中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアー会社社長 、日本食レストランの顧問、ジュエリー輸出、観光開発コンサルタントをしているソリス麻子のブログです。

カテゴリ: ツアー、お客様体験記


このツアー、私と旦那のボートで運営できる最高のツアーなんですけど、Goff caye meishi

今まで、なんて言っていいのかわからなかった。。。

地元では、「ゴフキー」っていうんですけど、えっ何?って感じでしょ?
   Goffs が名前のキー=島です!





ココナッツの木の下でペリカン砂浜










透明度の抜群、島の大きさも360度見渡せるくらいの100Mくらい?の島。
(潮の満ち引きによって、ずいぶん大きさが変わる。

普通は、ベリーズシティから出てるんですが、
その日は、サンペドロまでお客さんを迎えに行って、途中、マナティウォッチングして、
無人島で、火おこして料理して、あとは海観て、寝ているか、シュノーケリングして、
最後に釣りざお、ボートから引きづりながら、トローリングで魚捕まえて帰ってきた、って話です。

キャンプファイヤー砂浜ビーチパパイヤギャル










もりだくさんだけど、島は何にもないリラクゼーション。
AKIさんがタイトルのようなツアー名を考えてくれました!
体験記は、奥様の書いているブログの方が伝わる!写真がいっぱいで、丁寧な解説、わかりやすい!!!
http://pub.ne.jp/tenteko_mai/


ほんとうに今回の旅行では、いろいろと取材に応じて頂き、親切に御協力してくださって
ありがとうございました!おかげで無事ブログレポート載せて頂きました。
Aki&Maiさんには、ベリーズのオーガニックチョコレート送らせて頂きます。待っててくださいね〜!!!

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

これまた、よく聞かれること解説。

「ベリーズでダイビングライセンス無くても潜れるんですか?」

確かに、サンぺドロでは、半日のリゾートコースという体験ダイビングがあります。

スタッフが、お客様に密着して、このリゾートコースを見てきました。

機材チェックもじもじくん











まずは、機材合わせです。そして、半モジモジクンになります。

日本では足のサイズは、Cmですが、こちらではInchiで把握する必要があります。
さらにフィンの場合は、実際のInchiよりひとまわり小さいのがジャストサイズとなります。
(Ex.26cmの場合、9inchi だが、7−8inchiがフィンのサイズ)


ビデオ講習1
ビデオを見ながら、講習を受けます。


そしていよいよダイビング


そしていよいよダイビングへ。サンペドロでは、近くの海洋公園を利用します。




「どうでしたか?」

どうでしたか?コメント


Akiさん:昔、ちょっと体験ダイビングしたことあって、大丈夫かと思ったけど、やっぱり舐めちゃダメですね。説明とかは
前のショップより丁寧でしたけど、海入ってからがやっぱりきつくて、やはり3日位余裕があったほうがいいですね。

Maiさん:海にはいろんな青の色がありました。またぜひやりたいです。
    ブルーホールも潜りたかったけど、シュノーケルも大満足です。



そう、体験で潜れるのは、15m程度で、ブルーホールでは、海中の鍾乳洞などを
潜り抜けるために45mほどのディープダイビングになるため、ライセンスがないと潜れません。


滞在日程に2、3日余裕がある方なら、半日講習を受けて、次の日、翌々日と世界第2位のベリーズの
バリアリーフを探索するにはいいかも知れません。このリゾートコース、半日$165〜(レンタル込み)
ぜひ興味のある方はお試しください!

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!



昨年の年末には、AkiさんとMaiさんという笑顔の素敵なMayan princess

ご夫婦のツアーコーディネートをしました!

このお二人、ほんとに仲がよくてふんわかしている雰囲気が
こちらも微笑ましくしてくれる素敵なカップルだったんですよ!

取材協力にも快く応じて下さって、写真もい〜っぱい送ってくださったので
ぜ〜んぶ見せちゃいます。これぞ、ベリーズのいいとこどりスポット!!!

