中米カリブの女社長ブログThis is ベリーズ!”

ベリーズ政府観光局公認ガイド、ツアーオペレーター会社社長 、Belize Expressive Art Foundation を主宰しているソリス麻子のブログです。

タグ:観光

3月は観光シーズンまっさかり!日本から多くのツアーがいらして、
毎日、ホテル予約、ツアー、入場券やレストランのお世話やら
お客様1人1人のご対応、代理店様との連携と報告、
またブログ更新ができないほど忙しくて、お勉強の毎日でした。

国境ベリーズには行ってみたいけど、他の国にも行ってみたいし、
自分ではすべてアレンジするのは大変・・・という貴方には
こんなツアーがおすすめです。BPRPから、日本語ガイドも
国境でお出迎えいたしますので、英語ができない方でも安心です☆

←(グアテマラとベリーズの国境の建物で待機しています)


ユーラシア旅行社 (個人旅行)毎日出発
グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズ 中米3ヶ国周遊 10日間
http://www.eurasia.co.jp/well/modelplan/latin_america/0LG3/index.html

旅のデザインルーム 中米7カ国紀行 17日間
(パナマ、コスタリカ、ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラス、ベリーズ、グアテマラ)

メキシコ・グアテマラ・ベリーズ・ホンジュラス 15日間
http://www.tabideza.co.jp/South_America.html

西遊旅行の添乗員同行ツアー
中米7ヶ国 パン・アメリカン・ハイウェイ縦断の旅
(パナマ・コスタリカ・ニカラグア・ホンジュラス・エルサルバドル・グアテマラ・ベリーズ)
http://www.saiyu.co.jp/list/tbei.html#ca

クラブツーリズム
【世界の笑顔に出会う旅】マヤ文明の遺跡を巡る 中米探訪4カ国周遊 13日間
http://tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour.aspx?p_company_cd=1002000&p_course_no=87299&p_date=&p_from=800000&p_disp=&p_afset=&p_AffFrom=&p_baitai=926&p_baitai_web=A005

まだまだビジネスパートナー拡大中!


もちろん、私共ランドオペレーターですが、直接ご連絡を頂いてもご希望に合わせて
ご希望の旅をプロデュースします。個人的には、団体の旅行より、1人のお客様でも
目的に応じて、満足いただけるプランを考えたり、お客様を自分でホストする方が好きです。

でも、私がバスガイドさんだったら・・・マイク離さないガイドさんになっちゃうし、
カラオケがないので我慢しています。。。(というのは嘘ですが)

日本に着実にベリーズファンが増えていくのが楽しみです!



banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

昨年の年末には、AkiさんとMaiさんという笑顔の素敵なMayan princess

ご夫婦のツアーコーディネートをしました!

このお二人、ほんとに仲がよくてふんわかしている雰囲気が
こちらも微笑ましくしてくれる素敵なカップルだったんですよ!

取材協力にも快く応じて下さって、写真もい〜っぱい送ってくださったので
ぜ〜んぶ見せちゃいます。これぞ、ベリーズのいいとこどりスポット!!!

Day1 アメリカからベリーズへ 到着後は、国内線にて15分の     サンペドロへ お泊まりはマヤプリンセスホテルbarrier reef


Day2 リゾートコース(体験ダイビング講習)


Day3 シュノーケリングでブルーホールとハーフムーン島へ


DSC01452Day4 日帰り無人島キャンプ ゴフ島へ


Day5 ベリーズシティよりアルトルンハ遺跡へ お泊まりはベリーズビルトモアホテル


Day6 ベリーズ動物園とシュナントニッチ遺跡 DSC01415


Day7 お帰り



そんな奥様の書いて下さったブログはこちら。写真がいっぱいで、丁寧な解説、わかりやすい!!!
http://pub.ne.jp/tenteko_mai/

次のブログで、よく聞かれる体験ダイビングと無人島キャンプツアーについて詳しく
解説します。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

