったので、運動会でも裸足で走る子供たちにびっくりしたり、遠足は、野生のサルを探したり、豆を炒ったりするところを見学する郊外学習だったのですが、今年から私立の学校に入って、遠足前にパスポートを持ってこいというので、「なんぞや?』と思ったら、行き先は、ベリーズ・メキシコ国境の町、チェトマルにある”プラネタリウムとチェトマル動物園”でした!

20160129_075703 - コピーまずはバスに乗って国境越えです。ベリーズ出国所は、先生がまとめてクラスの生徒と保護者のパスポートリストを出せば、スタンプなしでスルー出国。この前で皆、炉端の両替商といっせいにベリーズドルまたはUSドルからメキシコペソに替える。

メキシコ入国所は、一人一人入国カードを書いて、長蛇の列。旦那とお買い物に行く時は、だいたいエクスプレスで50ペソ払えば、スタンプなしでスルーできるのでそうしてますが、その後荷物チェックと結構面倒臭い。


20160129_12262320160129_125936プラネタリウムは小さいころ大好きだったので、ちょっと星のお話聞けるかなぁと期待しましが、スペイン語が全然わからないのと、天体よりもエンターテーメントに重きを置いたシアターなので、ぐるぐるまわされてちょっと気持ち悪かった。でも、動物園には、ベリーズにはいない動物がいるというではありませんか。

サーカスで見たようなトラとか。






かば、かわいいー。



日本の動物園には、日本の野生には生息しない動物が見られるのはあたりまえですが、
ベリーズ動物園では、ベリーズの野生に生息する動物で野生に帰れなくなった動物を保護している場所なので、輸入ものは、見られないのが当たり前。それが逆に展示目的じゃなくて保護を目的としているので、動物たちが人間と共存してて幸せそうなのが特徴的。
20160129_125814メキシコに行ったら、やっぱり日本の動物園のような、檻の中の動物がかわいそう、って
気持ちが蘇っちゃって、ああ、ひさしぶりに海外の動物見たって感動と、そうそう動物園ってこんな感じだったという逆カルチャーショックを覚えました。
子供は、孔雀の羽を広げたとこ初めて見たようで、食い入ってました。

ああ、やっぱりベリーズの動物園が好きです。

最後にお昼を食べるという理由でショッピングモールに寄ります。自由時間2時間なので、皆買い物に走りますが、寿司があるというのでメキシコの実態調査でちょっと頼んでみる。え、え、これ、SUSHI?!?!
20160129_151339
マスタードとかバーベキューソースがかかってて、中見えないし、
はい、日本食とは程遠かったので終了〜。

決してメキシコのことを悪くいうつもりはないのですが、されどベリーズ、海外旅行をするとやっぱり自分の国の良さに気づいてしまう。
日本から来てくれたお客さんにも言います。海外を旅するとその国のよいところもそうでないところも感じて、また日本の良さを発見できる、それも収穫。だけど、その国の良さも理解できると尚人生が豊かになると。
ベリーズにいるとベリーズにはないショッピングモールが恋しくなったりするんですけどね!メキシコ、また文明が恋しくなったらきます!