ベリーズの貝を使った日本でのジュエリー催事の様子です。
たまたま私が大阪に行った時、阪急デパートで2ブランドが展開されてました。1


2








HASUNAのジュエリーは、「絶え間ない」「永続する」という意味を持つ「PERPETUAL JEWERLY」。エシカルやフェアトレードなど、人々の営みや自然に配慮して生み出され たダイヤモンドやゴールドなどの素材を使用し、時代が変わっても愛され続ける、普遍的なジュエリーを提供しています。

ベリーズの貝、ウィルクスもそんな一部になれて、ダイヤと一緒に金縁に囲まれて、
永遠の存在になれて、嬉しいです。

黒と白のゼブラ模様が基調のウィルクス貝は、もう10年近く前になりますが
最初に開発してくれたのが、HASUNA代表の白木夏子さんでした。
なぜフェアトレードなのか。http://belize.livedoor.biz/archives/2009-02.html
(なつかしいブログ見つけたので載せておきます)
右のモデルは、阪急販売員の岩村さん。

3

HASUNA ブランドサイト
https://hasuna.com/

HASUNA ONLINE STORE
http://hasuna-store.com/

HASUNA Facebook
https://www.facebook.com/hasuna.world/

HASUNA Instagram
https://www.instagram.com/hasuna_official/



4








HASUNAの生産管理の仲村様です。

初めてお会いしましたが、一昨年前からやりとりをさせていただき、


本当に人間力の素晴らしい方だと思っていました。

それまで、208個送って、8個しか採用されず、200個返品される(泣)とかそれでも、私は職人さんにご飯を食べさせていかなきゃいけない、と日本のビジネスマンとしては、らしからぬ駄々をこねていたのですが、仲村さんに、

「商品のクオリティが高く、個々の商品に個体差がないことを求められる日本のジュエリーや価値観に、ベリーズの方たちが合わせていただくのはとても難しいということはわかりました。

ですが、弊社のジュエリーを手にするエンドユーザーの方のご満足、お幸せを考えると、商品のクオリティ、サイズ(条件)をその都度変更するわけにもいきません。

ですから是非、双方歩み寄って、できる中で最高のものを共に作っていくことはできませんか?」

と言われ、1mm以下を計ることができるノギスを送られたり、形の比を変えられない抜き方を送ってくださったり、本当に双方の努力があって今の商品ができているんです。
このやりとりがあって、私はHASUNAがもっと大好きになりました。






もう一方で、Love and senseで世界中の途上国からフェアトレードのセレクトショップにベリーズの商品を提供しているBASEYさんです。
http://www.basey.jp/

5678
9

















こちらも大苦戦中です。商品は売れていますが、正直この値段ではきつい、、でもそれに見合うパーツ商品を納期までに作らなくてはならない、、、
BASEYさんも数を多くしないと合わない、ということで、そのリクエストに合うように催事を増やし、オーダー希望に沿うように努力してくれています。




あと私はピアスユーザーですが、ピアスの空いてない人でも、イヤリングが耳が痛くないかつしっかり安心のパーツで、私の母もお気に入りです。(もっとくれ、とせがまれます)


BASEY阪急
 BASEY代表の吉井 由美子さんも、日本でお会いしてから、会うたびにパワーと優しさをもらう素敵な方です。
ビジネスでは、これからもぶつかると思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。