12月のお客様は、70歳を超えるご親戚カップル、で旅行後もスケッチを完成させたり、個展を開いたり、
人生を謳歌されている素敵なご夫婦でした。

予想以上のバリアリーフや海の色、自然の豊かさに感動して頂き、
私も住んでいると気付かない普段目にしている鳥やイグアナや蝶々など
勉強する機会にもなりました。

お客様のとったコースはこちらです。Goff caye

1日目  ウォータータクシーにてキーカーカーへ
 キーカーカ国立公園・シュノーケル

2日目 キーカーカーからアイランドホッピング(写真右:ゴフ島)→ベリーズシティへ

3日目 ベリーズシティ観光・アルトゥンハ遺跡観光

モルフォ蝶帰りに寄ったレストランで、アマゾンなどでしか見れない青いモルホ蝶や
ハチドリを見たそうです。

4日目 フリー

5日目 シュナントニッチ遺跡観光 ベリーズ動物園 

楽しみにしていた国鳥トウカンが動物園にいませんでした。しかしながら、
ホテルのそばで民家で飼われているトウカンを発見されました。(許可をとってるそうです)

Toucan6日目 ブルーホール上空ツアー 専用機の翼に足をかけて乗ります。運がよくブルーホールがぽっかり見えたそうです。
charter

7日目 ラマナイ遺跡観光

8日目 サンペドロへ ホルチャン国立公園・シャークアレイシュノーケリング

9日目 ブルーホール・ハーフムーン島 シュノーケリングツアー

Red footed Booby
この地球上に3か所しかいない足の赤いブービーがハーフムーン島に生息します。
(マダガスカルとクリスマス島とベリーズのココだけ!!)
鳥がお好きだということで、到着されてから、国内最大の鳥の観測場になっている
ハーフムーン島を提案させて頂きました。日本ではどのくらい動けるかわからなく、
現地で予定変更できて、喜んで頂けました。

10日目 お帰り

お客様からのアンケートは、毎回楽しみになっています。

本来、悪かったところを直せるようにお願いしているのですが、お客様の悦びの声や
温かい励ましや感謝を頂けると、やっててよかったと思います。

今回はお見送りの時に、アンケートよりもっと嬉しい、いいお話を聞けました。
ベリーズに住んでいると気付かないのですが、世界中を旅されている方には、何が
珍しいのか、ベリーズ観光局もプロモーションしていない自然の豊かさです。

日々、勉強です。それが好きな分野で、未来に生かせると思うと幸せですね。

banner
人気ブログランキングへ
皆様の応援クリックお願いいたします!

先週の水曜日からツアーコンダクターとして、お客様の添乗員兼ドライバーしていました。

小さい会社ですので、一応、社長ですが、運転もガイドもします。今回、陸のツアーでは初めてのところも廻るので、偵察も含めてパートナー会社のガイドさんについてもらいました。

sharkharf moon caye










harf moon 2coral










まずお客様は、国際空港からサンペドロへ。シュノーケリングでサメと戯れたり、
ブルーホールとハーフムーンキーで世界遺産のバリアリーフを訪れます。

xunantonich40m











yama bule holebule hole














そして、凸凹道で何度も車が止まりそうになりながら(汗)、西のグアテマラ国境近くまでドライブし、山のブルーホールと洞窟探検、チューブケービング、マヤ遺跡などを訪れました。

お客様とガイドさんと一緒にハイチーズ!

best shot





特に今回、クリスタルの秘境の洞窟探検ATMツアーは、
超衝撃的でしたので、また次のブログ記事にて詳しく紹介いたします。お楽しみに!!!

banner
人気ブログランキングへ 皆様の応援クリックお願いいたします!

年末に向けて、BPRPのツアーの問合せも増し、
ベリーズのホテルもバンバン埋まっていっています。

雨の多かったこの頃ですが、11月1日から乾季になり、
絶好の観光シーズン!!!

今年は、NHKのサンゴ礁スペシャル、TBSの世界遺産、
テレビ朝日のロンドンハーツなど、ベリーズが日本のTVで
紹介されたこともあって、だんだん知名度もあがってきました。

そして、私たちがコーディネートを努めた○○○○○も
公開されます〜。来年は絶対、ベリーズブームが巻き起こる!
そんな予感がしてます。

ベリーズのツアー会社は休みですが、BPRPは年末年始も
営業します!よろしくお願いします!!!