Day1 アメリカからベリーズへ 到着後は、国内線にて15分の     サンペドロへ お泊まりはマヤプリンセスホテルbarrier reef


Day2 リゾートコース(体験ダイビング講習)


Day3 シュノーケリングでブルーホールとハーフムーン島へ


DSC01452Day4 日帰り無人島キャンプ ゴフ島へ


Day5 ベリーズシティよりアルトルンハ遺跡へ お泊まりはベリーズビルトモアホテル


Day6 ベリーズ動物園とシュナントニッチ遺跡 DSC01415


Day7 お帰り



そんな奥様の書いて下さったブログはこちら。写真がいっぱいで、丁寧な解説、わかりやすい!!!
http://pub.ne.jp/tenteko_mai/

次のブログで、よく聞かれる体験ダイビングと無人島キャンプツアーについて詳しく
解説します。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

12月は毎週のように新しいお客さんに会い、いっぱい日本語しゃべった♪

メールでスケジュールの相談から見積もりして、実際、お迎えいったり、
いろんなハプニングが出てくる、出てくる。
毎日ドキドキ・ワクワクの連続でした。

先日は、お隣の国、グアテマラの協力隊員の方がいらっしゃいました。
そして訪 れたのは・・・・・

ベリーズの2大ベストスポット

1、ブルーホールとハーフムーンキーツアー!!!!

2、カリブの海賊生体験、ATM洞窟探検ツアー

2番目は、ここ近年一気にブレイクしたツアーです。お友達のYちゃんが
ブログ書いてくれたので、ぜひ見て下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/belize_bz/49681923.html

それから、
カンクンーベリーズの国際便もやってます

今日は、中米メキシコーベリーズーグアテマラを廻っているHさんに
このベリーズのマヤ航空の国際便に乗って、ベリーズシティへ来て頂きました。

このエアラインは、まだ知られていなく、1人1人荷物検査に時間がかかる・・・
乗り遅れ、ビザや書類の準備にご注意を☆

さて、Hさんは1日だけの滞在のため、朝ブルーホール空の旅→動物園→シュナントニッチ遺跡を
見て、グアテマラに抜けるというスケジュール。

今頃はグアテマラかなぁ。ぜひ旅の写真送ってくださ〜い。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

DSC_235112月は、3回しか会っていないわが夫。どうしてるかって?
なんだかとっても楽しそうですよ〜。

夫がガイドしたお客さんが送ってくれた写真。
そう、島でフィッシングのインストラクターをやっているんです。







DSC_2396DSC_2380









前にも紹介したベリーズの知る人ぞ知るターネフフラッツは、
ダイビング&フィッシングの専用のお客様のリゾートで、基本は
日曜日〜金曜日まで1週間、カリブ海、バリアリーフど真ん中のリゾートに
滞在します。最近は、日〜水の3泊4日プランもあります。
http://www.tflats.com/belize-vacation-information/turneffe-flats-lodge


DSC_2508 href="http://livedoor.blogimg.jp/swoman/imgs/8/6/861c35a2.jpg" target="_blank">DSC_3228














DSC_3177DSC_8172ということで、彼は、釣りざおと自分でつくった仕掛けと私のパンティを
忍ばせ、島に住み込みに行くんですね。

Thank you Mr.Johm Meskauskas!
彼の元ブログは、http://stuartflyfishing.blogspot.com/
Copy right に掲載されています。

日本のメディアの方で、このリゾート&ダイビング・フィッシングプログラムを
紹介されたい方はBPRPにぜひご連絡ください。
 宿泊・食事・パッケージすべて無償の広告プランがあります。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

bird今日は、ホテル予約だけをやっているビジネスのお客様に

「クロコダイルとか鳥とか見れるところないですか?」と聞かれて、

鳥の専門家なら、Rudiさん!と思い、ガイドさん派遣をして私も勉強がてらバードウォッチングに参加させてもらいました。


ベリーズに生息する鳥の種類は、なんと約600種類。

あまり注目してみたことありませんでしたが、気がつけば空港のそばやビール工場の前
などたっくさんいるんんです!

100B7590 Northern Jacanaこのジャカナって鳥知ってます?
この鳥、足が長くて、水の上を歩いているように見えるんで「ジーザスクライシスバード」とも言われているんです。そしてこの鳥は、オスが子育てをします。メスは卵を産むとまた新しいオスを探しに出かけ、ちがうオスと子供をつくるんですって。なんともベリーズ?な女性?


180そして訪れたのは、Crocked Tree National Park,National Santuallyです。
(以前は、カシュー狩りに両親と行きました)

今は、雨季の終わったところなので、ラグーンには水が湖のように張っていて、村は
島のようにぽっかりと浮かんでいます。そこに自然の遊歩道と木々が茂っているので
野鳥の楽園のようです。

マナティは、他の人はしっぽを見たようですが、私は見つけられず、
普段は、私、鳥よく見つけられないのですが、今日はよく見えました。

100B1581 Vermillion Flycatcher印象的だったのは、赤い鳥。ミリオンフライキャッチャーっていうんですって。
なんか蚊取り線香よりいいですね。

