中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

タグ:バス

メキシコ(カンクン、チェトマル)⇒ベリーズ でも、
グアテマラ(ティカル、フローレス)⇒ベリーズ でも、

この記入用紙を記入して、$50USでその場で発行されます!
http://www.bprp.bz/downloads/index.html

以前は、国境だと時間がかかり、バスに置いてかれたり、100以上の質問をされて、首都ベルモパンに書類を送りFAXバックされるのを待つ(3時間以上)
⇒2011年のベリーズ〜ティカル(グアテマラ)国境陸路の旅はこちら。
http://belize.livedoor.biz/archives/52758362.html

だったのが、今は15分くらいだそうです!

この夏にベリーズを訪れたお客さんが教えてくれて、私も今人気の P1030580
ベリーズ〜カンクン夜行バスを試してみました。

このADOバス、ベリーズ人にはスペースシャトルと呼ばれる位、窓がデカクてスぺーシャス。しかし、日本人には冷凍バスと呼ばれる位、超エアコン効きすぎ寒いです!
長袖、長ズボン、トレーナーのご用意を忘れずに!

さて、ベリーズシティ発は、7:30PM。チケットはバス乗り場では5:30PMから開始。3日先までのチケットしか買えなくて、早い者勝ちなので、希望搭乗日の3日以内に並ぶしかないです。(パスポートが必要)日中(10−5時は、ウォータータクシー乗り場で購入できるそうです)

ベリーズ⇒カンクンは、直行バスで79bzなのですが、ベリーズシティでは、
ベリーズシティから国境までのチケットしか買えません。【19BZ】
それで残りの60bz(30US分)は、バスに乗って国境を越えたところのADの販売所で
←(写真左)夜中の12時半くらいに下ろされ、再購入させられました。 P1030458

直行バスといいつつ、ベリーズシティ⇒オレンジウォーク⇒コロザルでも停車し、
出国審査(パスポートだけもってスタンプをもらう)、そして
入国審査(荷物と一緒に降りて、入国審査の紙をもらい(全部スペイン語)、スタンプをもらって、歩いて国境後のバスに乗り込む、という流れです。
※ここでは、30分くらい停まるので、両替したり、ビール飲んだり、運転手も
タコスなどの夜食を取っていました 笑。

ここで間違って30US払っちゃった人がいましたが、ベリーズ出国税$18.75、
メキシコ入国税はないはずです。
このあと、ADOの販売所で全員降ろされ、再チケットを買わされます。

カンクンのホテルゾーンに行くには、バスがカンクン空港⇒ダウンタウンについて
そこから市内バスまたはタクシーになります。
朝4時半頃到着したので、私は迷わずタクシーに乗りました。

カンクン発は、夜10:30で ベリーズシティ朝6:30に着きます。bus2
ベリーズ時差は日本より‐15時間、メキシコ時差は日本より‐14時間なので、
1時間の時差があります。

さて、カンクン1泊4日の弾丸ツアー。朝4時半にカンクンに着いた私は、
チェチェンイッツァ⇒ビーチ⇒ビジネスミーティング⇒ショッピングと満喫して帰る予定。

以上、カンクン―ベリーズバス&ビザ情報でした♪


ADO車のライセンスを更新にいったら、ベリーズシティのバス停留所に
メキシコの大型バスADOが止まっているではありませんか!
もしや、と思い聞いてみると・・・・・

ADO1




そうです。直通バスはじまりました。
今年は、カンクン-ベリーズシティのマヤ航空も周航をストップしていて、
バスでは国境まで行って、チェトマルで乗換えなければなりませんでした。

それが安い、速い、便利!

カンクン夜10時半発に乗ると、ベリーズシティ朝5時とか6時に着くみたいです。

Ado2


室内は快適なので、ぐっすり寝てくればいいですね。(でもACめっちゃ寒いので注意)

ベリーズシティからは夜7:30出発なので、観光後も安全に乗られます。
今後の活躍に期待!

メリダラインもあるので、ベリージアンも都会の空気を味わいに出かけられますね!




tikal01行ってきます!

ベリーズから一番近い世界遺産ティカルは、マヤ遺跡最大級の大きさ。

ベリーズの国境から2時間だけど、今まで行ったことはなかった。

近いけど、遠くの異国グアテマラ。今年は、絶対行こうと決めて2月即実行!

JICA時代からこの国境を越えることは禁じられていたが、
1996年に12月29日に、政府とゲリラによる「最終和平協定」が締結され、
グアテマラの36年間に及ぶ内戦に終止符が打たれた。
それ以降、テロ事件等は起きていない。

最近では、日本からのお客さんがこのティカルを登って、
そのあと、ベリーズのバリアリーフや海でゆっくり過ごす、そんな
パターンがよく聞かれる。

ティカル行きのバスは、ベリーズシティから9時と1時に出ている。
ローカルのバスでは、国境は越えられない。フローレスまで約4時間だ。

1泊2日で行きはバス、帰りは、フローレスから1時間の
ベリーズトロピック航空を利用して帰り予定。

情報の集まりにくい陸路も便利な空路もしっかり勉強してこようと思う。

いざ出陣!

帰国後、ブログにレポートしますのでお楽しみに♪

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
その後、カンクンに飛んだSummergirlさんですが、
もう一つハプニングが待ち受けておりました。

預け入れの荷物が届かない!

よく聞きますが、身近に起こるとやっぱりびっくりですね。

中身は・・・
日本のベリーズ宣伝部長が入れてくれた私への応援物資と
私の音楽の生徒の100円均一のものなど。。。

ベリーズの私の住所まで転送してもらうことに
したのですが、もしこれでちゃんと届いたら、
神様がバス旅行になったSummer girlさんの手荷物を減らす
プレゼント、
これで届かなかったら、お客様に荷物頼みすぎの
私への天罰。。。と思って、受け止めたいです。

さて、Summergirlさんは夜23時発の深夜バスでカンクンを
出発して、メキシコ国境沿いのチェトマルに向かいます。

彼女、スペイン語を少し習ったことがあるということで、
メキシコまで迎えに行かなくても、ベリーズシティまで
来てくれることになりました。

が、国境越えには2つの難関があります。

1、カンクン〜チェトマル、チェトマル〜ベリーズシティ行きの
バス乗り場がちがう!

日本ではバス乗り場から色々なラインが出ていますが、
この2つのバス乗り場を乗り換えるのにタクシー等拾って
移動しなくてはなりません。メキシコ人は、スペイン語が世界の
言語だと思っているくらい、堂々とスペイン語で話し、ほとんど
英語が通じません。

cancun busbelize bus
(写真左 カンクンのバスターミナル 右 国境で待つベリーズのバス)








2、バスで国境を越える時、入国審査、税関と2回下車するが
バスが待っててくれない!!!

現地人は、パスポートだけ持って降りて、スルーしますが、
日本人は、小さな部屋に連れて行かれて、ビザ書類の作成を
します。この間、乗っていたバスは、お客が帰ってくるまで
待っているはずなのですが、あまり帰ってこないと適当に発車
してしまいます。そして、陸の税関は荷物を開けてのチェックに
厳しいです。

そんなこんなで、国境〜無事に行けばベリーズシティまで
約4時間。10時間長のバス乗車です。

ベリーズへ来る人には、ぜひ覚えていてもらいたい、
もしもの時の陸路での入国の仕方です。

ベリーズは、快晴。明日から予定通り、エメラルドグリーンの
海が待っています♪
banner
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