明日は、会社の誕生日だから、カジュアルで汚れていい服でね!
と言われた。一応政府機関だし、記念式典は正装では?と思いつつ、
言われたとおり、私はGパンとマッドカーニバルに汚れたTシャツで
通勤した。

2周年かぁ。まだそれしか経ってない国の青年事務局。
そりゃまだメチャクチャなわけだ・・・

とは思いつつも、さておき、今日は朝から大仕事。
部屋の清掃、改築、外のペンキ塗りと
誕生日を記念する仕事とは、おおそうじだったのだ。

月・水に掃除やさんが床はき・ごみ・トイレ掃除に来る以外は、
一年間、一度も磨かれたことがなかったような窓をおろして
拭いて、ピッカピカ。

壁の色も私のいる青年戦略事業部は、概観が空色で、中がグリーンという
なかなかベリーズでしか味わえないデコレーションだ。

desk
私の席は、かなりスペーシャスで、A/C、PC、コピー機、ウォータークーラーとお
何でもあるので気に入っている。

隣がトレーニングセンターで、うすいピンクがセクリタリストと
コンピュータルームになっている。

yff
まだこの建物には、入ったことのないところがたくさんあって、
前から不思議に思っていたのだが、実際、この建物の半分以上が使われていない。

日本だったら、ありえないと思うのだが、
最初にオフィスをつくるときに、まず3つのビルディングを買ってしまって
まだどの組織が入るか決まっていなかったそう。

それで、事業部が出来るごとに部屋を一個一個開放して、
先日、エイズのセミナーから、町の人を教育するHIV/AIDS/STI'S
コンフリクトセクションが誕生し、コンピュータ室の隣の部屋の
ドアが初めて開いた。11月だというのに10人位突然、エディケーター
の採用が決まり、また華やかになった。

大掃除中、外ではチキンの丸焼きとバーベキューが。
2周年の最後には、Youth For The Future のケーキが配られた。
こっちの人は、自分の誕生日の翌日に自分のケーキを薄切りにして
色んな人に配る。皆が幸せになるとってもいい習慣だな、と思っていたら
個人だけでなく、会社の誕生日もそうしてされるとは。

誕生日に大掃除をして、会社の誕生を祝うのは、意味のない
パーティや式典よりとってもいい。