20210110_132412おうちにおこもりのこの頃ですが、月に1度は、家を出て、自然いっぱいの空気を吸いたーい、ということで、ベリーズツアーガイド仲間のハイキングに行ってきました。

朝5時。 誰にも会わずに、家を一人出て、国境の町まで車を走らせ、
サンイグナシオで、ツアーガイド仲間にゴールドスタンダードのバンに載せてもらう。

朝7時。20210110_070143

仲間の車は、運転席と客席が、水道管をつなげた仕切り版で区切っている手作り感満載のコロナ対策。
こうゆう工夫の好き。

ものすごい坂を登る、川を渡る。車がダメージ受けること間違えなし。自分の車じゃなくて良かったと密かに思う。


朝9時。Vacapost到着。検温、除菌。ハイキング開始。
Fotoram.io (1)

開始地点の花が多くて、すでにテンションがあがる。Fotoram.io (2)
ハイキングコースも、バラエティが多くて、前日からトレイルの草を私たちが通れるようにまさかりで切ってくれていたこと知る。牛にも会う。
ひざがカクカクになるくらい起伏の激しい坂を下ると、そこには、荒々しい川が流れていた。

Fotoram.io (3)
色んな滝がある。水は、心を洗い流してくれる。素晴らしい力があるといつも思う。

また山を登って、一旦ベースキャンプで昼食。Fotoram.io (4)

Fotoram.io (5)
そこから、冗談じゃない、一歩間違えれば落ちる、自然のトレイルを降りて
素晴らしい240fTの滝に入る。


いーなーって言われるけど、そう思われることが目的じゃなくて、実験したいのは、
人はオンラインの疑似体験や映像で癒されるのか、に興味がある。


私は、じっとしていられない性格なので、それなりにこのコロナ自粛期間を耐えている。
でも、制限をある中で、新しいことを考えるのはとても創造的で楽しい時間である。
DSCN5359
それを誰にも邪魔されない時間があることが素晴らしい。

今月末に新しいオンラインツアーの発表を控えている。実際のツアーよりもできることを
引き出してオンラインツアーにし、オンラインツアーの体験を新しいアートにする、これが
私の今、一番やりたいことだ。

どこまで行けるかな。