77a00904.JPG語学研修期間最後の週末は、ベリーズ最大の観光都市、サンペドロへ。

その日は、中南米の美女たちが集まるCOSTA MAYA FESTIVALが催されているとかで、私と同期のゆみちゃんは、好奇心とフェスティバルのダンスを楽しみにホテルの予約もなしで旅立ってしまいました。

サンペドロへ行くにはベリーズシティから、ウォータータクシーで
1時間ちょっとのアンバーグリースキーという島に渡らねばなりません。

よくもこんなにというほど、ミスコンには人が来ていて、
先々週のようなバックパーカーのように宿を取ることができず
私たちは、ミッドナイトコンサートのチケットを買い、野宿も覚悟でした。

が、しかし。
最後になんと海辺の一番乗り場に近い部屋の角部屋が空いている、
と聞き、私たちは、200BS$(5000円くらい)でキッチン、リビング、ベッドルーム、
シャワー、クーラー付のスィートなお部屋に泊まることができました。

サンペドロの物価は、2−3倍なのでこの値段でこれだけの幸せを
感じられるのは、本当に幸せなことです。日本では、お金を使おうと
思えば、いくらでもキリがありませんが、この国では、何とか
自分のお金で、この国の贅沢を何でも買うことができます。

これは、日本人として外国に住む上で非常に考えさせられる問題になります。

sushibar
足が砂のレストランでロブスターを食べ、

外国人のすしやさんでおすしを食べ、

真夜中のコンサートでメキシコ歌手と踊れて弾けるバンドの演奏に
身をつつみ、体の中から熱くなるような感動を覚えました。

私もこんなイベントを作ってみたい!
最近は、いろんなものを見るたびに人や色んな素材があって
発展させていく自信がわいてきました。

最後に日本にもうすぐ帰る隊員さんが、サンペドロに
初めて日本の国旗を掲げました。
わざわざ日本から持って来てもらったもの。

そして、サンペドロにお寿司やさんが出来たのもここ数日のこと
だということでした。日本人でこの国に来てるのは、ボランティアだけなので、
外国人がにぎって、外国人観光客が食べるんですけど。

何千キロも離れた小さな国で、日本の血が流れようとしています。
そして、オリンピックも隊員連絡所のテレビでみんなで応援していますよ。
sushi