Sanignasio

ここに来て、早くも2週間です。
ベリーズの首都ベルモパンから、さらに西へ。
今日は初めてシュナントニッチという
マヤ遺跡の中でも、とても高い遺跡に上ってみました。

なんとここからは、隣の国グアテマラが見えるんです。
高さ40Mのピラミッドの壁面には、マヤの装飾が今も残って
おり、今から何万年も前につくられたものが
今もこの国で一番高く、誰がいつ作ったのか知られていない、
というのは本当に不思議な世界だと思いました。

途中、バタフライファームという20種類以上の蝶々を
生育しているところに立ち寄っている途中、
車が動かなくなりました。

こんなことは日常茶飯事だから、外出するときは
日本みたいに帰宅時間を決めたり、次の用事を入れたりできないものだ、
と痛感させられました。

15460fd1.jpg
待っている途中、マヤ民族の工芸品をつくっているところに
行くと、とてもかわいい子どもたちに出会えました。
よく観察していると、小さいのに働いてる。
工芸品のもとになるCRAYを削って、集めている。

カメラを見せるととてもはずかしそうに
出てきたり、ひっこんだりしていました。

子どもは他にもいるのに、この小さい男の子に
なぜこんなにときめくのかと考えると、
この辺では珍しい、サラサラヘアであることに気づきました。

そして、目がつぶらで純真無垢そのもの。
今、なんつった?こら?みたいな。

しばし灼熱の太陽下でのどうしようもない時間を
忘れることができました。

次はいよいよ島に行ってみたいと思います。