Carribiansea

パラダイスって呼ばれる場所は、こうゆう場所なのだと思いました。

青い空、透明でエメラルドグリーンに映る海。

ベリーズシティから33キロ。ウォータータクシーで約1時間(日本円で
往復約1800円位)いくこと全長7キロ、南北に延びる細長い島です。

島について、まず最北端にある「レイジー・レザード」へ。
日本語に訳すと“なまけものトカゲ”の店?
ここには、目の前にビーチがあって遊んだりゴロゴロしたり、
ボートがあると思えば、ボートの上でもやっぱりゴロゴロしてる。

ここでえびバーガーを食べて、今度は、南の方へ。大好きな
ベーカリーのお店や日用品の買えるお店を見つけて、食べ物を持ち込み
久しぶりにバックパッカーのための安宿に泊まることにしました。

デイジーズっていうところで、シャワー、トイレは共同。
泊まりたいと言ったら、特にチェックインもなくて、名前も聞かれず
鍵を渡された。壁に一泊約1000円、朝10時までに払ってね。と書いて
あった。

部屋は個室だし、無駄にダブルベッドだし、扇風機があるので
十分。ベリーズ産のラム酒を飲みながら、日本を発つ前に
最後に買った本が

五木寛之の「愛について」。

うわっ、日本語で久々に読める本がこれかー。と思うと重かったですが(笑)
これもめぐりあわせだな、と思って一人夜長を楽しみました。
I realized that this is a paradice at the time.
There are blue sky, pure and emeraled green ocean.

It is 33 km far from Belize City. It took an hour by watertaxi(
round trip #bz$35)

At first, I went to "The Lazy Lizard "of the northest inland.

Some are lazy people on the beach, another are lazy on the boat.

Here is a real lazy world.

I ate a shrinp burber and went to next place.

I found a nice hotel for bag packer, cheap and clean one
with good bread and glorssaries.

It is called "Daisy's" cooped with bath and toilet,but
room is double size for one people and comfortable by
air cooler. I was drinking rum to read book

[about love; written by IITSUKI HIROYUKI) which was bought
before I came to here in Japan.It was a very deep, but I
enjoyed alone in a long night.