なかなか先の見えなかったパンデミック、少し希望の光が見えてきました。

日本では悲しい有名人の自死が続いているようですが、
日本でも必ず未来は見えてきますから、もう一息がんばりましょう!

Phase

さて、ベリーズ政府の発表する観光業再開プランですが、
10月からフェーズ3に入り、観光局の基準を満たしたホテル・ツアー
オペレーターを通したセーフコリドーの場合に限り、観光OK!となりました。
観光客は、滞在中ゴールドの腕輪をつけて過ごすことになります。まるで大きな遊園地でも入るようですね。

私も40時間の研修を受けて、ゴールドスタンダードのツアーオペレーターの
申請を出しました。このブログを書くまでに認証取れましたという報告ができるかな
と思ったのですが、観光局の審査には1週間ほどかかるようで、しかしながら
提出から24時間以内に、ここはどうですか?という質問レポートが入り、それらを
クリアすれば月曜日には、パスできそうです。

2021年1月には、フェーズ4で一般の観光もフルオープンになる予定です。

10月からは、アメリカン航空も一日2本、機体を小さくして80人くらいの機体で運行を再開するようですが、
それでもすでに航空券はすでに満席との情報が出ています。
これ以上、被害が広がらないよう、それでも少しでも経済が良くなって多くの人が
救われることを願います。

以下が、以前の情報より変更になったポリシーです。
BTB-Traveller-Protocols-Updated-October-1-657x561


前回からの変更点は、Belize Health Appが使えるようになりました!

1)ベリーズ人または永住権保持者、ワークパーミットを持っている、ベリーズの外交官
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒ 必要なし!自宅隔離10日へ

2)ビジネス (ワークパーミットは持っていなくとも、ベリーズに投資している証拠と
滞在期間中の日程表の提出必要あり)
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒ 必要なし!1台の専用車で専用宿泊地へ

3)セカンドホームオーナー、長期滞在者
⇒到着時PCR検査US50ドル
⇒1日指定ホテルでの隔離 ⇒必要なし!自宅隔離10日へ

4)観光客
⇒72時間以内のPCR検査の陰性結果を持てば、早い列に並べる。しかしランダムチェックによって
2回目のチェックを虐げられる場合は、自費US$50ドルによって検査。検査結果を持ってこなかった場合も同様。

⇒ゴールドスタンダードの認証の受けたホテル・オペレーターを通して移動と滞在が可能。→前回同様


私個人の活動としては、
オンラインツアー (ベルトラ)https://www.veltra.com/jp/latin_america/belize/
10/3 & 17 &31 ベリーズ市内観光&市場ツアー
10/11 & 25 ベリーズ動物園ツアー
10/10 キーカーカーツアー

HISオンライン旅サロン 旅フェス参加
ベリーズセミナーで45分話します。無料です♪

Youtube  ベリーズVlog増やします。
今まで写真ばかりだったのを、動画にし、動画検索でベリーズといえば、Asako!となるように、
未来の子供のためにも生きる糧を残しつつ、
お客様との1対1のコミュニケーションツールとしてFBだけじゃなく興味をもってもらえる人を増やしたいです。

ブログも10日に1回を目安にこれまで通り頑張ります。
皆様の応援、よろしくお願いいたします。