皆様の応援クリックおねがいします♪
banner
人気ブログランキングへ

ブログネタ
海外生活 に参加中!

tateついに完成。BPRPのパンフレットです。

今更ながら、友達にもBPRPって何?展開が早くてわかんない、
何やってるの?と聞かれますが、

BPRPはBelize Public Relation Productionの略称で
ベリーズのPRプロダクションです。

観光を第一産業とするべリーズを少しでも多くの人に知ってもらいたい、とベリーズ初
日本人エージェントのマーケティングカンパニーとして起業したわけですが、実際ここに来てもらわなければ意味がないと、最近ではトラベルエージェンシーとして、ホテル、ツアーの予約、現地ガイドも始めたわけです。来年には、もっとメディアに進出して、ベリーズってこんな国なんだ、と
知ってもらえるようベリーズのパンフレットを作りました。

実際、ほとんどの人にベリーズって何?国?と聞かれるわけですが、調べようとしても日本には、地球の歩き方の中米編にちょこっと載っているだけで、
ベリーズに関するガイドブックや書物はほとんどありません。

そこで海外協力隊経験のある私と現地人の夫と私の日本の友人のネットワークを借りて、自社でパンフレットを作りました。世界遺産のブルーホールを表紙に、海好きのあなたに、山派のあなたに、とベリーズで楽しめるアクティビティの紹介、ベリーズ基本データ、日本からのアクセス、BPRPスタッフ紹介などの内容になっています。

naka

デザインにあたっては、HPページでもお世話になっているジムコックデザインの
岸野英子氏に多大なる協力を得て作らせて頂きました。いつも彼女が生み出すブルーのアレンジセンスは、脱帽でとても気に入っています。
お仕事の依頼はこちらへ→
jimJIMCOK DESIGN Co.,Ltd. (ジムコックデザイン)

★ADDRESS:東京都豊島区  TEL:03-3469-6737
[東京] [石垣島] を拠点とし、デジタルメディア制作他、石垣島への移住のご相談、業務受託等を行っています。

より多くの人の心に届きますように。本日もクリックお願いします!
banner
人気ブログランキングへ

ブログネタ
アメリカ中南部生活 に参加中!
BPRPの新日本人ガイドとしてデビューするチャコさんの
ために、本日は日帰りツアーを決行。

altunha旧高速道路へ





ベリーズシティから北へ40分。ここから旧高速道路といわれる
1車線しかない、でこぼこ道へ入ります。
(旧高速道路なのに反対車線から車がきたらよけなくてはならない!?)

entrancerudy





日曜は、ベリーズ人は遺跡の入場料が無料です。私は、ベリーズの運転免許証を
見せたら、ベリーズ人扱いになりました。(一緒にいたチャコちゃんもとられませんでした)

アルトゥンハ遺跡の入り口。普通に土が盛られているだけに見えますが、これも
立派な遺跡のあとなのです。右はプロのガイドのRUDIさん。ガイドさんが
追っているものは・・・・・!?!?!

JABIRUP1050111
Photo【Rudibird & Associates】




鳥、です。左は、JABIRUといる国内最大の大きさの鳥で、図鑑で見せてもらったら
フラミンゴのようでした。空とコントラストが綺麗です。

右は、ORIOという鳥で緑と黄色がとっても美しく見えました。

Altunhaaltunha yoko














そしてこれがアルトゥンハ遺跡です。ベリキンビールのラベルにもなっている建築物です。

アルトゥンハ遺跡は、紀元後200〜900年の間に栄えました。
ベリーズには火山がないのにもかかわらず黒曜石が発見されたり、JEDE(ヒスイ)の
彫刻(約50センチほどの大きなもの)が発見されたことから、その頃すでに
グアテマラと国交があったことや、メキシコのティオティワカン遺跡から
建築様式を学んでいることがわかりました。

dkiall sprice







1950年頃、発見されて、1962〜1971年の間に発掘が進み、ベリーズでは
整備されている方の遺跡ですが、ふと歩いてるところに土器を発見することが
できます。ベリーズの法律で持って帰っていけないことになっているので
置いていきますが、こんな足元に転がっている天然文化財はベリーズならではです。

ガイドのRudiさんには、マヤの遺跡のことだけでなく、自然、鳥、動物など
多くのことを教えてもらいました。ちょっと「この葉をかじってごらん」と
言われ、かじるとそれは、「オールスパイス」の木でした。オールスパイスって
それまで色んなスパイスが交じってると思ってたんですが、一つの木から
なっているんですね(笑)

日光も強く、妊婦にはこれ以上の散策が不可能。車に戻って次の場所へ
移動しますー。次回へ続く。

いつも応援ありがとうございます!クリックにご協力お願いします。banner
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