DSCN35756月に入り、雨季に入りました。
ちょっとこないだまで、ずっとずーっと日照りで、
たまには雨降ってほしいなぁ、なんて思っていたら、
バケツをひっくり返して、そのままバケツを投げ続けられている
ような雨が一晩中降っていて、朝起きたら一面びちょびちょ。

ここが正念場、と今週は踏ん張っています。
改めて思い返されることがあります。

木は切っちゃダメ。木が雨を保ってくれるから、
木がなくなると浸水する。

今まで私の土地の周りは、ジャングルでした。20200605_112621
ところが、うちの周りの土地が売れて、一気に開発がはじまり
道路を作るために、いくつもの木が倒されました。

道路に降った雨も、それより低いうちの敷地とマイガーデンに流れ込み、私の涙のようでした。

ここが正念場です。ここをどう乗り越えるか。
用水路を作り、水を流して、砂を持って、土と石のエリアに分け、庭づくり。やるしかない。

家は大工さんに任せてあるものの、材料の調達、設計指導は私がやります。亡くなったマサキくんの意図を生かして。

素材は、マヤスタイルと日本のおじいさんのスタイルを生かして。
Old house

(写真は、岩手の県立博物館に入っている私の父が18才まで住んでいた家。)

私はこれを再現した家をベリーズで建てたかった。

屋根に使うベイリーフ3000枚が届きました。ベリーズでベイリーフと呼ばれるこの葉っぱは、
満月の時だけ特別な油分を出すそうで、満月の前後3日間だけ刈りいれます。
それ以外の時に刈られた葉はすぐダメになってしまいますが、満月の前後に刈られた葉っぱは
15年〜25年持つそうです。
佐々木家は、江戸時代〜明治時代の初めから、何度も何度も屋根を修復して使っていたようです。

20200605_144924

屋根自体は、6日間で完成、それから側面、床が付き、電気、水道、バス、トイレ、
内装その他で、7月下旬の完成を目指します。

今日のニュースで、海外に住む在留邦人にも、10万円が支給される補正予算案が出ているそうで
11日成立すれば、我が家は子供2人と私で、フェンスもできるかもー、と喜んでおります。
日本の税金納めてないのに、申し訳ないので、安全を確保して早く日本に恩返しできるよう頑張ります。

DSCN3591DSCN3592

道路沿いに咲き誇るクロッカス。

みなさんにも、正念場と言われる頑張って乗り越えるべき困難な場面があるでしょう。

いっしょに乗り越えましょうね!