中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

タグ:ダイビング

Sea長年、ブルーホールの海ツアーは、遠いし、揺れるし、行っても大きすぎてわかんないし、
空から見た方がいいですよ、と言っていたのですが、

やっぱりそこに行きつく達成感はハンパないです!
ブルーホール、この環礁の中にあります!

ブルーホールは、ベリーズシティから東に約100キロ、バリアリーフまでの距離を3倍以上いったところにあります。
途中マングローブを抜け、バリアリーフを越え、外海に出るので、途中いろんな潮が合わさったところで
すごく揺れたり、うねったりします。

何をかくそう、私もブルーホールに行くまでに10回以上船酔いにかかったことがあります(笑)

しかし、一度ブルーホールの上に来てしまえば、そこは果てしない青い海の世界。

大きすぎてその輪郭がわからないのですが。。。 BlogPaint
その次に訪れるハーフムーン島もめちゃくちゃおすすめです。

そこは世界トップクラスのダイビングサイト。シュノーケリングでも、カラフルサンゴが連なっていて、カリブ海のオールスターの魚たち、運が良ければカメやマンタとも一緒に泳げます!

島の上も生態の楽園になっており、巨大ヤドカリ、巨大イグアナ、軍艦鳥と絶滅危惧種の赤足カツオドリの生態がよく観察できます。

昼食はこの島でとります。BPRP主催の時は、夜な夜な串ざしにしたバーベキューのお肉やお魚が食べられます。


IMG_8147ハーフムーン そして午後は、ロングキーのアクアリウムというサイトが有名です。

ここにはビルゲイツが泊まったというお忍びのエコリゾートがあって、日本人でも3泊から
宿泊可能です!リゾートならサンペドロしかないと思っていたあなたも、ここを知れば3時間もかけて
ブルーホールに来るより、ここに泊まって目の前のブルーホールやハーフムーンまでひと泳ぎのロングキーで、リゾートしたくなるかもしれません。

今年は、ここを使ったパッケージも売り出します。オールインクルーシブです。

LogdeLong caye room今までは、空から見るブルーホール(ベリーズシティから1時間)が人気でしたが、今年のトレンドは、ストーリーのある旅。

ベリーズシティから船に乗って、一面ブルーの別世界へ旅してみませんか?


Long caye

(お客様の感想より)カリブの固有種は数多くいますが、スポテッドドラムは見たい魚です。今回は3匹見れました。

PC310163PC310041












ウミガメには2回会いました。1匹は昼寝中だったので近づいて撮影でき、色鮮やかに写せました。

PC310158PC310194













迫力あるグレートバラクーダと個人的に好きなサザンスティングレイ
帰国後に放送があった「世界ふしぎ発見」ではサザンスティングレイの事を海の神様と紹介していました。
グランドケイマンのスティングレイ・シティでは毒針も気にせずに抱きついて遊んでいたので、神様だから人は刺さないのかな?と都合良く思いました。

PC310242PC310243












バットフィッシュと呼ばれる魚(鼻が飛び出ているのでShort Nose Batfishというそうです)
この「変な」としか例えようのない魚は雑誌でしか見た事がないので、今回生で見れて嬉しかったです。
唇が面白いです。

DSCF0245


ダイビング中には見れなかったけど桟橋の下にタツノオトシゴがいました。
もっと沢山の魚を見れたのですが写真が綺麗に写っていないので写真の紹介はここまでにします。

2日間のダイビングでしたが初めて見る魚も多く大変楽しめました。

DSCF0312DSCF0323












ダイビングを終えた翌日にはアルマジロ狩りの為ジャングルに連れて行ってもらいました。
巣穴を見つけてから穴を掘ること1時間、穴の中から大量の落ち葉が出てきました。
落ち葉が入っていたらアルマジロが住んでいるようです。
落ち葉を取り出したらすぐにアルマジロを捕える事ができました。

DSCF0328DSCF0324















雨上がりのジャングルの中は蒸し暑くて大変でしたがアルマジロが捕れて嬉しかったです。
アルマジロの顔は可愛かったです。

DSCF0361

その日の夜はアルマジロ料理をご馳走になりました。
鳥肉に似た感じで想像以上に美味しかったです。








東さんとハンタ―ズ今回ホームスティさせてもらい、希望通りにダイビングのガイドもしてくれて本当に「わがままプラン」でした。
年末年始という家族にとって大切な時期にも関わらず、ご家族全員で歓迎・対応して頂いて嬉しく思います。
初めてのホームスティで英語も単語程度しか分からないので不安でしたが、毎日美味しい手料理をご馳走になって
ホテルで宿泊するより快適でBPRPという会社にお世話になったというよりもソリス一家にお世話になった気分です。