キツツキがコツコツと木に穴を開けてるのも見えたり、フラミンゴやカモやペリカンが
普通の道路脇によくいます。


batそれから、ベリーズには140種類の野生動物がいるらしいのですが、そのうちこうもりが
80種類なんですって。木からポロっと落ちてきました・・・。

魚が多いから、鳥が多い。鍾乳洞や鍾乳石があるから、こうもりが多い。

だんだんベリーズが解明されてきました。

半日トリップでしたが、素敵なレストラン&コテージも発見できて
ぜひ鳥好きのお客様におすすめしたいです。


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

12月のお客様は、70歳を超えるご親戚カップル、で旅行後もスケッチを完成させたり、個展を開いたり、
人生を謳歌されている素敵なご夫婦でした。

予想以上のバリアリーフや海の色、自然の豊かさに感動して頂き、
私も住んでいると気付かない普段目にしている鳥やイグアナや蝶々など
勉強する機会にもなりました。

お客様のとったコースはこちらです。Goff caye

1日目  ウォータータクシーにてキーカーカーへ
 キーカーカ国立公園・シュノーケル

2日目 キーカーカーからアイランドホッピング(写真右:ゴフ島)→ベリーズシティへ

3日目 ベリーズシティ観光・アルトゥンハ遺跡観光

モルフォ蝶帰りに寄ったレストランで、アマゾンなどでしか見れない青いモルホ蝶や
ハチドリを見たそうです。

4日目 フリー

5日目 シュナントニッチ遺跡観光 ベリーズ動物園 

楽しみにしていた国鳥トウカンが動物園にいませんでした。しかしながら、
ホテルのそばで民家で飼われているトウカンを発見されました。(許可をとってるそうです)

Toucan6日目 ブルーホール上空ツアー 専用機の翼に足をかけて乗ります。運がよくブルーホールがぽっかり見えたそうです。
charter

7日目 ラマナイ遺跡観光

8日目 サンペドロへ ホルチャン国立公園・シャークアレイシュノーケリング

9日目 ブルーホール・ハーフムーン島 シュノーケリングツアー

Red footed Booby
この地球上に3か所しかいない足の赤いブービーがハーフムーン島に生息します。
(マダガスカルとクリスマス島とベリーズのココだけ!!)
鳥がお好きだということで、到着されてから、国内最大の鳥の観測場になっている
ハーフムーン島を提案させて頂きました。日本ではどのくらい動けるかわからなく、
現地で予定変更できて、喜んで頂けました。

10日目 お帰り

お客様からのアンケートは、毎回楽しみになっています。

本来、悪かったところを直せるようにお願いしているのですが、お客様の悦びの声や
温かい励ましや感謝を頂けると、やっててよかったと思います。

今回はお見送りの時に、アンケートよりもっと嬉しい、いいお話を聞けました。
ベリーズに住んでいると気付かないのですが、世界中を旅されている方には、何が
珍しいのか、ベリーズ観光局もプロモーションしていない自然の豊かさです。

日々、勉強です。それが好きな分野で、未来に生かせると思うと幸せですね。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!


11月のお客様はハネムーンでいらっしゃいました!

6月にも問い合わせくださっていましたが、インフルエンザの影響で
延期になり、それでもずっと連絡をくださって実現いたしました。

ベリーズは、昨日から乾季。雨季のジメジメやハリケーンもなく、
これから観光シーズンまっさかりという感じで、晴天で気持ちいいです。

mayaさて、お客様がとったコースはこちら。

1日目 国際空港からサンイグナシオへ送迎

2日目 シュナントニッチ遺跡、ケーブチュービング
(←真ん中は、私のお気に入りマヤガイド、デイビットくん☆)

3日目 サンペドロよりブルーホールシュノーケルツアー

4日目 フリー

5日目 専用チャーターにてブルーホール空の旅
       国際空港へお届け、
です。

BlogPaint












帰り天気がよくなくてあまり見えなかった、というのが残念ですが、
これからの季節は大丈夫です!

ATMという洞窟探検もありますし、ぜひリベンジお願いします。

今回、4泊という短い期間を有効に使えるように、遺跡とケーブチューブを
組み合わせたり、メインの日に移動が入らないように、到着日、出発日を
うまく利用したのがポイントです。

最後の写真真ん中は、BPRPスタッフ、サンペドロ駐在の添乗員Chakoちゃん。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

アメリカに21支店を持つ日系人のための旅行代理店IACEで
ベリーズのオプションツアーが販売開始になります。

今まで、こちらでは、アメリカ発のカリビアンクルーズの旅を
されていて、ベリーズにも日本人のお客様が上陸されていました。

caribbean cruisesnorkeling with manta
(写真左 ベリーズはバリアリーフで守られているため、大型客船から
小型ボートに乗りかえます 写真右 巨大エイと一緒にカリブ海真ん中でシュノーケリング)

