shark

ボートの上から、サメが見える、エイが見える、うようよと集まってくる
群れ。それなのに

「Let's go!」って、うそー、この中に飛び込むのー!
と思って、潜った瞬間、私はもっと絶叫した。

水族館の中の餌になった気分。

私が海に入っても、サメたちは逃げない。

それどころか、いっしょにすぐそばを優雅に泳いで、ヒレを
さわらせてくれた。

限りのない海。檻のない海峡。それなのに、どうして魚たちは
ここに集まってくるんだろ。

よく見ると、コバンザメの背中にコバンザメの赤ちゃんが、
コバンザメのお腹の下に、ちがう種類の魚が隠れてひっついて
泳いでる。

それをコバンザメと同じ高さで見た。
ボンベもダイビング機材もなくて、シュノーケルと海中メガネ
だけで泳いで。

やっぱり魚もみんな共生してるんだね。
私も、この感動を日本にいる友達やみんなに伝えたいなぁ。