帰国した時に成田空港の税関職員にアルマジロの甲羅がワシントン条約により輸入が制限されているか質問しましたが
詳細は分からないと言われました。詳しく調べて制限させていなければ次回は持って帰りたいと思います。

今回の旅で今まで以上にベリーズが好きになったのでベリーズにはまた行きたいと思います。
その時は宜しくお願いします。

  東 晃弘

****************************************************************

一昨年も今年も12月30日〜1月3日という一番航空券も高い時期にお客様に頂きました
わざわざベリーズを選んできてくれてまた戻ってきてくれてありがとうございます。

東さんに、前回遊覧飛行されたブルーホールの写真のひきのばして
いただいちゃいました♪今回、水中撮影も2日間5本のダイブでこんだけ見られたのは
東さんの運とダイブマスターの力量があったからですね。

なかなか世界旅行をしている人でも、一度行ったベリーズ、よっぽどじゃないと
帰って来ないんですけど、最近は一度来たお客さまがファンになってくれて
また来たいといってくれるよい循環が生まれています。

私にとっても一期一会といいますが、またお客様に戻ってきてもらえるのは
何より楽しみになります。東さんありがとうございました!またキテネ。


無題1

無題http://globalvision-tv.com/index2.html より
ベリーズの熱帯性暴風雨は、熱帯低気圧となって
無事通り過ぎました。

そんな間に公開された世界の海に暮らす人を紹介する
ドキュメンタリーの再放送スケジュールです。

グローバルビジョン vo.91 「海」

9月29日(水) 27:00-27:54 (再)
10月2日(土) 16:00-16:54 (再)
10月3日(日) 21:00-21:54 (再)
10月6日(水) 27:00-27:54 (再)
10月9日(土) 16:00-16:54 (再)

WEBでも観ることができて、ベリーズのインストラクタージェロンさんも
パッチリ紹介されていましたよ!3カ国抱き合わせなので、最初ちょっとかな?
と思うんですが、また後半でてきます。

(ベリーズでは回線が遅いのでブチブチ切れてしまうんですが、
DVDを心待ちにしています♪)



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


cmn_about以前にも紹介させていただきましたプラセンシアで
私が通訳・コーディネーターとして一緒にダイブさせていただいた
(TVコーディネーターのお仕事http://belize.livedoor.biz/archives/52564975.html

ヒューマンドキュメンタリー

グローバルビジョン「世界の海」でベリーズのダイブインストラクターの
一日が放映されます。番組コメンテーターは知花くららさんです。

50分でチュニジア、ポルトガル、ベリーズの海に生きる人のライフが紹介され、ベリーズからは、プラセンシアのダイビングショップでキャプテン・ダイビングインストラクターを務めるJerome Williumさんがクローズアップされます。

朝早くから、日が暮れるまで密着取材!

果たしてベリーズの海の魅力、ダイブインストラクターのライフは伝わるか?!

(こないだよりは長いと思います(笑))

いよいよ 9月26日(日) 21:00―21:54 放送!!!

放映終了後、インターネットからも視聴できます。
BS12 http://globalvision-tv.com

ぜひ見てくださいね!放送後の感想もお待ちしています!!



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

 

P9090895ダイビング専門旅行会社ワールドエクスプローラの第一弾ベリーズパッケージで
4名のお客様がいらっしゃいました!

お客様の日程は、

half moonP9080870takayukisan1.ローカルダイビング4本(しかし、強風のため2本が中止に)
→ホルチャン国立公園にてダイブ1本、シュノーケル1本

2.ブルーホール・ハーフムーンキーダイビング3本

3.ターネフ・ダイビング3本 (海外ダイブ初のSさん。↓あんまり可愛いので載せちゃいました?)

4.チューブケービング・アルトルンハ遺跡

(洞窟の中をタイヤに乗って巡るツアーは大好評でした!!!)

tubecavingtubecaving1


5.ブルーホールセスナ遊覧飛行・市民パレード見学

blue hole

豊橋市でダイブショップを経営するRujiさんのHPはこちら。
http://www.snappers.jp


またのお越しを心よりお待ちしています!