今までは、英語のツアーしか売られていませんでしたが、
BPRPと提携することで、日本人ガイドがベリーズ港にて
お客様をお迎えし、シュノーケリングツアーやマヤ遺跡ツアー、
動物園、市内観光などにご案内いたします。

船でやってきて、一時間ブルーホールの周遊セスナに乗ることもできます。

担当の方が、こんなコラムを書いてくださいました。

クルーズコラム:秘境・海が世界遺産の国・中米“ベリーズ”の魅力(2009年10月31日)
http://iace-cruise.com./index.php?view=article&catid=10%3A2008-01-30-01-37-02&id=1978%3A20091031&option=com_content&Itemid=44
担当のKさんは、日本からの帰国途中のロサンゼルスでお会いしたのですが、
若くてとても美人で、しっかりしている素敵な方でした。

飛行機では必要なビザも、アメリカからクルーズ船で来る場合は、
ベリーズのビザは免除になるということです。これは、いいニュースですね!

クルーズで来て日帰りのお客様にもご満足いただけるよう、
こちらも気を引き締めて、がんばります!!!



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!



carnivalここからBPRPに異変が始まりました。

今年7月に改編になった「地球の歩き方」中米編に
私の会社BPRPも載っているんです。

それで今まで予約前提でコーディネートをしていたのが、
ツアーデスクとして、飛び入りのお客さんが我が家にやって
きて頂けるようになりました。

それは、カーニバル2日前の夕方でした。

自宅でピアノの生徒を教えていると・・・我が家の前に
日本人が!!!

住所があったので、空港からタクシーでいらしていただけたのこと。
これからキーカーカーにいらっしゃりたい、ということだったので、
その時は、明日、あさってのエアチャーターの確認をしますので、
また次の日連絡をください、と言って別れました。

denwa事前に決まっているツアーはいいのですが、急な申し込みの場合は、
ドライバーやパイロットに確認をして、ツアー前日の夕方5時までに
翌日催行かどうかについて決まるので、お客様に確認して頂かなくては
なりません。

ベリーズの公衆電話はスクラッチカード制で、こすった番号を入力して
かけます。

※お写真はお客様の許可を得て掲載させてもらっています。



(北里様のベリーズ旅スケジュール)

1日目 キーカーカー泊

                      2日目 シュノーケリング
chartersnorkeling3日目 午前 ブルーホールエアチャーター / 午後 カーニバル観賞

4日目 ラマナイツアー

5日目 は、マナティーと無人島プライベートリラクゼーション、

予定だったのですが、その日は朝から雨。



我が家で残念会ということで、ロブスターとサラダとベリーズランチとなりました。lunch
BPRPでコーディネートをしたTV番組、ポストマンや「地球不思議大紀行」の
DVD観賞会もして、お客様が関西出身ということもあって、関ジャニ安田くんの
ベリーズ紀行も楽しんでいただけました。


old belizeその後は、“オールドベリーズ”へ。ベリーズの商店はほとんど日曜、祝日閉まります。
このように一日雨で祝日が重なると、あまり行くところがないのですが、唯一商業施設として
昔のベリーズの街並みを再現した博物館とレストラン、ビーチとアトラクションがあるオールドベリーズへ。
 実は、私も本当にここが祭日営業するのかわからなくて、電話をかけたのですが、
誰も出ず、あきらめていたら、夫が見に行ってくれ、そしたら、スタッフは皆、バーにいて、
電話の場所にいなかった、だけで営業していることがわかりました。
 スタッフも休日モードのベリーズでした。

6日目 ATM その後もアドベンチャーは続きます。私たちは、カリブの海賊探検ができる
Actun Tunical Muchicalという特別クルーと待ち合わせのアポイントを
つけ、お客様を見送りました。

7日目 カラコル 雨のあとは、道が泥で崩れます。高い車両のガイドのみが冒険へ連れて行きます。

8日目 カハルペッチ遺跡

9日目 飛行場へ


ベリーズシティに帰ってきたお客様からまたお電話を頂きました。
無事、ツアーに行けたようです。

お昼に合流して、飛行場までお見送り。
airportGoff caye
※マナティを見て、一日中プライベートビーチが楽しめるゴフ島

私もツアーコーディネーターから、ツアーオペレーターへ、
いろいろと考えさせられた出来事でした。

北里さん、どうもありがとう!ぜひまた今度は、マナティ見に行きましょう!

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

↑このページのトップヘ