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

P8160107blue hole 10 mikikosamaP8160112

清水様は、3泊4日という期間の中で、ブルーホールを含む5本のダイビングと2本のシュノーケリング、お帰り前に遊覧飛行という充実のスケジュールでした。帰りには、ベリーズシティも見学して飛行場までお見送りいたしました。

雨期で朝方、バケツをひっくりかえしたようなすごい雨が降るんですが、
その後、カラッと晴れてくれる。清水さん滞在中はほぼ快晴でした。

清水様のコメント「思い描いていた旅ができました。ブルーホールは、映像や写真で見た景色そのまんまの美しさでした。ダイビングについても、行くまでの景色、ハーフムーンキー、ブルーホール内の景色すべてにおいて美しかったです。
また、サンペドロは治安が比較的よく、女性の一人旅も安心だと思いました。」

お客様の旅行記は、こちらをどうぞ。空の上や水の中の写真、詳しい旅行記録が見られます!
●みじゅきさんのブログhttp://ameblo.jp/cherrylip21/

a hol chan 4 blue striped gruntshark raykame
8月はお客様がモリモリです!

N様:奥様と旦那様と10歳の息子さん、家族でセスナ機をチャーターして
国際空港到着からブルーホール上空を通って、サンペドロへ上陸です。
お父さんと息子さんで、ブルーホールダイビング、ローカルダイビングにも
挑戦しました。

K様:遺跡好きのご夫婦。グアテマラから国境を越えて、カラコル遺跡へ。
翌日はティカルにも訪れます。

A様;メキシコ駐在のA様。他の国では遺跡は沢山見ているそうで、
ベリーズでは、ブルーホール/ハーフムーンキーのシュノーケリングに参加。
サンペドロとキーカーカーと1泊ずつ手配させていただきました。

M・Y様:メキシコからダイビングお仲間4人で、ブルーホール参加です。
BPRPインターン期待の新人Sちゃんも現在同行中です。

Y・S様 アメリカ駐在のS様、サンペドロで5日間、シティで3日間
ゆったりと過ごし、最後は、ブルーホールを空から眺めます。

お客様のお好みに合わせて、様々なツアー&宿泊先をアレンジします!

bprp_banner




banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

「おもしろマジメな♪ ダイビング情報サイト。海やスキルの情報・動画を毎日更新!」

ダイビング・ドット・コミュにベリーズブルーホールについて、

私の記事が採用されました。↓クリック!写真付き
http://diving-commu.jp/worldsea/item_4224.html

世界各国の海の情報がいっぱい!担当者は、Webの仕事が早くてセンスがあっていいなぁ〜

divingcommu_banner


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします

whale shark現在、ナショナルジオグラフィックがWWFの共同プロジェクトで、ベリーズ縦断中です!

ジンベイサメ(世界最大魚)

ベリーズ南部には、3〜6月の満月前後になると必ずジンベイサメが帰ってくるゾーンがある。彼らは、ジンベイサメにGPSのチップをつけて、彼らがどこから
来るのかどこへ行くのか、どうして帰ってくるのか、その生態を探っています。

この時期、ベリーズの海には、沢山のスナッパーやジャックの群れに出会えます。彼らは満月のあと、一斉に卵を産み、それを狙ってジンベイサメがやってくるのです。jack





















snapper



















先日、日本からカメラマン兼雑誌の取材でお越しになったSさんもたった2日のダイブで、プラセンシアのじんべい、そしてブルーホール、ハーフムーンでカメを押さえて行きました。


ブルーホール海上(ボートの奥にブルーの淵が見えます)
blue hole nakablue hole underwater













普段あまり写されていないブルーホールの海の中です。
40mの深さで昔、ここが鍾乳洞だったことを示すつららが海の中で見られます.





ハーフムーン島
halfmoon caye signsenjyuo










kame2


アメリカやヨーロッパのダイバーには有名なベリーズですが、
ベリーズのダイビングが満喫できるツアーを日本で販売している会社が一社だけあります。

それは・・・マリンダイビング誌で「お客様が選ぶ“ベストダイビングツアー旅行社”」で4年連続第一位に選ばれているエスティーワールド!

今年のダイビングフェアで初めて協賛させていただき、ベリーズのツアーが
日本で予約できるようになりました。5月〜10月までの日程別スケジュール・料金が記載されています。ご覧ください!

サンペドロプラン(ブルーホール狙い)
http://www1.tour.ne.jp/toku/tur/dtl.php?tur_id=2391703&grp=96463&cat=277902

プラセンシア(ジンベイ狙い)プラン
http://www1.tour.ne.jp/toku/tur/dtlist.php?grp=96463&cat=282518&dep=2&sel_year=&sel_month=&sel_day=

ダイブナビから、アメリカ・カリブ海の地図をクリックしてもベリーズツアーが探せます♪
http://www.divenavi.com/

BPRPはエスティーワールド様と契約して、現地手配・日本人ガイドのお出迎えまたはお見送りを担当しています。
ベリーズのダイビング、シュノーケリング、その他のツアーなら、BPRPへ!
皆さまのお越しをお待ちしています☆banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします


お客様からお金を頂いてすべてを任されるのですから、ミスは
あってはならないのですが、このラテンの国では時に予測の出来ないミス
が起こることがあります。

このお客様は、メキシコの日本人旅行代理店のご紹介で、
グアテマラ経由からの航空便、サンペドロのホテル、ブルーホールのダイビングを
予約されていただのですが、なんと出発前の1週間前になって、

Good Fridayは、ダイビングツアーありませんよ〜、なんて
通達がサンペドロのダイブショップから。えっ?元旦でもやってるダイブショップがなぜ
イースター前に閉まるの!?

ベリーズではイースター休暇で、4月2日は、Good Fridayになるのですが、
この日は、ベリーズ人は働くと悪いことが起こると信じていて、どこのショップも
休みもしくは半日の受付のみ営業して閉まるそうです。

しかも、政府がこの日の労働に対しては3倍の通貨を払うように
命じてるとのこと、ブルーホールは1日がかりのツアーで、サンペドロ島の全ショップ
から希望を合わせても、最低8人はいないと難しいということです。

このお客様は、ベリーズの滞在が中一日しかありませんでした。
グアテマラからわざわざ一日足を延ばすのには、きっとブルーホールが楽しみがったに
ちがいありません。飛行機、ホテルはすでに変更不可で、絶体絶命。


そんな時のたよりのツナはエルビス。

「それならxxxにかけてごらんよ。」サンペドロ中の大手ダイブショップとマイナーな
ダイブショップをあたって、み〜んなお休みだったのに、キーカーカーに1軒やっているお店が
あったのです。

なぜ?彼はそこがわかったのか。

なぜなら、そこのオーナーは、兄弟でボートキャプテンとダイブインストラクターをやるのです。
人を使う大手のショップは、3倍の賃金を払ってツアーを運行しようとしませんが、
ここオーナーは自分達が働けばいいと休日返上したのです。

図1

Frenchies Diving Passionate about diving. Dedicated to sharing what we love. That's why we dive 7 days a week, all year.

私は、イースターは家族で過ごしますが、そんな姿勢は大事にしたいですね。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします




caribean blue23月1日〜5日にベリーズでTVロケのお仕事がありました。
「世界の海」というテーマで、ベリーズ以外にもポルトガル、チュニジアと
3カ国まとめて50分の番組になりますので、放送日は9/26と
先の長い日程になりますが、

地デジになっていない方は、ぜひこの間にTVをご購入されて
ベリーズを大画面で楽しんでみてはいかがでしょうか?
(番組放送後は、インターネットからでもダウンロードしてご覧頂けます)

http://www.globalvision-tv.com/index2.html

撮影の舞台になったのは、ベリーズシティから南へ約150km。18kmにも及ぶ
白浜の砂浜が続くプラセンシア半島で、ダイビングインストラクターの一日を
密着取材。

朝まだ暗いうちから家を出て、お客さんの機材、重いタンクの上げ下ろし、Jeron
リストチェックと責任が絶えない。彼はボートキャプテンもする。

そして世界遺産もグローバーズリーフへ。何度言ってもカリビアンブルーがいい。

Naritomi san私もダイビングを一緒にして、地上でもダイレクターの後ろを金魚のフンのように
ずっと一緒していました。自分の声が入らないように、しかし相手には私の目を
見て話してもらうように、などインタビューの基本を教えてもらいながら。

そして、最終日にはプラセンシアホテルで翻訳作業でした。
写真右は空から見たプラセンシアホテル。海上に360度海のレストランが出ています。
プロの生映像を見せてもらった時は、とても感激で、とても大好きな仲間達の
ダイブショップだったので、その素敵さが映像にも出ていて嬉しかったです。

Caribean blueGlobers reefplacencia hotel








番組のテーマは、


「似てるからウレシイ。違うからタノシイ。生き方いろいろ、世界の日常ドキュメンタリー。」図1

なるほどね。ベリーズに長くいると新しい視点が当たり前になってきて、
新しい国を訪れた時のそういうワクワク感が新鮮で、面白いですね。

放送をお楽しみに!


banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

↑このページのトップヘ